むねをはる

年末年始の直島での機会が非常に良くって、

トーキョーの街で、目がいく場所が今までよりも範囲が広くなった気がする。

夜空も今まで以上に上を向いて眺めては、星を探してみたり。

しあわせだな。

 

 

ハッピー!ルンルン!、みたいな時よりも

エーン!だったり、ちょっとくらい欠けたり尖ったり、

にがい、時の方が

言葉も文章も浮かんでくるもので。それが不思議。

詰まって吐き出せなくなる時もあるけれど、自分でちゃんと整える処理をする。

旅、にでてみるのもひとつ。自分の手で流れを変えてゆこう。

胸をはってゆくために。

 

 


2020年01月19日