2007年07月のブログ

ライライウ


 
  
  友人の母・久美さんのピアノのコンサートがあり、お招きいただく。
  
  友人の父・愼一さんの、すてきな愛車にわたしも乗せていただき、
  ルラルラ♪とドライブ気分で、皆で会場へ。 はじめての国立市へ。
  久美さんのピアノの音色は、ドキドキするほどドラマチックで、
  その空間のカギをすべて握っているような、運命の使者であるような、
  皆をトリコにする素晴らしい演奏であった。
  ちょうどわたしの席は、演奏者のうしろ姿を眺めることができる場所だった。
  うしろ姿が、また、力強く、でもどこかはかなげで、たまらなく美しかった。
  わたしは、今日も、たくさんのイイモノを得ることができた。
   感謝

  コンサートのあと、会場の一階のレストランでちょっと遅めのお昼ごはん。

  自称¨洗濯好き¨のわたしに、友人からカワイイ洗濯ばさみをいただく。

  ますます洗濯が好きになっちゃうよ。クローバーと、鳥ちゃん[:ぴかぴか:]

  FERMIEREのシェフと、ギャルソンにも、おすそわけ [:ニコニコ:]
  とつぜんの雷雨とも、遭遇。
  ライヴ・ライウ
  

2007年07月29日

TAKURAMI

  
朝ごはんに、生姜焼きを食べようとおもい、
前夜に、美味しいたくらみを。
わたしはよく、眠りにつく前に、キッチンに立っていることが多い。
いそいそと、翌朝たべるご飯の、下ごしらえをしておくのだ。
朝目覚めると、ものすご~く腹ペコなので、一刻もはやくご飯をたべたい。
というか、お腹がすいて、朝、目が覚める・・状態なので、
お味噌汁だと、あとは、お味噌をとくだけ、とか、
すぐ食べれるように、切干大根やひじきを作っておこう、とか
焼き茄子を作って、冷蔵庫に冷やしておこう、とか、
眠るまえに、翌朝のための創作意欲が沸々とわいてくるのだ。
そして、安心して、眠る。
(ヘトヘトで、とにかく眠い夜は、あっさりと、倒れるように眠りますが・・・)
翌日のカレーが美味しいのは、わたしが真夜中に美味しいことをしているから?
・・・なんて言ってみたりして!
わたしがいつも作る、すごく好みの生姜焼きのレシピがあって、
①豚肉を焼く(ごま油で焼くと風味アップ)
②火が通ったら少々お酒を入れ、すりおろした生姜、(たっぷりの千切り生姜でもおいしい)
醤油、甘みの少ないオレンジママレードジャムを入れて、お肉にからませる。
(すべて、そのときの気分の、適量で。)
横に添えるサラダや、せんキャベツをあらかじめ用意しておけば、
10分程度で出来上がる、お気に入りの生姜焼きなのであります。
わたしにとって生姜焼きは、特に下ごしらえする必要はないのですが、
創作意欲がわいた昨晩、やけに頭が冴えてきて、
あらたな生姜焼きを考案してみよう!と、おもったのでした。
生姜をいつもよりたっぷりめに、すりおろす。
たまねぎを四分の一個、すりおろしてみる。
兄男にもらったパイナップルの芯の部分を、すりおろしてみる。
(¨兄男産パイン¨の芯は普通のパインよりも、やわらかい!ので、すりおろしてみたら、
ものすごく果汁がたっぷりでした。)
その、すりおろしたものと、醤油、お酒を入れて、豚肉を一晩漬けてみることに。
翌朝、ドキドキしながら、漬け込んだ豚肉を、ごま油で焼いてみる!
すると、 ん?  んん??
お肉が、柔らかすぎて、フライパンの上でなんとなく溶けていく・・・
漬け込む前までは、ちゃんとしっかりとした豚肉だったのに、あれれれ・・?
キッチンに漂う香りは、生姜焼きのイ~イにおい。
うん、味は美味しいはず・・・
いただいてみると・・・・・・
味はとっても美味しいの。
だけど、食感が、佃煮チック。
豚の生姜焼き佃煮です、これは。
ご飯がすすむ味ですが、いつもの生姜焼き・・・とは、ちがう。
そうです、パイナップルにはタンパク質分解酵素が含まれているのです。
たしかに、お肉はおいしく柔らかくなりますが、薄切りのお肉には、つよすぎた!
しかも、一晩は、漬けすぎた!
う~ん、美味しくすべていただきましたが、反省もたっぷりあり・・・
次回からは、漬け込むバージョンの生姜焼きを作るときは、
①生姜、たまねぎをすりおろす
②醤油、砂糖、お酒を入れて、10分程度漬け込む・・・
このレシピでいってみようとおもいます。
ときに、行き当たりバッタリ、だけど、愛はたっぷり。
そこから、これからも作りたい、食べたい、美味しい味がうまれる。
  
眠る前の、美味しいたくらみは、やめられない。

  
お砂糖のかわりに、オレンジママレードをいれる生姜焼き、
美味しいので、とってもおすすめなのです。
あ。たくらんでる・たくらんでる・・・☆ 

2007年07月29日

お元気だといいな

2007年07月28日

お元気ですか

2007年07月28日

またあした


朝、目が覚めて、まだ ぼ~っと夢心地 
 カーテンをあけて、今日の自分を 創める・始める   オハヨウゴザイマス
 音楽をかけるか、テレビをつけるか、 
 歯をみがく、顔をあらう、水をのむ、チョコをつまむ
 
 
 いつもどおり、くりかえしの日常でも、
 毎日ぜんぜんちがうのだ。
 
 夢をみた、
 すごく覚えている朝、みたかどうかもわからない朝、うなされて起きた朝、
 目覚ましが鳴り、今日は急いで支度しないといけない、夢に浸るヒマもない朝、
 そのハジマリから、毎日ぜんぜんちがうのだ。
 そして一歩 外の世界に足を踏み出せば、戦がはじまる。
 かわらないのは 今日も、自分との闘いってこと
 自分にまけないよう、ぶれないよう、
 
 できるだけ ひと、や、もの、には、やさしく、笑顔で
 自分よ、ファイト   まけたくない、ぶれたくない
 へこたれる・・・
 ムカッ!!!
 いたい・・・!
 ショック~~
 は? なんで?
 ちょっと待った!
 申し訳ございません
 
 
 ・・・毎日ぜんぜんちがうから、いろんなことがあります。
 
 好き! 
 あんまり・・・
 きれ~い・・・!
 これ、いいな。
 オーケイです。
 やるじゃん!
 よろしくお願い致します
 
 
 自分よ、ファイツ  まけるな、ぶれるな

 
 
 
 

2007年07月26日

ドラゴン・パッション

   
   パッション: とびきりおいしいの、あるんやけど、いかがですかぁ
   ドラゴン: おっ いいですなぁ

   パッション: ほら えんりょうせずに どうぞ~
   ドラゴン: あっ・・はい・・

  パッション: ほんとに えんりょうしやんどいてくださいな どうぞどうぞ~
  ドラゴン: あ、あぁ・・ありがと・・
        お・・おつまみでも、もってきましょうか・・!
  パッション: おつまみなんていらないですよぉ
         ほらほら、おいしいですから  あ~ん
   
  ドラゴン: え・・・ええいっ !

  
  パッション: と、おもいましたが、ちょっとまってください
         すすめていたら あたしがいただきたくなりまして・・
         いただきます~

   ドラゴン: ほっ・・・・[:ぴかぴか:]
          
           To be continued・・・・・[:チョキ:]
   
   出演: ドラゴン  兄男
       パッション  妹
   

2007年07月25日

マンゴ・パイン ふたたび

  
  ふたたび・・・と言いましても、まずは是非とも、
  7月1日に綴りました、「マンゴ・パイン」、 さらには、
  6月17日の「OKA KE」もふりかえっていただけるとうれしいのです。
  あっ☆ 6月4日の 「ときに、シェフ」にもちょこっと兄男が登場・・・。
  
  
  ・・・・どうもありがとうございます [:ニコニコ:] てへ
  なぜ、兄男の息子をあだ名で呼ぶのに、
  いきなり、マンゴ・パインがでてきたのかと言いますと、
  兄男は、石垣島で有機栽培のパイナップルや、アップルマンゴーを育て、
  みなさまに喜んでいただけるものを目指し、販売しているから・・・なのです。
  たぶん、兄男がそんなお仕事をしていなかったら、わたしは南国フルーツを、
  こんなに頻繁に味わうことは、なかったかもしれません。
  そして、兄男の息子たちのここでの呼び名は、全然ちがったかもしれません。
  いつも兄から、それぞれのおいしい時季に、
  いろんなフルーツを届けてもらっております。
  兄から送ってもらい、特に大好物になったのは、ドラゴンフルーツです。
  [:テレビジョン:] 食わず嫌いに出演する際は、おみやげに持っていきたいくらい。
  
  数年前に、兄にドラゴンフルーツを送ってもらい、なんじゃこりゃぁ[:ぴかぴか:]
  おいしくって、どうしよう[:ぴかぴか:]!とおもいました。
  
  そのときにはじめて食べたので、まだまだわたしの¨ドラゴン¨歴は、浅い。
  ですが、キウイのような?・・いえいえ、これはなんと言えばよいのか・・・
  言葉ではうまく説明できませんが、わたし、一日に一度は味わいたくなるのです。
  無性に¨ドラゴン¨が恋しくなる。 
  今回は、三種類のフルーツが届き、ぜいたくな味わいに、舌鼓。
  アップルマンゴー・完熟パイナップル・パッションフルーツ
  まぁ[:ぴかぴか:]なんて美味しいんでしょう。
  
  そして、兄男が愛情込めて育てている・・・とおもうと、さらに、感激アンド感謝。
  兄男の息子たち、マンゴ・パインも、石垣島の空気につつまれ、逞しく、
  イキイキとお元気そうで、なによりです[:ぴかぴか:][:ぴかぴか:]
  
  兄男のお店、 石垣島 伊原間サンセットファーム
  伊原間サンセットファームのHPの写真日記のなかに、
  太陽光線に焦がれた兄男らしきひとが・・・?
  
   「いつもどうもありがと」
   

ジュースィー・ジューシー マンゴと[:ぴかぴか:]

  パパパパ[:ぴかぴか:]パインと
  あしたもゲンキに踏んばれる [:植物:]

2007年07月24日

リンネ

      
     
  
  
  いま、憶えていることは、わたしはこれからもずっと憶えているのだろうか。
  むかし、こんなことがあって・・・と、これから先も、話し続けていくのだろうか。
  記憶に無い、こともある。
  うろ覚えの思い出も、ある。
  
  はっきり憶えていることは、おもしろいくらい、よみがえってきたりする。
  そのときの、天気、場所、におい、味、鮮明におぼえている。
  自分にとって、都合のわるいことは、
  もしかして忘れたフリをしていることもあるだろうけど、
  じんわりと、なまぬる~い温かさが身体を襲うように、
  ぞわぞわと思い出すときがある。 
  特に、幼少のころの記憶は、摩訶不思議なことが多い気がする。
  なんでこんなことをしていたのだろう・・・
  なんでさみしかったのだろう・・・
  いきているとか、その他いろいろと、自覚のなかった幼い自分を、
  ぶわっと思い出すときは、少々、胸がいたむ。
  でも、くるしいだけじゃなくて、前向きに、胸がいたむ。
  もしかして、過去にあったことを、ひとつひとつ思い出しながら、
  わたしはいまを、いきているのかもしれない。
  記憶にみちびかれているのかもしれない。

   むかし、祖父の家で撮ってもらった写真がでてきて、
   へぇぇ~・・・こんなポーズしたことあったっけ・・・
   
   なんか、どこかでみたことあるんだけどなぁ・・・?
   
   高校一年生のときに知人にいただいた、
   Audrey Hepburn の本をひらいてみました。
   その中でみたことのあるような・・・ 
   あ、ぜんぜんちがうかな・・・・
 
   でも、うれしくなった。  そんな、いま と、記憶。
   
  
 

2007年07月23日

動く物

  動物園へ行ったのは、小学生?のときの遠足ぶりだとおもう。
  
  
  たぶんおとなになった最近は、友人が動物園に行った翌日に、
 「¨オカピ¨っていう動物がいたんだけど、オカさんに名前だけじゃなくて似てた!」
  とか、話しだけは聞いていて、へ~~ 動物園かぁ・・いいなぁ・・
  オカピ・・・似てるのか・・・会ってみたいかも・・・と、つぶやいた。
  
  
  そして、行ってみました。 はじめての上野動物園へ。
  まずは、初対面の、パンダのリンリンさん。
 
  あららら 寝ている~ ! こんな格好で!  
  お疲れなのか、ふてくされて眠ってみるしかなかったのか・・・・
  なんだか、どこか近いものを感じて、一気にリンリンファンに・・・[:ぴかぴか:]
  キリンやトラたち、皆に会ったあと、そろそろ目覚めているころかなぁと
  期待しつつ、もういちどリンリンさんに会いに行く。
   

  リンリンさん、お目覚めでした!  ごはんタイム[:キスマーク:]
  パンダって、おしゃれな容姿だよなぁ。
  
  そういえば、ゴリラの後姿が、とてもとても、切なかった。 
  ゴリラにしてみれば余計なお世話かもしれないけど、勝手にそう想った。
  オカピにも会いました。 わたしに似ていたのだろうか・・・  ふふふ
  どうか、皆さん おげんきで。

   上野といえば、西郷さん と、わんこ。 
    
[:ぴかぴか:] 感謝 [:ぴかぴか:]
   

2007年07月23日

NAME

¨サイン¨を書かせていただき、
  ズラリと並ぶ¨サイン¨たちのなかに、仲間入りさせていただいた場所がある。
  
  昨年、友人の弟さんのお店に行ったときに、ご好意で書かせていただいたのだ。
  そのお店の評判は、いつもきいていて、
  ず~っと、行きたい!たべたい!と念願の場所であった。
  
  七輪 ・ 炭 ・ 火 ・ 網・・・お肉 [:ぴかぴか:][:ぴかぴか:]
  ¨炭火焼肉、けむい が うまい¨
   ↑ 店員さんのTシャツに書いてある言葉である。 
  おいしくて美味しくておいしくて、いっぱい笑って、たらふく味わったあと、
  色紙とペンを渡していただき、
  こういう状況に慣れていないわたくし、
  たどたどしくも  書かせていただいたのである。
  
  内心、かなり焦りながらも、ここは大胆なワタクシ、
  で~~~んと、 自分のなまえを書いた。
  しゅしゅしゅっと、達筆なサイン!なんてものではなく、
  でで~~~んと、 「 岡 明子 」 と、自分の名前を書いた。
  何て書いてあるかわからないサインよりも、まずは名前をおぼえてもらえるように。
  ¨サイン¨を書かせていただいた・・というご好意に甘んじることなく、
  着実に じっくり 生きていけるように。 [:植物:]
 
  いつも支えてくれる仲間と、大すきな場所で、美味しいトークとオニクを[:チョキ:]
  
 
  ご馳走、ごちそうさまでした。

  サインを書くセンスもちょっとくらいは磨こう・・自分! [:あっかんべー:] [:ニコニコ:]

  シメは、テグタン麺 [:ラブラブ:]
  この日は辛さひかえめにしてもらいました。そんなキブンでした。

  
  お土産に韓国海苔をいただいて帰宅。
  板橋区宮本町にある炭火焼肉やさん。 南大門 [:ぴかぴか:][:ぴかぴか:]
 
    

2007年07月19日

どうか・・・

 [:鉛筆2:]ブログを綴りはじめて、ちょっと調子にのってきたころから、
 慣れてきたこともあって、写真のサイズを大きくしてみたりもしていました。
 ですが、大きすぎました。 気に障るビッグさ でした。
 つらつら たらたら と過去を読み返してみたら、あっっ・・と、おもいました。
 
 あまりに気になったものは、なにかしらの手をくわえました。 [:カメラ:]
 載せていた写真の、3秒くらい前、の写真に換えてみたりもしました。
 [:鉛筆2:]今年の、6月1日からココに綴りはじめましたが、
 そんな過去たちも、 また ぶらりと 辿っていただけたら、うれしいです。
 
 
 つよく おもうこと、ねがうことで、まずは この自分自身が 変わってゆく。
 目にはみえない、かたちのないもの だけれど、
 おもい ねがい が、 実際に、自分自身に、纏わりついている。
 そんな自分が、自分の日常をいきる。  それが繋ぐ。繋がる。つながっている。
 
 わたしは、つよく おもい、ねがいます。
 スマイルあれ ハピネスあれ シャインあれ
     
 
 

2007年07月18日

EN


 
 会う人とは、¨逢う¨もんだ。
 
 つい数日前にお仕事でご一緒した方と、たまたま通りがかって入ったお店で再会。
 あっっ あれっ? どうも・・・! 
 思いがけないバッタリ[:ぴかぴか:]に、びっくり。
 
 混み合っている地下鉄に乗り込み、しっかりと つり革につかまっていたら、
 なまえを呼ばれ、 ん?? え??
 斜め前に座っていた方が、以前、共演させていただいた大先輩であった。
 思いがけないバッタリ[:ぴかぴか:]に、うっとり。
 
 街を歩いていたら、すれちがって、バッタリ[:ぴかぴか:]
 お芝居やLIVEをあじわった会場で、バッタリ[:ぴかぴか:]
 
 必然のようで、偶然である。  偶然のようで、必然のような気がする。
 会える人とは、また¨逢える¨もんだ。
 会う約束をしていなくても、連絡先など知らなくても、そこまで親しい人ではなくとも
 思いがけずバッタリ[:ぴかぴか:]会ったりする人とは、¨逢う¨もんだ。
 それぞれの運命の波と、感情の波と、日常の波が、入り組んでいるセカイ。
 そのすきま、すきまに、息抜きするように、ひょいっと起こる偶然。
 その偶然のおかげもあって、わたしたちは入り組むセカイへと、
 また堂々と溶け込んでゆく。
 
 
 わたしは、もうあまり驚かない。 ビックリしない。
 どんなバッタリ[:ぴかぴか:]に遭遇しても、よろこぶだけである。
 縁(EN)なんだもん。 
 
 街中で、わたしだけが知人に気付いて、あっ・・と思っても、声をかけない時もある。
 会える人とは、また¨逢える¨から。
 そうやってバッタリ[:ぴかぴか:]会う人とは、また必然のバッタリ[:ぴかぴか:]があるもんだ。
 入り組んだセカイのなかで、自然とよいしょと、縁をたぐり寄せている。
 
 無理にながれに逆らわず、前向きにトコトコ歩んでいると、イイ縁がある。
 偶然を、ちょっとプラスに想えるような心を、日ごろから磨いていれば、
 どんなバッタリ[:ぴかぴか:]にも、動じずに、イイ必然にめぐりあう。
 
 最近、バッタリ[:ぴかぴか:]がなくても、そんなに心配することではない。
  
 
 会う人とは、 ¨逢う¨ ¨合う¨ もんだ。   [:ぴかぴか:] [:ぴかぴか:]
 



 あ、久しぶりにあのひとにあいたいなとおもって、
 自分から連絡してみるのもイイねぇ
 その人と出会えたのも、思い返せば、おもしろい縁だったりする。
 
 そんな ¨EN¨ で、入り組んでいるセカイに生きている。
 
 会う約束ができることも、¨縁¨なのである。
 すてきなENに感謝。
 
 

2007年07月14日

しなやか

 運動神経が抜群に良いわけではない。身体もくにゃくにゃに柔らかいわけではない。
 
 しかし、からだを動かすことが大好きである。
 
 幼いころ、鬼ごっこや一輪車、二重とびや大縄跳びをするのが、遊ぶタノシミだった。
 
 
 中高生になっても、引き続き、二重とびをするのが好きで、
 じっとしていても、ふと身体が反応して、無性にシュシュシュっと跳びたくなった。
 
 部活動ではないけれど、バトミントンやバスケット、バレーボールも大好きで、
 球技大会は、「あしたの遠足が楽しみでねむれないよ~」くらい、超わくわくして、
 超はりきっていた。 あ・・・応援するためのポンポンも作っていた記憶も、ある。
 
 クラス対抗なので、クラス内で絶妙☆のバランスのチームを組むのに、
 わたしは決してウマイわけではないけれど、毎回ちゃっかり入れてもらっていた。
 そのなかで、恥ずかしいドジな出来事もちらほら印象的にのこっているけれど、
 ぜ~んぶ、ひっくるめて、
 すごく楽しかった記憶・・として、イイ汗をかいた思い出である。
 それは、学生時代のたいせつな思い出である。
 
 
 大いにからだを動かして、リフレッシュして、わだかまりもなくなって、
 お腹がすいて、ごはんもさらに美味しくて、ぐっすり眠れる。
 
 そんなシンプルで真っ直ぐなことは、日常の自分自身と密接につながっているのだ。
 
 日々のいつもどおりの生活をたいせつにしつつ、 たま~~に、
 今まで自分の奥底に、埋もれていた感覚を呼び覚ますスポーツをしたりすると、
 冷静にそう思ったりする。 
 雑なのは、やっぱりよくないわ。 大胆かつ、繊細な感覚が必要だわ。 
 的確に、臨機応変に、そして思いやりを・・・
 フィールドはちがえども、仕事に、人付き合いに、自分に、すべてに繋がってくる気がした。 
 
 今、たぶん、おとなになった自分も、からだを動かして¨遊ぶ¨ことを
 たまに、するべきだなぁと思った。 
 
 


 卓球台があるカフェ。 たべたりのんだりしながら、卓球もできる。
 卓球の球のはねる音が、BGMのように心地よく響きわたる。
 たまに球が転がってきたりして、それも、おもしろい。
 
 
 

2007年07月12日

healthy !

  
  ポテトチップス・こんぺいとう・ウエハース・アーモンドチョコ
  グミ・ラムネ・ビスケット・鈴カステラ・かにチップ・おせんべい
  
  どちらかというと、健康志向だけど
  お菓子の家を建てて、住んでみたいほど お菓子好き。
  
  
  たっぷりの野菜・お魚・お肉・乳製品・玄米・麦ごはん・海藻・大豆・果物
  バランスよく食卓を飾るのが好きだけど、
  ドーナッツとホットケーキもよくたべる。
  
  ごはんも、おかずも、 お菓子も バランスよく。
  

  カラフルなお菓子の、はかり売り[:ぴかぴか:]

  ポテチしか みえない [:ハート:]

    ムシバに注意[:キスマーク:]
  

2007年07月10日

peace☆

  髪の毛をととのえに、 eNFLeURAGe 星野明子さんの元へ。 [:ハサミ:][:ぴかぴか:]
  すご~くきれいに星野さんの息をふきこんでいただいて、す~っっ[:ぴかぴか:]としたら、
  自分でもできるようなヘアアレンジを教わりながら、施していただく。
  ふだん、¨クセ毛風味のストレート髪¨で過ごす日々なので、
  くるんくるんした、ぽんぽんヘアがいつも恋しくなる。
  教わったように、お家でもヘアアイロンを使ってやってみよう。
  
  う~ん・・この写真だとわかりにくいけれど・・・↓
  ぽんぽんくるくるん[:富士山:]ヘアであります。

  
  すてきな空間には、すてきな方々があつまる。
  
  [:カメラ:] 星野明子さんと、ヤンヤン矢野さん。
    MORIOKAさんが、パシャリ[:ぴかぴか:]撮ってくださいました。
    どうもありがとうございます。
    また次回、ととのえていただくトキがたのしみ [:ハサミ:][:ニコニコ:]
   
  

2007年07月09日