見上げる空は

夏の終わり
そんなここち
7月→8月と、ワークショップにも懸けていたので
お芝居のことを「考える」だけでなく
試行錯誤しながら何度も動いて学んだ日々。
しかし晴れ晴れしい心地というより、悔しい想いがのこってるかんじ。
立ち止まらずまた挑むためにも、これからはひとりの時間のなかでも
的確に学んでいかなければ、と思う。どんどん自分の表現の底上げを。
ワークショップでいろんな方々の表現を目の当たりにする事も、
ともにワンシーンをつくりあげることも、そこにドラマがうまれて
とても面白い。自分のみたくない姿も浮き彫りになって。
ぴりり&びんびんと刺激的な居心地。
あいかわらず、暑い熱いんですけれど
見上げる空は高い、
秋の気配。
走り回ってるあいだに、いつのまにか髪ものびっぱなしでロン毛め。
秋がくる身支度をととのえようと、
毛先だけ揃えて、またさらにぐぐっと色をダークめに落ち着かせました。

$岡明子オフィシャルブログ「岡明子☆okage★ブログ」Powered by Ameba
個人的に、友人とLIVEをしようと計画もしているし、
このことも具体的に動き出さないとだし
仕事と向き合い続けるため、高めるための愉しみもどっぷりひたりたい。
でも欲張ってるとは、きっとほど遠い。
ひとつ、ひとつ、ではある。
いつかは欲張ってみたい、けど。ふふふ


2010年08月31日