2007年12月のブログ

   
    ロックン ロールキャベツ
   
   20071217111213.jpg
    ススメ 食欲 ♪

2007年12月17日

one

  いかん・いかん~!
   風邪ネタで、滞っているのなんて、いやだ・いやだ~!
   でもなかなか美声がもどらない・・・ア~♪ア~♪
 
   まだ、けほけほっと咳きこんでしまいます。
   おっと
   いかん・いかん~!
   これじゃあ、また風邪ネタになっちまうヨ。
   (マスクをして綴っておりますので、ご安心ください。)
   昨日、前々から友人と計画していた、ある¨ツアー¨を敢行いたしました。
   (わたしは、マスクをして参加いたしました。)
   ホラ、わたくし、
   先月メデタク、免許証を取得した!ではありませんか![:グッド:]
   ということで、ベテランドライバーの友人ふたりに指導してもらいながら
   初ドライブ!ツアー[:車:]に行ってまいりました。
   強化合宿?をにおわせる、朝7時集合!で、レンタカーをかりて出発。
   ぶんぶん安全運転で心地よく走って、走って、
   まずは、お昼ごはんに、¨富士吉田のうどん¨をいただく。
   そう、山梨県まで走りました[:車:]
   あぁぁ 富士山も、とっても近くかんじる。
   三人で、六人前のうどんを食す。
   せっかくなので、温かいうどん・冷たいうどん
   両方あじわいたいね!と迷わず注文。
   各々が、温&冷をもくもくと食す。ぷは~
   ごちそうさまでした[:富士山:]のあとは、
   さらに静岡県まで走り、
   ほんとにほんとにほんとにほんとに
   富士サファリパークへ入園。
   わたし、はじめて行ったのですが、
   スゴイのですね、自分の車のまま、入っていけるのですね。
   さっそく車の目の前を、熊が横断。
   ライオンがいて、トラがいて、チーターがいて・・・
   ほんとにほんとにほんとにほんとに♪・・・ほんとだなぁ。
20071215133608.jpg
       
   今回ふたりの友人のおかげで、わたしは心強く、運転することができた。
   ふたりはそりゃぁ内心ヒヤヒヤで怖かったかもしれないけれど
   ふたりがこのツアーをいちばん盛り上げてくれて、
   わたしはマスクの内側ですごく笑っていて、
   そして[:車:]安全に第一歩を踏み出せることができて、
   こういうとき、なんといえばいいのか・・・
   
   こころから 感謝 
   なのです。
   まぁそれはいつものことだな!
   
   
   ふたりのベテランドライバーの見解はどうなのだろう。
   走行中の指摘は随時いただきました。
   そして
 
   またツアー計画しよう
   また乗せてね
   そんな言葉が、今回の¨ツアー¨しめくくりに響いた。
   
   ※この日の60%くらい運転担当させてもらいました[:車:]
   
20071215153803.jpg
 この日のこと、ワタシの「安全運転の心得」にあらたに刻まれたのでした。
   
 [:犬:]兄弟でも、親子でもないですが、親近感をいだく[:カメラ:][:ぴかぴか:]
        わん     

2007年12月16日

っぴき

   今週はなぜだか、じっくりと、時が進んでいる。
   一週間、はやいわ~とは思わない、めずらしい週だ。
   毎日、なにかしら予定があって、しあわせだとおもう。
   ただ、実は
  
   今年はじめてひいた風邪が、まだ完全に治っていない。
   「一年に一度の、風邪。」をひいてしまったということは、
   相当、厄介なのだ。
   ちょこちょこひくぶんが、一度にまとめて、どっとくる。
   それは、大変キツイのです。
   夜中にいきなり寒気が襲ってきて、
   わざと?というくらいのガタガタとした震えがとまらなくなる。
   そしてグングン上がっていく体温。
   意識が遠のいて、会話もままならないくらいである。
   翌朝、だいぶすっきりして目覚め、
   昨晩のアレはなんだったのだろう・・・と恐ろしくなる。
   そして
   風邪をひくと、涙もろくなる。
   一年に一度の風邪、特有のものなのか?
   ぼ~っとしているくせに、変にナイーブな自分がいる。
   感情がシンプルになるせいか、妙に、素直である。
   いや、そういう自分も、
   一年に一度、いいもんだ。
   
   きょうは今のところ、しゃきしゃき過ごしております。
   一年に一度の風邪っぴきから抜け出して
   はやく完全復活したいよ。
   
   
 

     おばあちゃんと
  
   
   

2007年12月14日

ごちそう


    ほっこり焼き芋だよ!
    魚焼きグリルで、コロコロ転がしながらじっくり焼きました。
    なると金時とか、あまいお芋がオススメ。
    ほっこりほっくりするねぇ
    
     そういえば
    ジャガイモで、「インカのめざめ」という品種があるらしい。
    ものすご~くあまくて、濃厚な味わいなんだそう。
    一度、たべてみたいなぁ~
    

2007年12月13日

ライフ

  
  今日、友人とおしゃべりしていて思ったのですが、
  わたしが今年
  風邪ひいたのって、今回がはじめて!
  
  (頭を手でおさえて)
  ちょっとココがアレだから風邪ひかないのですよ~ わたし。
  と言うのが趣味だったし、特技でもあったので
  風邪なんて・・・
  いやぁ~しかし
  一年のしめくくりで、ひきましたね。まんまと。
  油断大敵!という言葉がこんなにしっくりきたことも、すごいなぁ。
  だってもう復活しましたが、
  声がちょっと・・・うつくしくない、ハスキーボイスです。
  電話してても、わたしだよ!って言ってるのに
  疑われる・・・みたいな?
  イヤそれ、どんだけ嗄れ声やねん!
  あぁ さびしく ひとりノリツッコミしています。しかもつまんない。とほほ
 
  
  とにかく、
  年に一度、風邪をひいてみると
  風邪をひかない生活が、どれほど素晴らしいか・・・
  思い知りました。
  唄も、心地よくうたえないし・・・鼻つまって耳もヘンで、音程とれないし
  どんどん声は悪化してゆくし・・・体温ばかり無駄に高くなるし・・・
  大丈夫
  完全復活するまで、できるだけ安静にすごしているし、
  のど飴なめて、水分とって潤しているし
  なによりも、元気な自分を希望しているし。
  元気な自分で、あたらしいスケジュール帳を選びにいきたいし。
  あぁ 先日、楽器やさんで
  どうしても欲しい!ギターと出逢ってしまったし・・・
  「出逢いは、突然 やってくるんですね・・・」
  なにかのキャッチコピーみたいな言葉も、浮かんできたし。
  
  
  風邪ネタで、ここまで綴るとは。
  (ガセネタじゃぁないよ)
  
  それくらい、風邪ひいた自分がめずらしいです。
  とにかく
  元気を、希望します!
  
  街ナカでも、咳をしている方とよくすれちがいますが、
  お互いはやく治しましょうね!と
  ひそかにテレパシー送っています。
  お元気な皆さんを、希望します!
  鼻もつまらず
  咳でくるしくならず
  熱で頭がボーっとせず
  
  すやすやと眠りたいものです。
  
  
  

2007年12月12日

シー


   
   風邪ひいているときって
   自然とビタミンCを欲している。
   身体が求めている。
   気が、する。
   ゆず茶、ホットレモン、ローズヒップティ
   今日は、シーをいっぱいのんだ。
   柑橘系は大好物だけれど
   いつもだったら、
   珈琲、紅茶、緑茶
   メドレーなんだけどな。
  
   今日は映画館へ行った。
 
   「once ダブリンの街角で」 をあじわった。
   
   話すように、ギターを奏でたくなった。
   そういうふうにもできるように、ギターと近づきたいとおもった。
   フレッシュネスバーガーのホットレモンは
   スライスしたレモンがゴロゴロはいっている。
   魅力的ダ。
   鼻がつまっていなければ
   さらに美味しくあじわえただろうに・・
  
   レモンネタで思い出しましたが
   レモンサワーも、好きだな。
   生がいいな
   種、浮いてていいっす。
   
   ここまで言っといて何ですが、
   風邪ひいていないですよ~
   たしかに  
   土日は、ひそかに寝込んでいました。
   が、もうすっかりゲンキですよ~
   風邪ひいていても、食欲はあいかわらずあるし
   もしくは普段以上にあったし、
   心配ご無用ですヨ~
   インフルエンザの予防接種は、もうすでにしております。
   風邪ウイルスというものは、ほんと予防しようが無いですからね
   うがいと手洗い
   シンプルイズベスト
   これですよ
  
   皆さま、お気をつけてください。
   風邪ひきたいときには各自、誰にも迷惑かけずにひいて、  
   ひきたくない時には、じぶんで身を守り、予防しましょう。
   わたしはたぶん
   ひきたかったんだと おもいます。
   不謹慎ですが・・・
      
   お仕事も予定も無かったので、いいんですたまには。
   だって、あのとき
   手洗いだけして、うがいを怠りました。
   いつもは必ずするのに・・・ばかばか
   わたし自身がわるい。
   しかも風邪をひかない!ということが特技みたいなものなのに。
   なにやってんだコラ
   こんな時期に。
   あぁ 怒らないで怒らナイデ
   風邪ウイルスなんてよせつけない、スマイルをバリアにして
   (昔やった!バ~リア!みたいな。)
   走り回ろう。笑顔でいよう。
   ひそかに
   ブルブルふるえながら布団にくるまって寝込んでる自分より、
   みんなのいるセカイで
   ワハワハと豪快なスマイルでいる自分のほうが断然いいや~!
   長々と病んでる場合じゃないってこと。
 
   掘れば、たのしいことザクザク
   目を閉じてるばかりじゃ置いてかれる
   笑顔でいきて
   タマシイに栄養はこんであげないとな
   
   でも結局は
   「病は気から」
   それはキット真実ダ
   どんな病にかかろうとも
   何度かかろうとも 
   一生を通して、
   自分の人生よいものだと
   いつかそのとき自分で受け止められるように
   あらゆる角度から自分を大切にしようとおもう。
   食べること働くこと悩むこと
   すべて根はふかい
   そして繋がっている
   「気」
   あなどるなかれ
   
   
   
   すみません
   不謹慎なことも、言いました。
   だけど
   希望のない、マイナスな要素の
   想いは
   一切含んでおりません。
   
   
   そこだけは
   いつもブレたくありません。
   
   
   年の瀬に向かって
   さらに
   皆さま
   ご自愛くださいませ。
   
   
   あいをこめて

   
   

2007年12月11日

Pink

   
   どちらかというと
   誕生に近い年齢のころ・・・
   日本語がへんかな、
   ものすごく幼いころ・・・
   わたしは手が、とって~もキレイだったらしい。
   ママコ曰く、
   指がすら~っと細くてながくて、
   この子は手がきれいだ・・・といつも思っていたらしい。
   
   しかし
   自分のことは一応、自分で何でもできるようになって、
   母親の目の行き届き方が、ゆるやかになった頃には
   もうすでに自分の手は、うつくしくはなかった。
   自分でそう、おもう。
   ママコが言うように、自分で、自分のキレイな手のイメージさえ湧いてこない。
  
   こんな、手 です。
   
   お世辞でも、指はすらっと細くてながいなんて言えないし、
   爪のカタチもあまりキレイではない。
   手の内側にいたっては、料理を豪快にするようになってから、
   着々と、皮膚が分厚くなった気がするし。
   こんな、手 です。
   パッとしか、見せられないナ。
   まじまじと見つめないでヨ、なんて。
   わたしは、キレイな手のひとをみるとうっとりする。
   
   この手にも、歴史があるんだと
   さまざまな過去に耽りながら、今も、こんな手と指で綴っている。
   いろいろあったよネ
   
   ママコに、昔はあんなにキレイな手だったのにねぇ~と言われたこともある。
   って言われても、それが自分で浮かんでこないから、切ない。   
    
   なんだか
   そんなことを沸々と思ったりしながら、手をひろげて
   ピンク色のマニキュアを塗りました。
   ショッキングよりの、ピンク色。
   ドギツイ色のマニキュアを欲するときは、かならず、なにかが自分にアル時。
   前々からそうなんです。
   気分上げていこうぜとか、いろいろ
   ものすごく個人的な、カツ!
   
   
   いろいろあったよネ
   あるよネ
   
   
   あしたからも
   がんばっ手いこう。
   
   
   こんな、手 です。
   握手も、拍手も、よくします。
   お箸もつのも、ダキシメル手も、バイバイする手も、この、手。
   
   この手から、はじまること
   いっぱいあるネ
   
   繋がっていくんだネ
   これからも
   どうぞよろしくね
   
   
   
        

2007年12月09日

ルー

  
  大柴さんが、芋焼酎のことを
  ポテト焼酎とおっしゃっていた。
  
  ぬくぬくあったまりながらのんでいたホットミルクを
  ムハッとはきだしてしまいそうになった。
  
  

  八景島シーパラダイスで、泳いでいた白くま。
  どなたか着ぐるみのなか、入ってらっしゃいます?
  
  思い出すだけで、ウハッと笑みがこぼれ ルー。

2007年12月08日

モット

  
 ながく、愛していただきたい ものです。
 今を、ながく あいしてください。
 
 先のことは、自分の決めている計画以外は、全くもってわからないから
 希望だけこころに
 どうなるかわからない先のことは、とりあえず措いておいて
 
 どこまでいけるのか分からないけれど、どこへむかうのか知らないけれど、
 いつもやってくる いま いま いま
 
 常にある 今 今 今
 あいしてください
 そうしてください

 
 
 
 ください。
 その 今 が 積み重なればいい
 
 コワレモノでは無いけれど、ナマモノですよ 
 今、今、今 常に新鮮。
 生きております
 
 
 もっと
 ふれあって みて 
 
 あじわって みて ください
 

  ふれたい
  
  あいたい
  あい したい
  
  
  モット 今
  

2007年12月07日

ポンポン

  
  (注:このポンは、
  うちの父・しげぽんのポンではない。)
  
  
  それがたとえ小物でも大物でも、
  モノを購入するときは、かならず悩む。
  一色とか、ワンパターンしかない場合は良いのだけれど、
  何色かあったり、いろんなバージョンがあると、
  あれこれ目移りもするし、なかなかすぐに決められない。
  
  赤もいいけど、ネイビーもすてき!
  あ・・・でも、茶色も捨てがたいな・・・あ・・・黒でもいいかも・・
  そんなこんなで、なかなか決まらない。
  そりゃたま~に即決のときもアリますよ。
  ものすごくお気に入りのものがあれば、色違いでも揃えたりもしますが。
  ひとりで選んでいるときは、
  店員さんをつかまえて、ちょいと意見を聞いたりします。
  ど~ですか?赤だと、コレあたしが着ると、サンタみたい?になっちゃいますか?
  大丈夫ですか?
  え?もしくはパジャマっぽくみえるとか?
  あ、でも顔が地味だから、これくらいパキっと映える色でも良い気もしますよね・・
  いや、でもな~ ・・・
  などと、
  ひとりで語りすぎてしまう。テヘ
  本心としましては
  客観的な意見も取り入れたいとおもいましてお聞きしてみたくなるんです・・・
  外側からみえる印象をさらっと言っていただきたいのです。
  長々と居座って、すんません。
  
  ヘアピンでも
  悩んだこともあったな。
  たとえば、あのときの
  ポンポンがついている、ヘアピン。
  横わけにした前髪を、ぽちっと留めたいとおもいまして。
  ポンポン付きヘアピン
  選考、第一段階は
  赤、黒、茶色、ピンクから。
  赤っていってもボルドーっぽい赤。これ、シックでいいんじゃないの~。
  髪が黒だから、黒のポンポンだと同化しすぎるな~
  茶色、あ、これは落ち着いてていいかも。
  ピンク・・・いつもだったら選ばない気もするけど、つけると意外とかわいいぞ・・
  ということで、黒は意外とすんなりあきらめる。
 
  それでもあと3色・・・
  
  選考、第二段階
  赤、やっぱりいいよな~ ボルドー、洒落てるワ。
  茶色、落ち着いてて馴染むけど、いや~ヘアピンは派手でもかわいいやん。
  ピンク、
  ほんと、意外といいんやよなぁ~ぽちっと小規模ですから、ピンク優勢かも。
  
  そして
  無難な茶色はあきらめる。
  最終選考は、店員さんを交えての話し合い。
  
  おきゃくさま、どちらもお似合いになってますよ。
  お好きなほうで・・・
  
  あ!赤だと、
  遠くからみて、おでこから血がでているみたいに見えませんか?
  え?そこらへんは大丈夫?あ?そうですか?
  ピンク、かわいいけど、お馬鹿っぽくないですか?
  ヘンなコみたいに見えませんか?大丈夫?ですか?
  ・・・ 
  こんな発言をしているわたしそのものが、なんだかあほらしい。
  なんでヘアピンひとつにこんな会話が行われているんだろ。
  
  いや、状況を綴ると、30分~1時間くらい悩んでいるようにもみえますが、
  お店に足を踏み入れてからお会計まで
  約15分~20分間くらいだったはずです。ええ。
  
  まぁこんなふうにして、こんなことでもちゃっかりと
  足跡をのこしていくわけですワ。
  ちゃんと、店内の空気よんだり、店員さんの顔色も伺いつつうまくやってますワ。
  店員さんに、営業スマイルとはひと味ちがう、
  自然とふふふな笑顔をしてもらったときには、あたしゃ至福な気分。
  そんなささいなふれあいを勝手にたのしんでいます。いいよネ、たまにはサ。
  
  え?
  そういえばポンポンって?
  これ、です。
 
  ポンポン。
  選び抜かれたピンクぽん。
  
  

    テヘ。
   (ピンクぽんにしたものの、まだお家の中でしかつけたことが無いですポン。)

2007年12月06日

もっと

 
 その①
 一気に惹かれて、一気にはまって、一気に飽きる。
 その②
 ほんのちょっと気になりだして、ちょっとずつ好きになって、ながく続く。
 
  
  
   
   
  
  
           
           

2007年12月06日

ます

  トシ 相応 で、いたいとおもう。
  いつだって。
  ありのままの自分でいれたらいいなとおもう。
 
  「若くみえる」と、言われたりする。
  それは、心の奥底ではあまり喜ばしいことではないなと思ってしまう。
  特に自分では若作りなどしているつもりはないし、
  そんなふうには見られたくないとおもっていても、
  なんだか
  「若くみえる」という、そう見える時点で、
  ありのままの自分じゃない気がしてしまう。
  つくっていないのに、¨つくっている¨ような気がしてならない。
  そう思わずにはいられない。
  いくら、大切なのは中身だよと言っても
  まず触れ合う部分は、外見の姿。
  外見の、鎧を
  皆に披露しているわけだから、
  ここで生きている姿、トシ相応でいたいんだ。
  
 
  服装や、髪型や、ふとした仕草、歩き方、笑った顔、やるせない表情、
  ぜんぶ
  ぜんぶ
  今まで生きてきた自分をすべて込めて
  今ここで生きている自分の姿に、映し出したい。
  それこそが、トシ相応。
  十人十色、自分自身のトシ相応。
  じぶんらしくいるために、
  服装だって、髪型だって、いろいろ開拓してみる。
  いつだって
  じぶんらしさを、さがしている。
  
  この年齢は、こうだ!こうでないと!というテキストなど無い。
  ただ、いつも
  ありのままの自分でいることに、挑戦していく。
  自分らしい、いまの自分を、外見の姿にも刻んでゆく。
  
  そういう意味で、おしゃれでもいたい。
  センスを磨きたい。
  
  外見の鎧で、パパッと判断されることが、世の中にはよくある。
  自分だって、他人を外見で判断してしまうことがよくある。
  ときに、誤解もうまれる。
  それは損でもあるんだ。
  いい意味で、もっと利口に生きよ。
  ちっぽけな思い込みなんて、放ってしまえ。
  よ~く学べ。
  自分でも納得のいく、本物の
  トシ相応に
  立ち向かえ。
  五感を研ぎ澄ませ。
  
  服装も、
  髪型も、
  今の自分に、相応のスタイルを。
  いま生きている自分を刻む、
  とびきりおしゃれな自分らしいスタイルを。
  
  大いに着飾れ
  トシ相応を、身につけろ
  
  
  「トシ相応だね」
  
  それは
  ありのままの、わたしへの褒め言葉。  
  
  
  あらゆる角度から
  自分を駆使して
  表現 していくのだ
  
  こうおもう、いま。
  
  

   お花のような
   ケーキのような
   鱒寿しをご馳走になった。  
   なんとなく目をつむっていただいたら
   鱒のあまさが、じんわりひろがった。
   もちもちのお米も、立派だった。
   
   ます・こしひかり 
   
   互いに、ありのままの良さを尊重しあっていた。
   外見にも、味にも、はっきり示しているのだ。
   素材のありのままの姿をみつめ、いちばん最高の姿を世にだすため
   つくりあげた職人さんの眼力・手腕が光り、ます。
 
  

   
   富山県ご出身のサトコさん[:ぴかぴか:]
   富山名産 味の山正の鱒寿し
   ごちそうさまでした
   
   

    サトコさん邸にて [:カメラ:][:ぴかぴか:]
   
     ありがとうござい、ます。
    

2007年12月06日

ざぴ

 
 ¨おから¨
 とっても具だくさん
 蓮根・椎茸・人参・鶏肉・油揚げ・ほうれん草!
 うふふゴージャス。
 
 
 おからって、
 スーパーマーケットでお豆腐コーナーにひょっこり売っていたりするけど
 100円くらいなのですよ。¨お気持ちだけ・・¨価格なかんじ。
 おからって、
 フライパンで乾煎りして、それをお茶パックとかに詰めてから
 軽く煮出してお茶にしても、香ばしくてイイ。
 ジャガイモのかわりに、おからを使って
 ハムやキュウリとマヨネーズであえてポテサラふうにしてもオイシ、イイ。
 
 昨晩は、煮物の¨おから¨をつくってみました。
 しっとりフワフワおから。
 岡ラ~♪
 大量にできちゃったワ。美味しくできちゃったワ。
 そして
 ¨おから¨をおかずにして、主食はピザ!
 焼いたのです、ピザを・・・。
 我が家には、ホームベーカリーがあるので、
 ピザ生地作りも簡単。
 生地ができたら、のばして
 トマトソース塗って、トマト、バジル、モッツァレラチーズをのせて
 いざオーブンへ!
 焼きたてを食べるのに夢中で、ピザの完成形は写真にのこせず・・・
 それでも、しあわせ気分で冷めたピザを激写。
 
 充分すてきヨ、アナタ。
 

 
 ¨おから¨とピザとサラダ
 それが昨晩の食卓
 ふしぎな組み合わせ・・・うふふ
  
  ツイシン・・・
 ピザ
 このカタカナ二文字を、
 なぜかひっくり返して
 ザピ
 と言うのが、好きです。
 
 なんでわざわざひっくり返すの?
 フツーに、ピザって言いなよ!
 
 う~ん、
 自家用の、ひそやかな楽しみですっ。
 
 ザピ、大好物。
 

2007年12月04日

師走

  
  ど~も 岡明子です。
  カタカナでも、書いてみます。オカアキコです。
  わたしのこと
  父母は、主に アコちゃん、と呼びます。
  兄男)は、アッコ、と呼んでいるとおもいます。
  友人は、あっコ、あっこ、アッコ、(←微妙にニュアンスというものが違うのです)
  アコ、など、わたしを呼んでくれます。
  事務所のスタッフさんには、オカちゃん~
  なぜだか名字を、ちゃん付けです。
  病院などでは、岡さん~と言われるとおもいます。
  犬からは、ワン!と吠えられますワン。
  
  このOKAgeブロギー(ブログに、勝手にブロギーとあだ名をつけました。)は、
  今年の6月にポコッと、うまれました。
  おっと、今日から12月突入だ・・・ということは
  ということは、半年たったのですね。
  6ヶ月ですか・・・
  いや、別にそんなに大げさに言うことでは無かったかしら。
  の時点でわたしは、このブロギーと半年、生きてきたということだ。
  そして、これからもお世話になります、なりたいです、ということだ。
  このブロギーを綴るにあたってのもありますし・・・むふふのふ。
  
  6ヶ月か・・・
  赤ちゃんだったら生後6ヶ月は、前歯がひょっこり生えてきたりするころかな。
  恋人同士の6ヶ月は、やっとちょっと相手のことがわかってくる?ころかな。
  もしくはいきなり、電撃結婚とかも、ありえたりするのかな。きひひ
  なにか、習い事をはじめて6ヶ月だと、
  成果がみえてきて、さらに!と欲がでてくるころかな。
  新しい家に引っ越して半年、だと
  近所の方々とも顔見知りで、ど~も~今日もいい天気ですねとか会話しちゃったり。
  近所の、ここのスーパーのお魚がいい!とか常連になりつつあったり、かな。
  ・・・・・・・
  OKAgeブロギー歴6ヶ月だと・・・
  どうなんでしょう
  まだまだなんとも言えません
  が、
  な~んか イイナ~~ なんて、綴っている張本人は
  のん気に思っております。
  師走か・・・
  
  師走ダ・・・
  そう思ったら、こんなことをカチカチと綴りはじめている自分がおりました。
  
  ど~も 岡明子です。
  三重県伊勢市が故郷です。
  四人家族です。
  父・しげぽんから、よく
  「アコちゃんは、田舎顔やでな~」と言われます。
  そんな父も、田舎顔です。
  
  なんのアピールや。
   デヘッ [:あっかんべー:][:猫2:]
  
  
  
  

   One On One オリジナルミュージカル
   Entertainer ~鏡に映る素顔~ を味わってきました。
   ご出演されていた北上智子さんと [:カメラ:][:ぴかぴか:]
   あたしら、おんなじ年なんだ~
   ¨ともちゃん¨と呼ばせていただいてます。
   
   今年の12月も、どうぞよろしくお願いいたします。
   おいそがしいとおもいますが、
   皆さまお体に気をつけて・・・[:もみじ:]
   わたしも げんきでおります。
   

2007年12月01日