向春

ギャラリーページ* に寫眞が追加されました。

 

ここから続々と。

ご覧くださいませ。

 

Photographer: Yuba HAYASHI

Hair&Make: Risa ITO

 

2018年02月18日

出演情報

岡明子 出演情報です。

TV-CM  山田養蜂場 プロポリス300「還暦」篇

娘役で出演いたしております。

どうぞご覧くださいませ。

 

 

 

2018年02月17日

こえてゆく

年末に、富山のお方より、蟹を頂戴いたしました。

誠にありがとうございます。

グリルで軽く炙って、焼きガニにして、いただきました。

真っ赤な甲羅に焼き色がこんがりと芳ばしく、香りも馨しく部屋中に広がりました。

もはやもうこの香りだけでも、ちょいと一杯いけるわっ♪

というような有り難い2017年の締めくくりでした。

味噌まで全て、爪の先まで全て、感謝していただいたらさらに、殻で、ブイヤベースを。

コトコト、もはや出る味がなくなるまでに出汁を抽出、

最後の一滴まで

丸ごと!御馳走様でした。

 

そう、先日の富山ではこの、いただいた蟹の競りも見学することができました。

新湊漁港に、揚がったばかりの裏返しに並んだベニズワイ蟹がずらり!

勢いよく競られた蟹たちが、それぞれのお店に運ばれてゆきます。

そして、私が年末に頂戴した「安吉水産」さんへ、追いかけるように伺いました。

お願いを申し出て、私も見学していた競ったばかりの蟹を、お店で茹でているところを見せていただき、その場で食べさせていただきました。

発泡スチロールのケースの上で、食べ方を教わりながらホフホフ湯気をたてながら立ち食いを敢行。

かぶりつきながら外を向けば、この蟹が居たであろう海と雪景色。

ありがたきしあわせ、命をいただくということを、またもや深く実感したのでした。

 

翌日は富美菊酒造様に伺い、蔵の見学をさせていただきました。

おいそがしい中、快くご案内してくださった女将さま、感謝を申し上げます。

 

私ごときで数日パタパタっといそがしくなると、

顕微鏡で見ているように目の前の一つのことしか考えられなくなってしまうけれど

望遠鏡で見る心もなくしてはいけないとつくづく思う。

食べることから学ぶこと

私がいただくまでに、

たくさんの命が関わっているということ、

では私はその命の恩恵を受けて、何ができているのだろう、

この命の在り方を、使い方を、もっと考えて行かなければと

肥えながらも、ひゅっと身が引き締まる思いなのです。

 

2018年02月17日

かがやき

一月の終わりころ、東京駅から

かがやきに飛び乗って富山へ行っておりました。

 

はじめていただいたブラックラーメン。

お店のテーブルに「煮干し酢」というものが置いてあって、

煮干しがプカプカ浸っているお酢に、ついつい目が行きました。

汁なしラーメンなどに、後半「煮干し酢」を入れて

味の変化を楽しむそうです。

 

スタンダードなラーメンを注文したので「煮干し酢」は入れませんでしたが、

帰宅しても気になって、自分で作ってみることにしました。

 

お酢と煮干し、こんな感じになりました。

もうすでに煮干しから、出汁がシューっと湧き出ている雰囲気…!

というわけで、この「自家製 煮干し酢」で

大好物の餃子をいただきます。今回は珍しく羽根つきに焼いてみました。

 

largo_20180211095808

あ、なんだか…お酢が、まろやかです!

とんがった酸味が、丸みが帯びたような風情に変化しています。

作り方があっているのかわかりませんが、

お酢に煮干しを漬けるだけ。これは良いかもしれません!

おすすめです。お酢、だけに。

 

2018年02月10日

さんぽ

昨年は、

「とどまって」いたような気がします。

踏ん張った。

だから、一歩も前には進めていなくって。

だから、後退もしていなくって。

 

だから

さんぽ。

 

今年の日々は、三歩、前進できるように、ときっぱり決めています。

 

さんぽ。やくそく。

 

 

 

 

2018年01月28日

明 子

名前の由来は「明ける」だそうです。(父 しげぽん談)

私がうまれたウン十年前の一月三日の伊勢は、めずらしく雪が舞い、

とても寒かったそうです。

誕生日というものが、元旦でもなく、一月三日であることが気に入っています。

数字でも1と3は大好きで、

「13の金曜日」も不吉?、とも思いません。

ラッキーな金曜日、と思っています。

今年の一月三日はぴかぴかのお日様がお目見え、

今在れることの全てをかみしめました。

ホカホカのメッセージもお気持ちも、ありがとうございます いつも。

これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

 

祖母 おゆきさんから譲り受けた着物です。

 

2018年01月17日

初明り

 

Galleryページに寫眞が追加されました。

 

 

 

Photograper: Yuba HAYASHI

 

2018年01月03日

Galleryページに寫眞が追加されました。

 

 

Photographer: Shunpei MINODA

 

2017年12月31日

プカプカ

今月は、体調を崩したこともあって

思うようにいかないこともたくさんありました。

とはいえ、健康な日々に毎度毎度思うように行っているかといえばやはり

全くそんなことはないので

健康が一番、さらには物事を一つ一つ大切に受け止めたり放ったり、

それを日々粛々と繋いでゆくしかないのだと

透明な頭の中にプカプカとそんな思いが浮かぶのです。

あなた様はどうかお元気で、いらっしゃいますように。

 

ジョインフォ(12/10号)にも綴りましたが、

今月は「とあること」も重なって。

それも急に決まったことなので、あわただしい要因でした。

時の流れに、そして自分が道筋を描いたことに身を委ね

巡ってきたことなので、

これも有り難いことだと受け止めて

感謝いたしております。こころから。

 

明日は2018年1月1日、平成30年か。

かわらずに、これからもどうぞ宜しくお願い致します。

 

お知らせです、

フリーマガジン 三重県南勢版 ジョインフォが、

日本橋の三重テラスでもお手にとっていただけることになりました。

岡明子は「日々の ヒ ビ」を連載いたしております。

最新号は12/10号です。

三重テラスに是非、足を御運び下さいませ。

2017年12月31日

師走の松本

松本CINEMAセレクトへ行ってまいりました。

「うつろいの標本箱」のざまざまな素材で、パネルを作って展示をしていただきました。

隅々まで愛情を感じました。松本にも伺えたこと、お客様にご挨拶できたこと、

直接ご感想をお聞きできることは、今後、他の作品ではありえないかもしれない

かけがえのない機会をいただいているなと思います。

本年は松本での上映で、しめくくりでした。

また来年、どこかで「うつろいの標本箱」とも出会っていただけますように。

 

 

皆様に支えられております。私もいただくばかりではなく、

作品に込めた思いが、あなた様に届きますように。

感謝を込めて

 

 

2017年12月29日

松本CINEMAセレクト

明日12/8(金)19時〜

「うつろいの標本箱」

松本CINEMAセレクト*へ参ります!

「忘年会上映」と題していただき

松本CINEMAセレクトさんの今年のしめくくりの作品にお選びいただきました。

支配人の宮嵜さん、お世話になります!

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

松本市中央公民館 Mウイング6階ホールにて

心よりお待ち申し上げます。

 

2017年12月07日

第一回 三鷹連雀映画祭

三鷹連雀映画祭* 記念すべき第一回目の開催

誠におめでとうございます!

映画祭の初日に鶴岡慧子監督作品「うつろいの標本箱」を上映していただきました。

製作から3年、劇場公開から1年、いまでも上映が続いていること、

まわりの皆様からも正直、驚かれます。

DVD化の予定はございませんので、ぜひこれからもどこかの劇場で、出会っていただけますように。

こうして作品のこと、私たちのことを愛していただけていること、心から御礼を申し上げます。

いつもありがとうございます。

 

三鷹連雀映画祭は26日まで続きます!

2017年11月24日

第一回 三鷹連雀映画祭

11/23(木・祝)から四日間、

第一回 三鷹連雀映画祭 *がはじまります。

「うつろいの標本箱」も上映が決定しております。

都内での上映は1年ぶりです。ぜひお越しくださいませ。

前売券予約はこちら(前売1.000円/当日1.200円)

11/23(木・祝)三鷹シティホテルにて
14:00上映開始(13:30開場)

プログラム②

『うつろいの標本箱』

上映後 アフタートーク 登壇者(予定)

鶴岡慧子監督
小川ゲンさん
赤染萌さん
橋本致里さん
illyさん
佐藤開さん
伊藤公一さん
大森勇一さん
今村雪乃さん
渡辺拓真さん

岡明子

 

 

 

2017年11月22日

チャリティ上映会 二日目。

今村雪乃さん主催『届けるけん〜友達の和プロジェクト〜』による

片岡翔 監督 作品上映会、二日間ありがとうございました。

私は「ふうせん ふふふ、そら ららら」に出演しているご縁で

二日間ともに参加をさせていただきました。

 

二日目は、片岡監督の映画音楽をたくさん手がけていらっしゃる

アーティスト 中田真由美さんもアフタートークにご登壇されました。

 

時間は日々、重なっていっても、命はひとつ。

災害も事故も戦争も、語り継ぎ、伝えていゆくこと

気付くこと、学ぶこと、防ぐこと、助けあうこと

今いかされている一人一人があいしあう気持ちをわすれないこと

追悼の意を込めて、

どんな瞬間も真摯に己と、先人、先祖、

たくさんの学びを下さる人様と向き合っていたいと思う次第です。

 

ありがとうございます。

2017年11月18日

チャリティ上映会へ。

昨晩、今村雪乃さん主催『届けるけん〜友達の和プロジェクト〜』による

チャリティ上映会にお越しくださった皆さま、ありがとうございました。

今宵も19時から、お待ち申し上げます。

本日は片岡翔監督のこちらの作品を上映致します。

ふうせん ふふふ、そら ららら(2016年/15分)
ゆきだるまとチョコレート(2011年/12分)
ゲルニカ(2010年/20分)
ヒゲとりぼん(2012年/28分)
ぬくぬくの木(2011年/15分)
流星と少女(2016年/17分)

私は「ふうせん ふふふ、そら ららら」に出演しているご縁で、

アフタートークにも参加させていただきます。

どうぞよろしくお願い致します。

昨晩の模様。

【開催日時】
11月9日(木)・11月10日(金)
18:30open/19:00start

【会場】
エムズカンティーナ(東急田園都市線・駒沢大学駅から徒歩1分)
世田谷区上馬4-4-8 新町駒沢ビル2階

【入場料】
1500円(チケット1000円+ドリンク500円)
※ドリンク代を除く入場料1000円は熊本復興支援のために寄付させて頂きます。

【予約&お問合せ】
エムズ・カンティーナ tel&fax:03-6805-5077

【主催】届けるけん~友達の和プロジェクト〜

2017年11月10日

錦秋

Gallery* ページに寫眞を追加いたしました。

 

Photographer: WATANABE TAKUMA

2017年10月25日

鶴岡慧子 監督作品「うつろいの標本箱」

昨年からずーっと公開のことをお伝え続けて、

なんと一年間、全国で上映が続いております。

映画館や映画祭、上映のバトンを繋げていること、

ここには作り手の私たちだけではなく、たくさんの方々とともに、

歩んでいるのだと、心から思います。感謝を、いたしております。

そして初公開の東京 渋谷から、一年を越えて、

来月は第一回 三鷹連雀映画祭にて、初日上映が決定しております。

そして師走には、「忘年会上映会」と題していただき、

長野県 松本 CINEMAセレクトにて上映いたします。

スケジュールを改めて、記します。

DVD化の予定はございません。

是非、この機会に、お観逃しなく。

 

「うつろいの標本箱」2017年中の上映予定

11/23(木・祝)第一回 三鷹連雀映画祭

 会場:三鷹シティホテル  *上映時刻は追ってお知らせいたします

12/8(金)19時〜  松本 CINEMAセレクト

 会場:松本市中央公民館 Mウイング6Fホール

2017年10月16日

片岡翔 監督作品「ふうせん ふふふ、そら ららら」

片岡 翔 監督「ふうせん ふふふ、そら ららら」*(短編映画 15分)

都内での上映が来月にございます。

 

2017年11月9日(木)・11月10日(金)いずれも19時〜

東急田園都市線 駒沢大学駅よりすぐ エムズカンティーナ にて。

熊本出身の今村雪乃さんが地元・熊本のご友人と立ち上げた、

『届けるけん〜友達の和プロジェクト〜』によるチャリティ上映会となります。

今回は片岡翔監督の短編作品特集の上映会です。

私が出演いたしております「ふうせん ふふふ、そら ららら」は、

二日間ともに上映がございます。

短編作品は、上映の機会がとても少ないので、この機会に是非とも、

足を御運びいただけましたら幸いです。

今回は、片岡翔監督の珠玉の短編作品が、11作品!ご覧いただけます。

以下、チラシをご覧くださいませ。

2017年10月16日

Joinfo mag 最新号

三重県南勢版 フリーマガジン「joinfo mag」9/10号 *

配布がはじまっております。

私は、前号の6/10号より、担当ページを頂き寄稿しております。

 

 

こちらは前号(6/10号)鳥がとまっていて可愛いのです。

担当者様が、私の書くものをみて、ページのデザインを作ってくださいます。

最新号(9/10号)は、てがみ仕様。ステキに仕立てていただきました!

是非お手にとって、出逢ってみてください。

明日から神無月ですね、

肌にひんやり当たる風が、秋なのよ、と伝えてくれているように感じます。

どうかお健やかにお過ごしくださいませ。

 

 

2017年09月30日

熊本 こぼれ話。

映画「うつろいの標本箱」とともに旅をする、ことを

「うつろいの旅」と名付けてみたりして。

今回ははじめての、空の「うつろいの旅」でした。

舞台挨拶登壇者が各々、熊本入り。

私はたまたま監督とご一緒の便で、熊本へと降り立ちました。

空港では一足お先に、宣伝活動でご実家に帰られていた

今村雪乃さんが出迎えてくださいました。

続々と俳優陣も無事に到着。

あれっ こんな方、出演されてましたか?なんてお声が聞こえますが、

先日の舞台で役作りで頭をモヒカンスタイルにされた森田祐吏さんですよ!

 

後ろには熊本城が見えます。

今村雪乃さんが今年の春、帰郷の際に加藤神社にて

「うつろいの標本箱」熊本上映祈願をしてくださっていて、

この度、御礼の御参りもできました。

Denkikanのあるアーケード。なんども歩きました。

広いなあと思ったら、幅18メートルもあるのだとか。

「うつろいの旅」熊本も、たくさんの皆様にお目にかかることができました。

また各々が、それぞれの作品を持って、またこの地にも旅ができたら。

その日も心待ちに、歩を進めてまいります。

感謝を込めて

2017年09月22日