2007年06月のブログ

今日も、洗濯物を干しました。

ん~ これも、 これも。
あ~ これも  これも、  あらっちゃおう
洗濯して、ずらりと干し終えたときのオモイって 
なんともいえない¨気持ちいい感じ¨ 
自分にとって、こころにも、からだにも、良いきがしている。
衣類やタオルがきれいになる、洗う・・基本的な醍醐味を超えているような。
日常のよごれ、きもちのもつれ、ひとにやさしくできない自分、 ・・
洗う→→干す ・・・  さりげなく、 効きます。
 
あたりまえ・必然的、な、生活のなかにも、
実はひょっこりと自分で自分を救っていたりする。 
気付かないくらい、 さりげなく。
  
洗濯機のなかに、洗いたいタオルやらを勢いよくいれているときに、
何かの拍子で連れられていったんだとおもう。
いつも冷蔵庫にくっついている、ダルメシアンのダーちゃん。
洗い終わって、洗濯槽に手を入れようとしたら、目が合ったのでびっくりした。
え?え?
なんでダーちゃんが、いるの?  
あ~~!いっしょに入っちゃったんだ!ごめん!!!・・・とおもいつつ、
白くきれいになったダーちゃんの姿に、あら☆いいな! とおもった。
洗濯機の中は激しくて、たくさん目が回っただろうけど、
それをのりこえて、一段とたくましく、ダーちゃん本人も、満足そうである。 
   

手と足に磁石が入っているダーちゃん。 居場所は冷蔵庫のトビラ。
横には、ミキミキからいただいたドーナッツ磁石がいつもダーちゃんを誘惑 [:猫2:]

2007年06月28日

明日は、洗濯物を干します。


2007年06月26日

うっとり

  予定よりも、すこしはやく家を出れたので、余裕をもって電車に乗り込む。
  駅までダッシュしなかったので、汗もかかずに落ち着いて目的地へ向かう。
  ランダムにながれてくる音楽も、いい歌ばかりで気分もあがる。 [:富士山:]
  わたしが座った目の前には、とてもすてきな奥様ふたり組みが。
  おもわず じ~っとみとれてしまうくらい。
  ママコとおなじ、50代なか・・いやいや、後半・・くらい・・かな
  髪型も、洋服も、さりげないアクセサリーも、笑いあう姿も、人相も・・[:ぴかぴか:]
  なんてかわいくて、おしゃれで、たのしそうなんだろう。
  今度、お茶でもするときは、わたしもいれてください [:ホットコーヒー:]
  そんなことを言いたくなるくらい、うっとり[:ぴかぴか:]
  その際は、ママコもよんであげよう ♪    ふひひ [:ニコニコ:]
  

     [:カメラ:] これは静まり返った、ある地下鉄にて。
       線路はどこまでもつづく・・とおもいながら、激写 ☆

2007年06月25日

甘党な日は

    
きょうも、ショートブーツだな~
足元は、ピリリと小粒な山椒のように、気分もひきしめて
つるんと滑んないように、いこう
お世話になります。

玄関でまってる。
    

2007年06月25日

ときに、甘党 。


 
    クリーム? 砂糖? 多め の、本日のソラ [:濃霧:]
    スチームで牛乳を温めたから、繊細な あわあわ も、のせてみた? ソラ [:濃霧:]
    

2007年06月25日

ある日曜日 その2

  ママコに電話したら、
  
 あっコがブログをやりはじめたことが、いまでも不思議におもうわぁ~
 でもこういうのも、いいね 。
 たまに、回りくどく書きすぎてるときもあって、
 だから何が言いたいの?って、おもうときがあるわぁ~~
 そのときの、あっコの状態なんだろうね 。
 ひしひしと伝わってくるわぁ~~~
  ・・・そんな発言をもらいました。
  
  きもちの波が激しすぎるでしょうか・・・
  ヘンに心配をかけてしまっている時もあるのでしょうか・・・
  
  わたし自身でも、ブログをやっている・・って不思議な心地にもなりますが、
  でも、やりはじめてから、たのしんでいるし、
  言葉がぽわぽわと、今まで以上に全身を巡っています。 血行も良いです。
  
  たまに、ダルダル~っとした自分が、ここに現れてしまっても、
  そんなに心配しないでください。  (ん? しないか!☆)
  わたしは 一年中、ほぼ風邪もひきませんし、
  よく、汗をだらだらかいて、にやにや笑っています。
  げんきだからこそ、ここに綴りたい[:鉛筆2:]とおもいます。
  まだまだ、良いニュースを沢山お届けするには、経験も技術も足りませんが、
  いまは、今なりの自分で、綴ります。
  
  わたしは、なにがあっても、だいじょうぶ  です。
  何にかんしても、うたれ強いわけではありませんが、 なんとか なります。
  
  みなさんが、げんきであれば、 それがいちばん さいこ~ です。
  
  わたしは、だいじょうぶ 。
  
  
  
070624-214727.jpg
   このひと↑いつでもドーナッツだな・・・ ふふふ
       (6月17日¨Hey☆輪¨参照)

2007年06月24日

ある日曜日

  意外とひとりでいるときよりも、だれかといるときのほうが、
  はっきり、さびしい と、おもうかも・・しれない。
  そういうときがあるかもしれない。
  なんでか?なんでなのか?
  
はじめて さびしい感情を知ったのも、ひとりじゃなかったときかもしれない。
  
  きのう、今日 と、二日連続でお芝居をみることができた。
  さみしく ナイ。 ウレシイヨ
  あしたから、また新たな一週間のハジマリハジマリ  たのしみヨ 。
  
  
  
 

2007年06月24日

ARIGATOU

  
 会ってお話するのも、メールで交わすのも、電話で声をきくのも、
  
 日々、わたしがお世話になっている行動たち。 
 そこに加わるヨロコビが、これもひとつ・・・ 
 
 いつも通りポストを開けて、手を伸ばす。
 光熱費などの通知にまじって、唯一煌々とひかりかがやくモノが・・
 それは、親しいひとから届いた、てがみ 。 [:ぴかぴか:]
 
 たまに会い、メール、電話・・もする。  それと、 てがみ 。
 てがみ
 気の向くまま、そのときの気分の文字の雰囲気で、綴られた言葉たちには、
 一瞬・一瞬を切り取る写真のような、魅力がある。
 
 
 たぶん、自分が綴って送った手紙を、数年後に読み返したりなんかしたら、
 はずかしくて、ちょっと涙目になりそうな気がするけど。
 
 そういえば、
 
 中学のときに未来の自分(20年後?の自分?)に宛てた、
 タイムカプセルみたいな手紙を、何かの授業で書いたきがするけど、
 内容を微妙におぼえていて、 うわぁぁ おそろしいな・・・
 未来の自分に届かなくていいよ・・・・と思ってしまった。 ぺろっ[:あっかんべー:]
 
 たとえば さまざまな著名な人物が、幼い頃から、将来まさかスゴイ人物になるなんて
 周囲も予想さえしていないけれど、手紙や日記がひょっこりどこかにのこっていて、
 後々、超貴重なものとして展示されたり、歴史の証明になったりする。
 へぇ~こんな字をかいていたんだ・・とか、
 こんなに熱心に恋文を送りつづけたんだ・・・とか、
 著名人のプライベートの¨素¨の部分が垣間見えたようで、それもひとつ、
 学んだ気にもなるけれど、このひとは、こんな文学を書いた、発明した・・とか
 いくら、¨すばらしい人物¨であっても、実際は、結構はずかしいもんだとおもう。
 
 ・・↑これはあくまでもわたしの勝手すぎる想像にすぎないので、
    そういう細かいことはとりあえず置いておくとして・・・・
 
 てがみは、もらったひとが捨てないかぎり、のこるものなのだけれど、
 わたしは、届いてすぐに封をあけて、読んだときの想いには、
 何物にも変えがたいヨロコビがある とおもっている。
 内容がスバラシイ!とか、そんなのは抜きで、
 紙に向かい、ペンを走らせ、封をとじ、切手をはり、ポストにだす。
 そのひとつひとつが、ありがたい。
 
 幼い頃「不幸の手紙」とか、出回っていたりもしたけど、冗談とはいえ、
 よくそんなワルイことが、なんの悪気の感覚もなく溢れていたとおもうと、
 それもおそろしいな・・・と、幼さゆえの恐怖をかんじる。
 ヨロコビのひとつなんだ って、いきてゆくなかで知ることができた自分は
 ひとつひとつの、てがみに込められた沢山の想いたちに救われ、笑い、涙し、
 それが勇気になったからだとおもう。
 てがみ という、ささいなことと思いがちの日常の行動も、
 十分おおきな影響をわたしたちに与える。
 
 いい出会いをして、いいてがみを綴りたいとおもう。
 のこってはずかしいのも、ご愛嬌・・☆
 二度とは戻らない一瞬一瞬をいきる自分が書いた、思い出となる。
 
 そして、てがみをいただくことは、さいこうのヨロコビ。

   きらきらのてがみたち

2007年06月24日

Hello 

   朝から 傘をさして、近所へ外出。
   雨の日は、靴に悩んでしまう。
   これは雨が滲みてくる靴だ・・ あ~これは汚したくないな・・・
   うむむ・・これは暑苦しいかな・・・ そんなことを想いつつ、
 
   最近の雨の日には、ショートブーツによくお世話になる。
   水たまりも、カモーン ☆ です。
   
   ほんとうは、おしゃれな長靴をはきたいくらいだけれど、
   なかなかすてきな長靴と出逢えない。 
   出かけるときは土砂降りで、夕方にはぴたりと止んでしまっても
  
   履いていておかしくないような、とびきりスマートな¨雨靴¨を、考案して、
   いつか誕生させてみたい。
   

雨空をみあげて¨スズカケノキ¨を激写 。
街中で、立ち止まってパシャパシャ撮っているくらいなので、
きょうのワタシは、きっとささくれてなんかいない・・はず。 
ひと皮むけて、つるんと復活 ☆

2007年06月22日

つゆぞら 健在。


    都内で ¨スズカケノキ¨ をよく見かける。
    大きな葉っぱを、ゆらりたなびかせ、街をみまもってたたずんでいる。
    いまは鮮やかなグリーンが、さわやかで優しい。
    
    秋になると、だんだん黄金色っぽく染まり、がらりと街の雰囲気をかえる。
    風にふかれて、道に散らばった葉っぱさえも、かわいい・かわいい。
    
    
    雨空の下とは思えない、本日の¨スズカケノキ¨さん。 [:カメラ:]
        

2007年06月22日

ワタシ その2

   眩しすぎます。
   まばゆいかがやき、空のアオ色、ちょっと 罪。
   
   自分は、照らされて、かなり 照れくさい。  ちょっと ささくれてる ワタシ

2007年06月21日

ワタシ その1


     
     空
    やさしいなぁ 。 
     
    自分が、やさしくない !  あぁぁ[:眼鏡:]

    

2007年06月21日

AKKO

   
      昨夜とは、ガラリとちがう今夜の、ワタシ。
      今夜は、ポンポン!と綴れないワタシ、です。
      そんな、夜も たまには ある。
      
      でも、おかげさまで、よくたべるし、健康体。
      
      また明日の、ワタシをオタノシミニ ☆
      
070621-002251.jpg
      [:カメラ:] 南里侑香さんと。
            
             ¨新髪¨になっていて、さらにかわいかった[:ぴかぴか:][:ぴかぴか:]
              いつもどうもありがとう[:ぴかぴか:]
            

2007年06月21日

冷静

  きょうを、振り返ってみると
  あわただしい一日だった気がするけれど、
  ひとつひとつの行動に、落ち着いて挑めた気がするから、よかった。
  きょうも、いろんなひとと すれ違い、出会い、学んだ。
  
 
     今日は朝しか、料理できなかった。 
     朝ごはんに トマトとナスのパスタ 
    おばあちゃんにいただいた純白のお皿が、さらにパスタを美味しくさせた。
       

2007年06月21日

 眠るまえの、夢。

   
  いつも、なんの前ぶれもなく、突拍子もない話題を、書いているなぁとおもう。
  ・・・いつも、そしてこれからも、こんなかんじですが、よいですか? [:鉛筆2:]
  
  そこで さっそく、いきなりの話題・・・。
  
 [:温泉:] 今年の夏は、浴衣を着たいなぁ・・とおもう。
  
  旅先の旅館などで、お風呂あがりに着るシンプルな浴衣もいいけれど、
  普段から、ちょっと夕涼みに・・・とか、
  身近な場所に、自分の浴衣を着て、出かけてみたい。
  
  そうそう、 そんな話を先日、
 
  深谷 愛ちゃんに言ってみたら、いいねぇ☆ と、のってくれてうれしかった。
  浅草とか、行っちゃう?とか、言ってくれた。 粋だなぁ [:ぴかぴか:]
  
  今年の夏は、季節の着物・浴衣をさらりと着こなして、夕涼みをしよう。
  
  ・・・おっと、その前に、
   ちゃんと自分でできるように、着付けを習得しなくては・・☆
   実家にいたときは、すべてママコにゆだねていたからなぁ。
   
   浴衣を着せてもらい、おかげ横丁に行ったときの写真がでてきた。
   たぶん高校3年生の夏休みかなぁ
   ゆかたを着ると、ほんのり色っぽい? きっと気分もスッ[:ぴかぴか:]としてたと思う。
  
  
      [:カメラ:] しげぽんがカメラマン。 
    夕涼みの機会をタノシミに、 ねむります。 おやすみなさい

2007年06月20日

あはは


  
  シャボン玉、たまにやりたくなります。  ぷちぷち飛ばします。
  シャボン玉、たまに友人にプレゼントします。  あははと笑われます。
  どんな、¨自由人¨で、¨ヒマ人¨ なのかと、おもわれるかしら・・・!
  
  時間と、こころに、余裕ができたときは、 たまには、こういうのも、イイ。
  
  ぷちぷち、夢中で飛ばして、風にのって移動して、
  消えてなくなるちょっと前に、
  だれかの目の前にぷかぷか浮かんで現れて、 
   えっ??!シャボン玉!?? とちょっと想ってもらえたら、 イイ。 いいな。
  
   ときに、シャボン玉[:植物:]工房の社員。  ははは [:富士山:]

2007年06月19日

 
   きょうも、たっぷり汗かいたなぁ 。
  
   からだを鍛えた汗・ウレシイ汗・しんぱいな汗・しげきの汗・かんがえる汗
   よい具合に、汗くさいです。 てへ [:チョキ:]
   
   いつもお世話になっている方から、おしえていただき、
   書家 紫舟(シシュー)さんの ¨紫舟展¨ をあじわってきました。
   
  陰・陽  ひかり・かげ   感情・文字  わたし・ひとり  あなた 、
   なんだろうな、自分の細胞がグツグツ沸騰しているのが、はっきりとわかった。
  
   すてきなオーラを纏っているひと、さまざまな感情を表現できるひと、
   それを、伝える自分の術を ぬくもりをもって 信じて進むひと
   なんて きらきら しているんだろう。 瞳も美しかった。

    紫舟さんの¨書¨と、紫舟さんに、また逢いたいです。

2007年06月19日

コクハク

   夜のお風呂は、はやく入るべきだとおもう。
   
   
   眠るまえ、ギリギリまで入浴の時間をとっておいたりすると、
   睡魔がおそってきて、  あぁ・・ネムイ・・モウダメ・・・
   スミマセン・・・・明日の朝はやめに起きてから入ります・・・
   そうさせてください・・むにゃむにゃ・・・・ [:zzz:]
   
   ・・・・そんなふうに、じぶんにひたすら謝って、でもちょっと後ろめたくて、
   歯だけみがいて、ざっくりパジャマに着替えて、目覚ましをあわせて、
   わたしは、ベッドに倒れこむように、ねむる・・・・。
   
   ごめんなさい。  そんな夜が3日も続きました。  とほほ・・・
   
   (・・・こんなことを告白している今、
       わたしは、まだお風呂に入っておりません・・・アウト[:雷:])
     いえいえ・・アウトじゃない! 入ります!!!!
      これをすべて綴り終えたら、 入ります!!!!!
   あの~ わたくし、
  お風呂、だいすきですし、温泉も、通いたいくらい、すきです。
  (以前のVISAカードのコマーシャルで、 温泉旅館に、もう一泊する?という、
    観月先輩のことばに、 賛成~!といってクルクル回っちゃう後輩!!!
                          
                            まさに、それくらい好き[:ハート:] )
  
  ですが、ごくごくたまに、 自分に謝りながらも、3日連続・・・
   と、いう時も、あるのです。   
 
  きたないまま眠るので、枕カバーも一晩で一気に汚れた気がして、
  3日連続で洗っています・・・ とほほほ・・・・
  でも、さすがに、今朝は、自分がさえない・・・と、ひとり落ち込みました。
  鏡にうつる表情も、さえない・・・
  あぁ 自分がわるいです。
  ☆ そんな自分をリセット・リセット。
  やはり、わるいもの・きたないもの を洗い流す・・・入浴は、たいせつ。
   (たまには、自分に謝る日があっても、良いとおもうけど。)
  そんなこんなで、今宵のお風呂は、良い時間になりそう。
   ええい、 オカ温泉だぁ [:温泉:]
  
  はいりますよ! 入ります!   余分な感情を、スッキリあらいながします。

    ちょっとした、自分に¨懺悔¨の、お昼ごはん。
    「すみませんでした。おいしいごはんをつくって[:湯のみ:]いただきます。」
    ナスとお豆腐のお味噌汁、
    鶏の照り焼きと、ミョウガ・赤ピーマン・青しそのサラダ、
    ご飯は黒米で。
    
    

2007年06月18日

食 ・ こころ

   
   そうそう、 昨日、カレーをいただきました。 焼きたてナンとともに [:キスマーク:]
   深谷 愛ちゃんとは、
   5月公演の舞台で親しくなり、それから怒涛のようにいろんなお店にふたりで行き
   いろんなものを [:富士山:] 食しております。 よくたべる・たべる [:桜:]
   
   そんなわたしたちですが、ごくたまに少食のときも、ちゃ~んとあって、
   あれれ?きょうはどうしたの??と、お互い驚いてしまうのですが
   ・・たまには、「のどを通らない」・・・そんなときも、ちゃ~んとあります。
    
    
     たまには、こころもガサガサしますから・・・ [:ピピピ:] [:汗:]
    
   
   昨日は、お互い、あいかわらず [:ハート:] の食べっぷりでした。
     
   
   マトン・ベジタブル・バターチキン・シーフード [:ディナー:]
     4種類のミニサイズのカレーを、ふたりで味わう。

    [:カメラ:] ひとくち、ナンをちぎって。
       でもこのメインは、真ん中の椅子に座る男性だとおもう・・・[:チョキ:]

2007年06月18日

 A i ☆

  
  [:温泉:] 本日も、熱々の太陽光線に、ちょっとへこたれそうになりました。
  でも、友人に会えるウレシイ日だったので、
  軽い足どりで [:ケーキ:] 日傘片手にいざ出陣☆
   お~い アイ~ ☆  
  わたしがいつもお世話になっている、
  「愛」というお名前の友人は、何人かおります。
  
  みんな、いろんなカタチの¨愛¨をもっている。
  逢えるたびに、さまざまな¨愛¨の注入をしてもらっております。
  
  とってもすてきな愛さんたち。 いつもどうもありがとう [:ぴかぴか:]
  

      深谷 愛 ちゃんと。
      一緒にいる時間がたのしくて、いつも会いたくなっちゃう。
      

2007年06月17日

Hey☆輪

   わたくし ドーナッツが、すきです。
  
  うわぁぁ[:ぴかぴか:] 今、ドーナッツって書いただけで、ヨダレが [:ハート:]
  シンプルなやつほど、燃える[:拍手:]
  ざっくりしたオールドファッションや、お砂糖をまぶしたやつ、チョコレート・・
  
  うわぁぁぁ たべたい食べたい  燃えるこのオモイ 
  ブラックの珈琲と共に、とびきりあまいドーナッツを 
  あの、輪っか感も、燃えるオモイをくすぐる・・・[:リサイクル:]
  浮きわのように、輪のなかにはいりたい。くぐってみたい。
  
070617-021229.jpg
   ドーナッツプラントのドーナッツ
        輪っかじゃなくなっても、おいしい[:ぴかぴか:]

2007年06月17日

OKA KE

   わたしはいつからか、父と母のことを、しげぽん・ママコと呼ぶ。
   岡家は、父・母・兄・わたし・の、四人家族である。
   年齢が八つ離れている兄は、
   わたしが小学生のころにボストンの学校に留学したので、
   家族四人で一緒に暮らした・・という印象は、実はあまりない。
   
   兄は、なんとなく、別世界に住んでいる気がしていたし、
   たまに逢えるときには、イベントがある!的な、わくわく心躍るものがあった。
   そして、また離れ離れになる別れ際には、いつもさびしくて仕方なかった。
   母は、よく涙をながしていた。
   そして兄はまた、どこか新たな世界に行った。と思った。
   兄は若いときから、人一倍?いろんな経験をしてきたようである。
   そして・・今 がある・・・。自叙伝をだしたらおもしろいのでは?なんて、
   兄をよく知るひとは言う。
   そんな、激しい ¨山あり谷あり 兄¨ の及ぼす影響は、
   伊勢で、しずかに暮らす岡家にストレートに直撃し続けた。
   良い意味でも、あまり良くない意味でも?・・いろんな意味で、直撃・・・。
   岡家にいるわたしは、父と母から、たいせつに可愛がられた。
   ときに、ひとりっこのようだった。
   しかも、兄が¨激しく¨育っていったからか、きっとその反動もあり、
   わたしに直撃する風は、強かったとおもう。
   
   とてもきびしく、熱心に、父と母から、人生のハジマリを学んだ。
   学生時代は、窮屈すぎる!と嘆いたことも多々あった。
   その後、ついにわたしにも、岡家に新たな風をおこすトキがやってきた。
   
   将来のじぶんの姿について、
   この父と母に、いちばんの味方になってもらうには、どうするべきか。
   おおきな波を、みんなで乗り越えないといけないとおもった。
   岡家には、まだまだ新たないろんなステージがあるはず。
   わたしにとって、偉大でたいせつな父・母。
   家族ゆえに、きつい喧嘩もたくさんする。涙もたくさんながす。
   血の繋がった他人のあつまりなのだから、あたりまえのこと。
   そう、いちばん身近な、ひととのかかわり。
   お父さん、お母さんと呼ぶけれど、たまには、良いのでは・・・?
   「しげぽん」「ママコ」そんなふうに呼べるときも、ほしい。
   そしたらもっと、愛せるとおもうから。
   もっと、たいせつにかかわりあえる気がするから。
   ・・そんな勝手な独断で、たまに呼んでみる試行錯誤の日々がはじまった。
   最初はもちろん、怒られ、注意されたが、
   顔色を伺いながら、それでもたまに、呼ばせてもらった。
   だんだん、それが自然になってきた。
   こんなことからでも、ひとと、ひとは、ちょっと近くなれる。
   おかげさまで、いまでは、岡家の大黒柱・しげぽんが直々、
   「岡家は、そう呼び合ったりすることも、いいなぁ。」といっている。
   岡家は、いろんな新たなステージをむかえ、
   兄は兄で、着々と¨兄ワールド¨を切り開いていた。
   わたしは兄といつもひさしぶりに逢えるたびに、勇気をもらっている。
   いま、兄は石垣島で暮らしている。
   ¨兄ワールド¨には、奥さん、息子ふたりがいるから、さらに心強い。
   
   いつかまた、
   しげぽん・ママコ・兄・わたしの、元祖・岡家のメンバーで、
   本部・伊勢の岡家であってみたい。 
   わたしを、東京の地に行かせてくれ、たっぷりの愛のエールをおくってくれて、
   どんなときもいちばんの味方でいてくれる、
   わたしの父と母に、感謝。
   尊敬している兄に、感謝。
   しげぽん、ママコ、兄男に、感謝。  岡家アリガトウ [:きのこオレンジ:]
そして、そこから繋がり、出逢えたすべての皆さまに、こころから感謝。
   
070617-021808.jpg
    きょうも、 感謝して、 いきる。

2007年06月17日

オソラのオオソウジ

070615-104217.jpg
   [:カメラ:] ソラの移り変わりをタノシム の図
    本日も雨降り・・・かと思っていましたが、
    そおっとカーテンを開けたら、なんと青空!
  
     そして 真っ白い雲が、  カワイイ !
    
    洗濯物も、ゆらゆら気持ちよさそう。
    雨が降ったあとの空は、すっきり余分なものがないかんじ。
    [:ぴかぴか:]お空の大そうじ。
    夕暮れ時のソラも、たのしみだなぁ

2007年06月15日

つゆ

    
 
 梅雨入り [:あめ:]
 
 
 泣いて、怒って、つまづいて
 すねて、文句言って、さけんで
    
 音楽きいて、お芝居みて、本をよんで・・・
 食べて、眠って、働いて、笑って、うたって !
  ジメジメをタノシム [:きのこブルー:] 
070614-233515.jpg
   まずは、うたってタノシム・・の図 [:カメラ:][:チョキ:]
(髪の毛ボサボサでも、気にしな~い&気にならな~い[:キスマーク:])

2007年06月14日

にたもの同志

   
    これ、似ていたから・・・  
     と言って、いただいたモノ。
     身長約7センチほどの、くらげさん。
    
     ありがとうございます・・・
     似ている???
     う~ん、でも、親近感がわいてきたな・・・[:バナナ:]
     現在、お家のカギに、くっついています。
       
070614-175127.jpg
   勝手に ¨アコクラゲ¨ と命名 [:おはな:]

2007年06月14日

BEST

070614-163421.jpg
美人で、格好よくて、スタイル抜群!!!なタイプじゃなくても、
  笑った顔は、きっと自分のなかで抜群のセンスをもつ。
  良い人相でいてほしいね・・・とは、しげぽんとママコから教わったこと。
  
  すべて、表情にあらわれる。 くっきりと、人相にでるんだなぁ。
   
   イイ顔 で いたいと おもふ。
  
  

2007年06月14日

   
   じぶんが笑うと、全身・全心(ゼンシン[:キスマーク:])の細胞が活き活きするかんじ。
   
   ひとが笑うと、にんまり[:ぴかぴか:][:ぴかぴか:]が伝染する !
   こちらまで、なんだか、うれし・たのし[:鏡もち:] な、かんじ。
    笑顔、エガオ、わらいがお。
 
   
   いつも、
   怒っているのかな・・とか、機嫌わるいのかな・・とか、
   眉間にしわをよせていたりするひとが、
   ふと表情が柔らかくなって、おもわず白い歯をたくさんみせて笑っていたり、
   ちょっとはにかみながら笑っていたりするのを見たりしたときは、
   宝くじが当たりました!くらいのラッキーな心地に包まれる。
   そして、わたしも、ふふふ・・・と笑顔になっている。
  
   ひとは、¨笑う¨という、しぐさ・表現・行為・・・を
   自然ともっていて、すてきだなぁとおもう。
070614-163623.jpg
     みんなでわらっていたい。

2007年06月14日

LUCKY

    
    [:よつばのクローバー:]野菜たち、おまたせしました。
     
     今朝は、さっそくサラダでいただきました。
     
     おっっ[:ディナー:][:ぴかぴか:] 偶然の、ラッキーセブン☆
    [:よつばのクローバー:]7種類の野菜たちがならびました。
070613-102349.jpg
ほうれん草・ゴーヤ・水菜・ミニトマト・しめじ・赤ピーマン・ブロッコリースプラウト
  ☆☆☆☆☆☆☆ の、サラダ [:ディナー:]
     友人の さっこ にいただいたリンゴのお皿に、たっぷり盛って[:きのこグリーン:]
      あらっ リンゴも加わっちゃった[:ぴかぴか:]
     
      本日も、どうぞよろしくおねがいします ☆
   
  
           

2007年06月13日

OKAいもの

070612-160018.jpg
  
  [:よつばのクローバー:]新鮮な野菜たち。
  
   さて、なにをつくろうか[:ハート:]
   
   う~ん[:ディナー:]
   わくわくするところだけど、今宵は外食の予定。
   
   ひとと逢って、おいしい創造力も養ってきます。
   
  [:よつばのクローバー:]野菜たち、まっててください。

2007年06月12日

創造

 
   いろんな ¨ものづくり¨ があるなかの、ひとつ。
   身につけるもの[:植物:]の、ものづくり。
   アクセサリーをつくる。
   完成のイメージは、お店の¨素材¨と出会ってから、ふくらませる。
   
   もともとママコが、(お馴染みの、ママコです[:ソフトクリーム:])
   お裁縫が好きで、手づくりの小物から洋服まで、
   いろんなアイデアを凝らして、よく創ってくれました。
   (ときに、シェフ・・・ときに、ミニ職人☆)
   そんなママコが、数年前、東京に会いにきてくれたときに、
   ぜひ行ってみたい[:ぴかぴか:]と、わたしも連れられて行った場所が
   la droguerie (ラ・ドログリー)という、お店でした。
   扉をあけると、まぁ[:ぴかぴか:]そこは、パリのような・・・
   [:ぴかぴか:]いろとりどりに輝くボタンやビーズなどの素材が、
   それぞれ、個性を放っている。店員さんのセンスもきらきら光っている。
   ママコの創作意欲は、ぷちぷちと刺激されまくり・・・[:王冠2:]
   素材をえらんで、どんどんイメージをふくらませていく姿は、
   とてもまぶしかったのでした。
       
          [:ぴかぴか:]
   
   それから、 アクセサリーをつくる ということが、
   わたしの¨ものづくり¨のなかに、またひとつ仲間入りしたのでした。
   ふと、気持ちがむいたときは la droguerie へ出かけます。
   
   わたしはあまり器用ではない・・ので・・・
   素材をえらんだらイメージを店員さんに伝え、プロのアドバイスをいただきます。
   そして、お家でつくってみる。
   完成のものを、身につけてみれば、
   少々ヘンテコでも、自分で創りあげたんだ[:きのこブルー:]という愛着もわいて
   イメージ以上のものが誕生 [:植物:]☆
  
   
   ¨ものづくり¨
   わたしをつくりあげる、大切なタマシイ。
070611-232400.jpg
   素材そのものがすてき!なので、素材のセンスにささえられてできあがる。
    ごきげんな、指輪やピアスちゃんたち [:カメラ:]

2007年06月11日

ヨロシク

 ひとは、どんなきっかけで自分のお気に入りの「キャラクター」と出逢うのだろう。
 グッズなどをあつめるとき、どんなビビビッ[:ぴかぴか:][:ぴかぴか:]があったのだろう。
 
 友人が、街ですれちがう人々が、バッグや携帯電話に、
 ひとりのキャラクターをたくさん連れて歩いていたりするのを見ると
 あぁ どんな出逢いだったのだろうと、ひそかに気になったりする。
 すきな音楽、すきな絵画、すきな洋服・・・などと出逢ったときのように、
 それぞれの琴線にふれる、何かがあったのだろうなぁ。
 そのきっかけが、単純のようで、でもすごくおもしろくて、
 ついつい聞いてみたくなる。
 先日会った友人は、「エルモ」と仲良しだった。
 ポジティブで、のんきで、よく笑う・・・そんな赤いモンスターにビビビッ[:ぴかぴか:]
 特に性格がたまらなく好みだと話してくれた。
  
 キャラクターについて、そんなことを話すわたしたちも、
 それぞれが十人十色の「キャラクター」[:ケーキ:]
 すてきな「キャラクター」がいっぱい。
070608-123452.jpg
  道代の携帯電話に寄り添っていた、エルモさん。
 
 ちなみにわたしは、キャラクターとは関係ないけれど
 てんとう虫と、きのこのモチーフがすき。[:きのこオレンジ:]←これとか、たまりません[:ハート大小:]

2007年06月11日

魔薬☆

  ママコがつくるカレー、自分でつくるカレー、友人のお家でたべるカレー
  キャンプでつくるカレー、お店でたべるカレー、カレーの香り [:ディナー:]
  ライスも、ナンも、 う~ん、一日に一度はたべたくなる・・・くらい、すき。
  複数の香辛料が最高のバランスで調合されていて、
  目で、鼻で、口で、耳で?、心で、 たっぷり誘惑されちゃう。
  
  そう、カレーはきっと魔法の薬。
  
  レイトショーで映画を観にいっていたので、本日遅めの夕飯。
  君たち、おいしいぞ
070611-001149.jpg
  豚肉・トマトとズッキーニのカレーライス
  [:ワイングラス:]しめじとブロッコリースプラウトのサラダ

2007年06月11日

 6・9

 
  なかなかうまく弾けない、だいすきなギター。
  なかなかうまく唄えない、だいすきな歌。
  なかなか様にならない、じぶんの姿。
  でも今日は、そんなことさえ気にならない? ロックの日 [:ラブ:][:ジョギング:]
070609-202713.jpg
  
 

2007年06月09日

いつでも、新鮮な味

きのうの写真の、つるつるイチゴのバースディケーキは、
伊勢のおいしいケーキ屋さん特製でしたが、
 
「岡家の胃袋をにぎる豪腕シェフ」でお馴染みのママコシェフは、
お菓子作りも趣味のひとつです。
シェフらしい、魅力たっぷりのバースディケーキもよく焼いてくれました。
 
こころでも、さまざまな味わいを思い出します。そのときの空気感とともに。
 
17歳の誕生日の写真がでてきました。 ふぅぅぅ~っ
 
うん この味も、すぐに思い出せる。 
 ママコシェフ特製・AKKO17歳スペシャル仕様チョコレートケーキ☆
070608-124626.jpg

2007年06月09日

「あっコ」

  中学生のとき、言葉や文字であそぶのが好きだった。
  
 「たのしい」という言葉を、言ってみると、
  そのときの自分の想いが「たのしい」という言葉にのって、届く。
  その時々のいろんな 「たのしい」 の、ニュアンスがある。
   (あたりまえのことなのですが)
 
  「たのしい」という言葉を、文字で書いてみると、
   たのしい
  ・・・んん?今の自分の想いの「たのしい」は、ひらがなってかんじじゃないな。
   楽しい ・・・・あっ、 ・・・タノシイ?  !!  ・・・これだ!
   想ったことを、自分の全身を駆使して、タノシイ~~!と伝えられたら、
   それが一番伝わるかもしれない。
   だけど、このブログでもそうですが、文字で想いを綴るとき、
   お手紙を書きたいとき、メールでひとこと伝えたいとき、
   全身で、自分の感覚とか、オーラも混ぜて話せない場合、
   目でみたかんじの言葉のニュアンスというものを、
   ちょっと気にしてみたらおもしろいのではないか・・
   ちょっとした想いも、さりげなく響くのではないか・・・
   そんなことをおもいました。  (←ここはひらがなで[:プシュー:])
   それ以来、しゃべっていても、
   文字のかんじがあたまの中にぷかぷか浮かんできたりします。
   ふふふ  おもしろい・面白い [:きのこブルー:]
   ・・・そうです!ここでやっと本題にはいりました!
   あ~ぁ 長々と・・・[:きのこグリーン:]
   わたしは、なまえが、あきこ・・なので、よく、あっこ と呼んでもらえます。
   あっこ あっこ。
   中学のとき、ぼんやり、あっこ・・・かぁ・・とおもいながら?
   ノートの片すみに、あっコだよ~ と、書いている自分がいました。
   ええ!! オモシロイ・おもしろい !
   カタカナが混じってる~  これ、いいかも・・☆
   「あっコ」  みた雰囲気、じぶんってかんじしてきたなぁ
  
   それからわたしは、必ず、「コ」だけカタカナなの。
   と、友人にしつこく名乗りつづけました。
  
   名乗り続けた甲斐あって!? わたしは、めでたくあっコ になりました。
   それは岡家でも浸透して、
   父・しげぽん、母・ママコの携帯電話の登録も、
   何の違和感もなく「あっコ」になっております。
   あっこー!と呼ばれるたび、あっコー! と、文字が浮かびます。
   
   高校卒業後、上京してから、わたしはあっコです。と言うことは
   ほとんど無くなったので、今はよく、
   あっこ や、アッコ と呼んでもらったりもします。
   今のわたしは、そのひと、そのひとが、呼んでくれたニュアンス、
   それがうれしい。と、素直におもえるので、特に何も気にしなくなりましたが、
   
   今でも、伊勢の友人や、家族からのメールで、
   あっコ、元気? などと、呼ばれると、
   なぜだかひとりで、じ~ん[:星:]としてしまったりします。
   
   写真の整理をしていたら、
  18歳の誕生日のときの、ケーキの写真がでてきました。
   あ・・あっコだぁ ☆
   わたしを、よんでくれるみんな、ありがとうございます。
070608-124728.jpg
 

2007年06月08日

あたらしい自分

070604-123729.jpg
もやもやモヤ・・・
 学生時代、悩むたびに髪型を変えたくなった。
 洗面所に閉じこもって、鏡にうつる自分をキッと見つめながら、
 ハサミを持ち、前髪をじぐざぐに切ってみたり。
 駆け込み寺のように、
 いつもお世話になっていた美容室・マレンキーに行き、
 思い切ってばっさりと、ショートヘアにしてもらったり。
 
 モヤモヤのこころが全てスッキリ晴れたわけではないけれど、
 新たな自分になって、
 なんだか、この自分だったら、明日がたのしみかも・・・と思えた。
 今では、学生時代よりもだいぶ打たれづよくなったし、
 やっかいなモヤモヤ・・を対処する術のレパートリーはいくつか増えた。
 髪を切るなら毛先を整える程度で、そこまで劇的なスタイルの変化はない。
 (お仕事柄、あまり変えられない・・ということもありますが。)
 
 でも、実際、髪をず~っと切らないでいると、髪の毛にも邪気がたまるそうな。
 切ると、気持ちもスッキリするのって、そういうこともあるからなのかな。
 
 そして、髪を切ってくれるひとの、タマシイも、自然と髪に宿る気がする。
 心地よいひとに切ってもらうと、しあわせな心地につつまれる。
 
 
 いま、よくお世話になっている美容室eNFLeURAGe(アンフルラージュ)の、
 HAIR STYLIST 星野 明子さんは、まさにそんなかんじ。
 星野さんのやさしさにつつまれながら、髪の毛が浄化されてゆくかんじ。
 
 [:カメラ:] この日は、髪の毛をすてきに整えてもらい、
  ホットカーラーでくるくるにセットしていただきました。
   ユメの、ふわふわくるくるヘア[:ハート大小:]
  
  おいそがしい中、お願いをして星野さんと一緒に撮っていただきました[:カメラ:][:ぴかぴか:]
  いつも 幸せを、ARIGATOUございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2007年06月07日

夜風が、心地よい

070607-023417.jpg
  昨晩、実家から[:おうち:]自宅に帰ってきました。
  おかげさまで、さらにぴちぴち[:鳥:]げんきです。
  
  そして
  さっそくうれしい約束があったので、
  今宵も、うきうき[:ワイングラス:]美味しい時間をすごせました。
   感謝、感謝。
  
  今宵の一枚[:カメラ:]は、おんなじ事務所の宮田真帆さん登場[:さくらんぼ:]
  真帆さん美しいでしょ[:指輪:]
  
  
  
  
  
    
  

2007年06月07日

いすずがわ

070605-171909.jpg
   これが五十鈴川。
   
   よく、カモの親子もスイスイ泳いでいます。
   
   さくらの季節になると、また新たな魅力が[:桜:][:桜:]
   さくら色で染まる五十鈴川にうっとり[:ぴかぴか:]
   心地よい居場所のひとつです。
  

2007年06月06日

できたて

070605-171237.jpg
   
   あんこの模様のラインは、
   五十鈴川の、川の流れをイメージしているのです。
   
   五十鈴川を眺めながら、いただきました[:湯のみ:]
   つやつや・すべすべの赤福やぁ~[:ラブ:]
   

2007年06月06日

伊勢名物

070605-170714.jpg
   赤福本店にも行ってきました。
     本店で食べる赤福は、格別[:ぴかぴか:]
   
  

2007年06月06日

だいすきな映画

070605-171639.jpg
  
  伊勢には、進富座という、最高に素敵な映画館があります。
  足を踏み入れた瞬間から、来て良かった[:王冠2:]と思える空気感ただよう劇場で
  館長の水野さん選りすぐりの名作たちを、味わえます。
  神聖な空間(進富座の劇場内)で、
  どきどきしながら水野さんと撮っていただきました。[:カメラ:]
  
  わたしも、進富座のスクリーンで息ができるように、がんばろう・・
  そして、その作品を、進富座の観客として、味わってみたい。
  
  [:拍手:]6月8日(金曜日)に進富座開館80周年記念特別イベントがあるそうです。     
   おすぎさん、字幕翻訳家の戸田奈津子さん、
   黒澤プロダクションマネージャーの野上照代さんが、
   伊勢・進富座で、スペシャルトークライブを[:ぴかぴか:][:ぴかぴか:][:ぴかぴか:]
   これは奇跡のひとときになりそう・・・[:王冠2:]
   
  

2007年06月05日

OKAGE

P505iS0050987311.jpg
五十鈴塾のスタッフの方々と[:カメラ:]
入口に立派な看板があるのですが、
 ちょうど陽が当たって「五十鈴塾」の「五」が隠れてしまいました[:汗:]
 立派な全身の姿はぜひ、生でごらんください[:ぴかぴか:][:ぴかぴか:]

2007年06月05日

おかげ

P505iS0050921774.jpg
内宮前・おかげ横丁に続いている、おはらい町にどっしりと構える、
 五十鈴塾におじゃましました。
 
 塾長の矢野憲一さんをはじめ、特別講師の方々が、
 さまざまな分野の日本の伝統を教えて下さる、かけがえのない場所です。
 普段、塾で使われるお屋敷に案内して、
 日本のむかしの暮らしの風景をひとつひとつ伝えてくださいました。
 塾では、実際に薪を使い、かまどでご飯を炊いているそうです。
 
 もっともっと、ごはんが好きになりそう。
 
 

2007年06月04日

ときに、シェフ

070604-123619.jpg
 石垣島に、家族で住んでいる兄男(兄)に、
 もしお兄ちゃんが、「食わず嫌い」[:テレビジョン:]にでたら、何を嫌いなモノにする?
 と、メールしてみたら、かなり考えたのかなぁと思う間があり、返信があった。
 「う~ん、それはむずかしい質問やな、おかんの食育がいいからな。」
 わたしとしては、え~っ?そんな返答!??と、
 意外な返答すぎて、あまり納得いかなかったのですが
 こんな兄らしい淡々とした文字のなかに、見逃せないステキな言葉が[:チューリップ:]  
 おかんの食育・・・母の食育・・・・ママコの食育!
 そう、
 うちのママコは、岡家の胃をにぎる、多大で鮮烈な影響をあたえる、シェフです。
                     (多少、大げさに言ってます[:ホットコーヒー:])
 今は、兄男もわたしも、実家を離れているので、
ママコシェフの料理を毎日味わえるわけではありませんが
 この世に生を受けてから、最強なシェフに胃袋を握られたわたしたちは
 そう簡単にはベーシックな道は歩めないのです。 (なんて!)[:きのこグリーン:]
 
 今回ひさしぶりに岡家でお昼ごはんを食べました。
 
 ママコシェフ特製[:もみじ:]冷やし担々麺[:もみじ:]
 挽肉の代わりに、薄切り肉とさやいんげんを辛味噌でからめて麺の上へ。
 千切りきゅうりの代わりに、輪切りの薄切りきゅうりをトッピング。
 さらに、いちばん下には親類のさっちゃんが丹精込めて作ったリーフレタスが[:よつばのクローバー:]
 うん、ちょっとフツウじゃない・・・。
 
 ママコいわく、挽肉だとパラパラして食べにくいでしょ?
 千切りきゅうりだと、勝手な方向むいて食べにくいでしょ?
 
 いただきます。 
 うん、た…たしかに・・・。
  とても良いです・・・シェフ・・・[:星:]
 さっちゃんのレタス、おいしいでしょ?
  美味しいです・・・シェフ・・・[:星:]
 
 わたしも少なからず、きっとママコシェフの血を受け継いでいる。
 鮮烈な影響力をあたえる敏腕シェフ・・・に進化する道のりは長そうですが、
 わたしが家族の胃袋を握る日が来るのも、そんなに遠くはないかも。
 てへ[:グー:]
 
 
 
  

2007年06月04日

エンヤー

20070604_17518.jpg
♪♪♪
サーサー ヨーイヤサー
こんな木遣唄囃子が青空の下、響きわたっていました。
これがお木曳き車です。

2007年06月04日

背中で語る。


御薗手筒花火・彗星会の方々が、
毎年10月に行われる、伊勢の「おおまつり」で、
手筒花火を披露してくださいます。
どんなにスゴイ花火かは、10月のオタノシミ。
古森さん・安井さん・松本さんの背中☆

2007年06月04日

出会い・出逢い


 お木曳の夜、しげぽん(父親)・ママコ(母親)と、
 にしもと[:ディナー:]にて食事。
 
 ※しげぽん・ママコ・・とは、わたしのなかでの勝手な呼び名です[:きのこレッド:]
 そこに陽気な皆さんが集まってくださいました。
 [:きのこグリーン:]左から、稲葉さん・北村さん・古森さん・安井さん・松本さん・藤村さん
 
 わたしもちゃっかり写っています。
 ※しげぽん・ママコは、ほろ酔い?気分のカメラマンでした[:きのこオレンジ:] 
 
 
 

2007年06月04日

仕合わせ・幸せ

しあわせ が重なった おはなし。
昨年から、大鵬薬品「ピンクのゼノール」の
 コマーシャルにださせていただいております。
金曜日に、大鵬薬品の45周年記念式典がありました。
 ひさしぶりに、ピンクのスーツとメガネを身に纏い、
 ゼノール娘として、参加させていただきました。
 わたしは、45周年の約半分ほどしか生きていない、青二才ですが
 お祝いできる素晴らしい機会に出席できたこと、
 その場の活き活きとした空気に包まれながら、感謝の想いでいっぱいでした。
 ・・・45周年おめでとうございます。[:ぴかぴか:][:拍手:]
 そんな、ありがたい体験をさせていただいた翌日、
 始発の新幹線に飛び乗り、実家にやってきました。
 伊勢神宮の、20年に一度行われる盛大な行事、
 お木曳(おきひき)に参加しました。
 ハッピ(HAPPY!?!)を着て、帯を締め、
 大勢の方々と、ひとつの気持ちで、御神木を曳くことができました。
 人々の、こんなに生き生きとしたタマシイが、町中を行き交っている!
 わたしは、なんて素敵!なところに、生まれ、育ち、
 伊勢を、「ふるさと」と、言えるなんて・・・
 
 しあわせモノです。
 
 
  
 
 

2007年06月04日