2008年02月のブログ

TAWAGOTO

2008年02月28日


 人付き合いの仕方にも、人としてのセンスってある気がした。
 ふと。

 
 果てしなくあるとおもう時間のなかよりも、
 期限付き、時間に制限があるほうが、一瞬一瞬を大切にできるかんじ。
 そして時間切れの時がきて、なんだか淋しくて、まだ物足りない気がして、
 またの機会を夢見て期待する。
 これって、なんだろうな。
 ・・・
 一部の事から、こんなことをなんとな~く思って綴ってみたけれど、
 すべてのことに、終わりはあるもんだ。
 続く時間が長かろうと、短かろうと、
 また次へ、きっと続くための終わりがあるもんだ。
 寂しいことではなくって。
 だけど意外と、輝いているとき・ノリに乗っているときこそ、
 脳裏に終わりがちらついて、ひそかにひとりで不安になったりするのだ。
 あぁこのままずっと続けばいいのに・・・
 ・・・いっその事、この瞬間にとろけてしまいたくなる。
 だけどだけど
 終わりがあるから、スベテ成り立っていて
 はじまりを迎える。翌日がやってくる。
 終わりは哀しい悲しみではない。終わる終わりではない。
 挑戦することや、夢だってそうだ。
 
 
 またあいましょう きっと もっと
 
 この文章は、たぶん何度も書き直したり書き足したりすることに、なりそうだ。
 
 おやすみなさい
 
 と、
 ありがとう
 いまのワタシをこめて
 
 
 
 

2008年02月27日

mincyu 第八回目


  さっそく、デデ~ん!っと。
  
  焼豚?煮豚?・・・チャーシュー?です。
  生姜焼きの甘みをママレードで味付けする!という原点は、ここにあり。
 ・豚バラ肉ブロック
 ・にんにく2~4かけ
 ・醤油
 ・ママレードジャム(甘みの少ないもの)
 
  あとはお好みで、日本酒
 
 下ごしらえとして、ブロック肉のあらゆる面に、にんにくをこすりつけておきます。
 (そのにんにくも後で一緒に煮込みます。)
 
 鍋を熱して、軽く油をいれます。
 (ブロック肉にあまりにも脂が多そうな場合は、油はひかずそのまま熱してもよし。)
 じんわりと、焼き色をつけていきます。
 横に、にんにくもコロコロいれておく。
 お肉の全面に軽く焼き色がついたら、弱火にして、
 醤油、ママレードジャムを同量、お肉が半分くらい浸るようにいれます。
 (ここでお好みで日本酒を少々いれても美味しいです。)
 
 あとは蓋をしめてグツグツと、全面に味がしみこむように、
 たまに、ころがしながら煮込んでいきます。
 色が濃くついて煮詰まってきたら、煮汁をなめてみて、
 醤油かママレード、お酒を足したりして調節します。
 いただくときに、千キャベツなど野菜をたっぷり添え、そのソースにもするため、
 味は少々濃い目でも大丈夫です。
 煮汁も良い感じにまったりしてきて、
 お肉の色もこっくり色付いてきたら、火をとめます。
 でき上がったら、もちろんすぐにいただけますが、
 半日から一晩くらいおくと、煮汁の脂が白く固まっているので
 それを取り除いてからでも、また美味しくいただけます。
 出来上がったお肉のかたまりを、カットしていきます。 
 これも至福のとき。
 そして
 千キャベツ、オニオンスライス、レタスなど
 野菜をたっぷり用意してください。
 今回、わたしは山盛りの千キャベツと、パプリカを添えました。
 
 野菜とチャーシューに、煮汁をかけて出来上がり。
 

 
 醤油・ママレードジャム・にんにく
 それとお肉の旨み、これだけでこんなに絶品メニューになるのはスゴイ。
 
 母・ママコが圧力鍋で本格的につくる焼豚も、幼い頃からの大好物だけど、
 パパッと自分でお手軽に作れるこんなご馳走ふうメニューも、なかなか良し。
 
 スーパーマーケットで、ブロック肉と目が合い、
 久しぶりに作ってみたこのメニュー。
 せっかくなので友人にも食べてもらったら、
 八角(スター・アニス)を入れて煮込んでみても美味しいのでは?
 と、アドバイスをもらった。
 
 グルメな友人に手料理を食べてもらうのはちょっと緊張もするけれど
 そこからまた味わいを向上させるヒントがひょっこり生まれたりするもんだ。
 そんなグルメな友人をお世辞ではなく?美味しい、と言わせたこのチャーシュー、
 みなさま、是非おためしあれ。
 
 厨房に、はいりましょ[:キスマーク:]
 
 

2008年02月26日

空へ


 あの、アイビーさん、ルンルンとお元気です。
 いつも、適度に陽が当たるスピーカーのうえが居場所。
 音楽も聴いてるネ
 

 
  ほら!根っこも激しいっす。 ルン♪
 

2008年02月26日

sweet home


 
 ホームシック気味。
 ちょびっと、だけ。

 こんな言葉わからないと思っていたのに
 わかる、
 6年目

 信じたい
 がっかりは、いやだな。
 
 ほろにが ビター 
 信じ、よう
 ときに、とびきりあまいやつを
 
 
 
 
 
  

2008年02月25日

DOKI

 
 わたしの2月、そういえば去年もドギマギ!していたのだった。
 まったりしていられない、こころもいそがしい時期のようだ。
 
 
20080223225749.jpg
 寝不足が続くと、わたしは体調を崩しやすい。
 ねむろう・ねむろ
 ほっくり眠ろう
 どきンな明日をかんじて

2008年02月25日

OH~!


 
 なにかにふっきれたり
 大口たたいてみたり
 へへへと笑っていたりするけど
 なんだか自分の調子がおかしい。
 いい状態では、ない・・・ような
 軽やかにハミングできないかんじ。
 
 あかんぜよ、こんなんでは。
 

 きっと忘れかけている?かもしれない車の運転がしたい。お~っ
 ずっとだせないまま
 ずっと手元にある贈り物を、とどけなきゃ。
 おぉ~っ
 
 
 
  

2008年02月20日

帰宅。

  先月中旬ごろから、つい先日まで、約3週間
  演出家・和田憲明さんの演劇勉強会に参加させて頂いておりました。
  
  ひとつのことを何が何でもやり遂げるということは、
  覚悟や忍耐や向上心・・すべて、マイペースの基準で挑んでいるようじゃ駄目で、
  相当なパワーがいる。
  今までどこかで恐れていた、自分の殻を破ることとか、
  当たり前にしなければならなくて、そして、して当然であって、
  自分で自分を壊す作業(向上するため)というのは、心底くるしい。
  
  日々、いろんな出来事をそれなりに体験して、出逢って、感じて、
  いままで通り、適度にぬくぬく生きていく、というのも
  それはそれで良いのだけれど、
  自分はこれから・ここから、どうしたい?
  どうなりたいのか・どうなっていきたいのか・どうすればいいのか
  自分のために、自分と真剣に向き合って考えてみた。
  自分のほんとうの、¨本音¨を掘り出してみた。
  自分のために、自分自身をもっとみつめて、理解して、
  自分の駄目な部分・イヤな部分を誤魔化さず、しっかり認識した。つもり・・
  
  でも恥ずかしいくらい認識できたものの、様々な短所を改善させるというのは、
  面倒だし、実際どうすればいいのか行動力もないし・・・絶対つらそうだし・・・
  すでにこの時点で、せっかくここまで自分をみつめた自分から、逃げたくなった。
  だけどここでダッシュで逃げたら、いままでの自分と何ら変わらない。
  それもたっぷりわかっている。
  こんな自分ダメだよなぁとなんとなく思いつつも、
  まぁいいじゃん、これも自分なのサと、変に割り切って、
  ついつい自分を甘やかして、護りにはいってしまう。
  自然とそんな図式ができている。
  いいことでもよくないことでも
  毎日続けていることがあると、それが自分にしみついて、
  自分にとって、¨普通¨や¨当たり前¨になるから、すごい。
  
  いい、と思うことならば、¨いい¨を普通の自分にして、究めていけば、いい。
  だけどその前に
  いい・よくない
  を、見極める必要はある。とおもう。
  
  
  ゆるんだまま、を普通にしていくと、早かれ遅かれ、ずり落ちるんだゾ。
  今まで何度ずり落ちたことか!
  よくないこと?と薄々わかってはいながら、まいっか。
  そりゃ、ずり落ちますワ。
  だから、まだこんな中途半端な自分がいる・・・
  わかってんだったら、なんとかしろ!するべきだろ。
  何とかする、ということが、自分をかわいがる・大切にする、ということだ。
  はきちがえるな。
  中途半端な自分なんて壊せ、壊してしまえ。
  これからのためでしょ
  ほんとうの意味で、自分を大切にするために
  
  和田さんの勉強会に参加するということは、
  わたしの、わたしへの挑戦でした。
  この3週間
  何度も、自分から、稽古場から、逃げ出したくなりました。
  もうやめたくなりました。もういいやと投げ出したくもなりました。
  だって想像以上につらかったんだもん
  ・・・・・・・
  
  なんだかんだありすぎ!ながらも
  やり遂げた自分、だけどそりゃぁぁ まだまだまだ未完成品。
  完全に壊せたわけではないのもわかってる。
  殻を破りきったわけでもない。
  だけど、こんなにものすごいきっかけを頂いたのだから
  このまま持続させて、¨いい¨自分を、普通にしていきたいと心底おもうのだ。
  変わり目がいちばん重要。
  続けること、追求し続けることで、描きたいこれから、に光がさす。
  わたしはこう、しんじている。
  大変だけど
  いばらだらけの道のりだけど
  それでも
  自分が必死にオモイ描く、
  こうなりたい・こうなる
  ための、修行。
  
  
  
  演劇勉強会、
  3週間の集大成は、締めくくりの日に稽古場にて、発表会がありました。
  たいせつな方々にも見届けていただいた。
  
  こう、簡単には言いたくないけど
  「やってよかった」
  いま、素直におもう。
  
 
  深谷愛ちゃんも、お忙しい中かけつけてくれた。
  
  やっぱりいつも
  みなさまに感謝
  岡 明子、
  修行から無事、帰宅しました。
  ひきつづき、じぶんと闘います。
 (あまり無理はせず)←とかつけくわえてみたりして・・[:あっかんべー:]
  
  

2008年02月19日

ご案内

  
  [:テレビ:] 今夜19時56分放送、
  TBSテレビ 「学校へ行こう!MAX」
  ¨岡田准一さん写真企画¨のコーナーにて
  ほんのちょこっと、出演させていただいております。
  よろしくお願い致します。

2008年02月19日

やり遂げ

2008年02月18日

サク


   サクサ、クサクサク と
   レインブーツで、踏みしめた帰り道。
   湿っぽい、自分、
   ちょっとドライに、いこうゼー
   
   
   

2008年02月09日

blue


その場しのぎの
気休めの言葉はいりません
すべてしんじて
それも支えにしたりしてしまうから
後々あれは気休めの言葉だなんてわかったら
どうなってしまう・・・?
毎回あれやこれやと打つかって故障してばかりのわたしです。

2008年02月01日