2008年03月のブログ

ピ、

5、6年前に買ったピアスを、最近お気に入りでよくつけている。
20080331113259.jpg
宝石?バコの奥に、眠っていたものです。
コレがすご~く、今の気分。
黒~白~グレイの色あいで、ハート型。
良い感じの重みで、ぶらんぶらんと揺れる。
髪の毛の色も明るくないので、色が同化してひそかにぶら下がってるかんじがイー。
ぶらんぶらりんと揺れたい、そんな気分。

2008年03月31日

山羊座

数年前、デパ地下の点心やさんで働いていたことがあって、
わたしは毎日ひたすら餃子を包んでいた。
そのおかげで、餃子を包む!ことが特技、になった。
皮にまんべんなく具をひろげたら、
左手で支えて、右手の親指と人差し指でふにゅふにゅっと、ひだひだを作る。
具をノリがわりにするので、水は使わない。
毎日包み続けていたら、
いろんな具材にこだわって美味しい餃子をお家でも作ってみたくなった。
キャベツ、白菜、にら、ネギ、しいたけ、生姜、にんにく、
セロリ、青じそ、エビ、梅干、キムチ・・・・・など
いろんなバージョンの餃子を作っては、食卓に登場させている。
わたしの餃子は、豚ひき肉よりも野菜の割合のほうが多いのも特徴的っ。
パク、パクと食がススム、ススム。
本日の餃子は、豚ひき肉・キャベツ・白菜・ネギ・セロリ・生姜・にんにく
セロリの食感と風味がいきるシンプルなギョーザ。
20080329203648.jpg
わたし、1月3日生まれ、山羊座です。
(ギョーザ、じゃないよ、なんちゃって。)

2008年03月29日

たべたい

ぽこっ
20080328161824.jpg
ぴちっ
ここの鯛焼きは、
皮と皮で、サンドしてあるみたいじゃ。
20080328161742.jpg
鯛焼きは、ハラゴシラエにピッタリじゃ [:ハート:]

2008年03月28日

だいす木

コブシが咲いてる~

 
窓をあけて、外の空気をびゅうんと感じられる気持ちいい季節になってきた。
コブシと木蓮って、似ているよなぁとおもっていたけど
おんなじモクレン科なのだそう。すごく大好きな木。

2008年03月27日

BABY


 
映画「ハンサムスーツ」の撮影で、妊婦役に挑戦。
おなかに赤ちゃんがいる・・・と思うと、歩き方も、立ち姿も、話し方も・・・
すべて妊婦さんらしくなってくるから不思議。
あぁしあわせ
今のわたしにとても重要な、ぽかぽかした心地を経験。
表情も自然と穏やかだった気がする。
 
こどもたちにも、赤ちゃんがいる~とフェンス越しに話しかけられる。
うふふふふ

大先輩、海原ローラさんとの出逢いにも感謝。

2008年03月26日

PLAY

 ちょうど一年前、お世話になった遊座(あそびざ)の第二回公演
 「リンゴの木の下で~昭和21年のジャズ」を味わう。
 わたしも去年ココでやったんだ~と思うと、とてもとても感慨深かった。
 プレイヤーとして新国立劇場に、また立ってみたい。
 またいつか新たな自分で、
 昨年やった¨賽子姫¨も、もう一度やってみたい。
 
 

 
 新国立劇場をでて、パシャリ[:カメラ:]
 偶然お会いした!白川りささんと。
 たまたまおなじ回を観てたなんてうれしすぎる~。
 りささんは、一年前の公演「いとしの儚」でご一緒させていただき、
 後々、このブログの居場所を作ってくださった方。
 りささんと、新国立劇場のすぐ側の立ち食い蕎麦屋に、(おいしくて有名なのだそう)
 公演中の早朝、通いました。
 かき揚げ蕎麦が人気っ!
 
 

2008年03月25日

   
 昨日は、同居人「爪」を味わう。はじめて、新宿ゴールデン劇場へ。
 帰り道、もう一度あじわいたい・・・とおもった自分がいることにふぁっと気付く。
 お芝居、映画、本、音楽、ひと、
 ひとつひとつ出逢うもの、すべてがリンクしているんだなぁとおもう。
 わたしのなかで、まわりで、
 まだ、知らないところで。
 
 今日は、ぽかぽか陽射しが暖かい。
 急遽オーディションが入り、歩いて会場へ。ほんのり汗じわり
 つい最近、ボルドーレッドのマニキュアを塗ったばかりだったのだけど、
 うむむ、この爪じゃな~っ・・・
 役に合わない気がして、寂しくもすっぴんの爪にもどす。
 そんなささいな想いも詰め込んで、挑む。
 これで決まれば、言うことなし。
 
 
 
 
 

2008年03月22日

卒業

昨日は友人の大学の卒業式で、
袴を纏い出席した友人が、式のあと艶やかな姿を披露しに会いにきてくれた。
すてきすてき[:ぴかぴか:] 

明るい未来を願ってる

ルルル~

 どんな卒業ソングを唄おうか。
 卒業おめでとうございます[:ぴかぴか:]
 

2008年03月18日

タオルケットのはなし

くんくんくん
くんくんくんくん
おやすみの友、タオルケット
ものすご~く自分臭がして、これがたまらないんだー
だっこしたり首元にデレッとかけたり頬ですりすりしてみたり
これがあるから安眠できるんだー 寝起きも機嫌いいんだー
わたしのタオルケット歴はけっこう長い。
使い続けているとやはりボロボロになってくるので、見た目的にも限界がきたら
新たなタオルケットにかえることにしている。
使い込んで感触がクタクタなほど、肌ざわりもよく心地よいので
(自分臭もドップリしみこんでるし)
使い込めば込むほど、なかなか手放せなくなるのだけど
さらばの時期はいつかやってくる。
小学生の頃、ぼろぼろになっても愛用していたタオルケッティーを、
汚い!と言ってママコに捨てられ、新しいものがいきなり用意されていたときは怒った。
いつものように、あの手触りや、香りをたのしみにベッドに入ったのに、
あたしのタオルケッティーが、無い、無い、ない!
あれは怒った、怒った。がっかりして、翌日もママコと口をきくのも嫌だったくらい。
すごいなー タオルケットの威力は。
バスタオル二枚分くらい?のけっこう大きなサイズ。
いまはベッドに二枚ふんわり横たわっています。
茶色とピンクのやつ。
20080318130217.jpg
茶色のほうを、いつも傍にくっつけて眠るので、自分臭が濃い。
ピンクのほうは、ママコや友人が泊まりにきたりしたときに貸してあげる用。
ほぼ、わたしの香りはくっつけていませぬ。 ふふふ
そんなこんなでピンクは、積極的に洗濯しますが、茶色は、あまりすすまないんだー
洗うよ、ちゃんと気が向いたら、洗ってますよ。
[:ノーノー:]こんなこというと不潔なかんじだけど、
洗うことで、日々くっつけていった自分臭が消えてしまうのが寂しいんだー
(洗ってますよ、気が向くようにして、ちゃんと洗ってますよ)
そんな風に思っちゃうくらいに
タオルケット、けっこうわたしにとって重要なものなんだー
20080318130238.jpg
ママコが、眠っているときに喉が冷えるとよくないからと言って、
布団だけじゃなく、タオルケットをかけてくれたことがはじまりだった。
兄弟だなー
兄男にとっても同じく、いまだにタオルケットは安眠の友らしい。
地方ロケとか泊まりのお仕事のときも、余裕があればカバンに入れて
たまにホテルに持っていったりしているわたし。
あとは実家にいくときとかネ
タオルケットで荷物の嵩が増えるから、悩む。
でも安眠のため、持っていきたいー
半分にちょん切って、携帯サイズのタオルケットにして持って行きたいー なんて。
くんくんくん
あ~ いい香りがするっ[:ニコニコ:]

2008年03月16日

弥生


これは、昨年の夏ごろ。
友人のお腹である。
思わず写真にも撮らせてもらった、あらたな命が宿る神秘的な友人の姿である。
この新たな命が、昨年11月2日、産声をあげた。
友人は、母になった。

弥生くん・・・みつき君である。
産んでから、
「生」という字にとくに魅力を感じたのだそうだ。
友人から、思いを聴かせてもらった。
こころのなかで
わたしも、親からつけられた自分の名前を、有り難いと感じた瞬間だった。
そして今日は親友のお誕生日でもあり、
弥生くんはじめまして!の出会いもかねて、お祝いを。
いろんな意味で、感慨深かった。
お誕生日おめでとう
誕生は、おめでたい・・・
死ぬほどうれしい!・・・こんな表現はおかしい気がしてきた。
どれくらい、のことを思って言うのだろう。
そんな¨ほど¨は、きっとずっとわからない・・・・?
自分の命のなかに、さらに、命。
生きてみてごらんなさい
弥生からの無言のメッセージ。
なによりも説得力がある

2008年03月15日

ベリーベリー


  グッド
 
20080314004301.jpg
 兄男のお誕生日!

2008年03月14日

ベリー

20080314005102.jpg
いちご狩り、今年もいきたいなぁ~。
とある、いちご狩りのバスツアーで、
いちごを食べた数が多い人・・いちばん!だったこともある。
すきなのよ、
とくい?なのよ~
20080314004906.jpg
ベリーマッチ

2008年03月13日

ひかる

 
フットサルでも活躍中の深谷 愛ちゃんの応援にいってきました。
きらりと、汗も似合うひとって、魅力的!
あたしも、スポーツしたい!
応援しながら
どさくさにまぎれて・・・
学生時代の球技大会のコートに、タイムスリップしたくなったのでした。

ひかってるひとの姿をみると、げんきがでる。
 

2008年03月12日

椿

たとえばあの子に
もしかしてここらへんでバッタリ会うかも・・・ふらり想って、
しきりにまわりを見わたして気にしてみたり。
そこでホントにバッタリ会っちゃう場合もある。
だけどそういう時は、お互いが「もしかして・・」っておもってたからかな。
たまたま重なりあった気持ちから、起こりうる出来事。
そっか、片方だけの「もしかして」だけじゃぁパワー不足ってことだナ。
たまにでもそんなことがあれば、すごいことだ。うれしくなっちゃうことだ。

かわいらしくない・大人げない・素直じゃない
ピュアーじゃないのは、わたしのほうで
なんだか自分で自分にクタクタになっちゃうや。
じつは実は、リセットしたいって思うこと、山ほどある。
もう今更どうにもこうにもいじれない過去を、うまく整理できなくって。
反省は得意なほうだけど、後悔が同時にうまれてきて、さらに落ち込む。
今できること、今たいせつにしたいこと、本心がはっきりわかるのなら
真っ直ぐすすめばいいだけなのに。シンプルなことが何故できない?
相当ブ厚い仮面を身につけていることが恐ろしいンデス。

椿
わたしの眼に、ぽちっと潔い花だと映る。
すきな花だ。

2008年03月09日

mincyu 第九回目

20080307193640.jpg
友人が、このせま~いアコ家にあそびにきてくれた。
いっしょにおうちディナーを。
今夜のメインはトマト煮込み。発芽玄米ごはんに添えてみました。
これはハンバーグって言えるのかしら。
合挽き肉と玉葱のみ。ミニサイズのやつが煮込まれてます。
しかもパン粉などのつなぎを使わないので、煮込むたびにぽろぽろ崩れてくる。
ホールトマト缶で、マッシュルームと茄子もいっしょに煮込みます。
レシピは¨mincyu¨に綴ろうとおもいます。
いや、↑もうだいぶ語っちゃったから、これをmincyuにすることにした!
タイトルも今から変更しておこ。mincyu~
 トマト煮込み・・ハンバーグ ヴァージョン。
・合いびき肉
・たまねぎ(みじん切り)
・塩・胡椒
・マヨネーズ
・煮込みたい野菜(茄子、ズッキーニ、マッシュルームなど)
・トマト缶
・水
・顆粒コンソメ
・塩・胡椒
・砂糖(私はきび砂糖にしてます。蜂蜜でも美味しい。) 
・ソース
・純ココア
・ローリエ
・ニンニク
 ①大きめボールで、合挽き肉とみじん切りした玉葱、塩・胡椒を入れてまぜあわせる。
 馴染んできたらをマヨネーズをぶにっとしぼりいれて、こねる。
 
 ②大きめの鍋にトマト缶をいれ、軽く水も入れる。
 さらに茄子やマッシュルームなど野菜をザク切りにして入れ、中火にかける。
 グツグツ沸騰して野菜の水分がでてきたら、弱火にしてローリエを1枚投入。
 塩・胡椒、コンソメ、お砂糖を入れて、味付けする。(少し薄味くらいが良いかも)
 おこのみで、ソース(微量)と、純ココアを入れると旨みアップです。
 あいているワインがあれば、こちらもおこのみで入れると美味しい。
 ベースができたら、ここらでとりあえず火をとめます。
 
 フライパンにオリーブオイル、ニンニクをいれ香りをだします。
 ①で準備したタネを、小ぶりなサイズに丸めて、パンパンと空気を抜いたりして
 ミニハンバーグを作り、どんどん焼いていきます。
 両面に軽く焦げ色がついたら、②の鍋へ次々と入れていきます。
 つなぎを使っていないため、焼いた時点でもとても崩れやすいですが、
 崩れた部分も美味しいので、ぽろぽろになったものも気にせず全て鍋へ。
 全部、鍋に入れたら火にかけて、
 なるべく崩さないように鍋をまわしながら、煮込んでいきます。
 
20080307123555.jpg 
 
 良いかんじに煮込まれてきたら、トマトソースの味をみます。
 意外とハンバーグの塩気もあるので、あまり濃くしない方がベター。
カレーライスでは無いけれど、ごはんにかけるのが私はすき!
ごはんに添えて、パセリをかければお腹がグゥ~ッ
出来上がりました。
20080307193617.jpg
カブをとろとろになるまで煮たスープもいっしょに。
カブ・キャベツ・えのきのシンプルなスープです。
追記[:豚:]
このハンバーグ ヴァージョンなトマト煮は、自分でとてもお気に入りで
以前、頻繁に食卓に登場させていて、
友人が家に来たときも食べてもらったりして、なんとなく好評メニューでした。
でもここ最近、なぜか忘れていたメニューでもあって、
友人があれ食べたい~と言ってくれたことで思い出して作りました。
ちょっとひさしぶり。
言ってくれたその友人にも、食べる?と声かけてみたのだけど、
ざんねんながら今宵は都合があわず、食卓の写メを送っておいた。ふひひひ
何気ないところで、人から気に入ってもらえる御飯があるってうれしいことだ。
というか、会話がたのしいからおかげで御飯も美味しいのだけど。
だんだん声も大きくなってきたよ!なんて言いながら食後も話し続ける。ははは
たまにあるこんな時間がわたしは心地よい。

2008年03月07日

納豆のススメ4

ホロよい気分で語る、とある夜
納豆談義にハナがさく。
近頃アツイのはキュウリ!
え!
WASABI~?
ということで、美味しいネタをこのコーナーにお借りします。
本日の納豆はこれ。
20080306111442.jpg
サクサクきゅうりが入ってます。
 
 納豆・きゅうり・ねぎ・焼き海苔・醤油もしくはタレ・わさび
 
ちょっと
サラダ納豆な感覚かも
巻き寿司みたいな感覚かも。
カッパカッパ。
20080306111830.jpg
納豆にわさび、というのも最高ダナとおもう。
ってことは、あのアボさん納豆にも、わさび!
まちがいないね、こりゃ。
ススメ食いしん坊、うふふ。

2008年03月06日

椿

お芝居のお稽古に集中している期間、部屋がとんでもなく荒れる。乱れ狂う。
ご飯も、そんな凝ったものはつくらない。

2008年03月05日

上京セヴン

本日3月3日で、上京7年目である。
さかのぼること、まる6年前・・・
わすれることのできないあの日、わたしは伊勢を出発する。
朝目覚めたら、いきなり体調に異変がおきていた。
クラクラめまいがする、頭が痛い、身体がず~んと鉛のように重い。
力を入れたくてもなぜか入らない。いやなよかん・・・
もたもたとリビングへ行ったら、ママコが私の顔をみるなり、「あんたどうしたの!」と
喉、首元の辺りを両手でさわって、「ちょっとー!すごい熱!!」と騒いでいる。
あぁ・・やっぱり・・・
「とりあえず出発まで時間があまりないから、
ほら、ご飯をたべて!!たべれる?いまから伊勢うどんも茹でるよ!」
テーブルに並んでいるご飯たちは、きらきらかがやいているのに、
伊勢うどんだって、出発前にぜったい食べたい!とはりきっていたのに、
だるくてぼ~っとして椅子にもたれかかり、箸がすすまない・・・・
数分後、伊勢うどんも目の前に運ばれてきて、とりあえずこれだけは食したい。
意気込みだけは、ある。だって今日はたいせつな日なんだ。
超スローペースで、できるかぎり・・・いただいた。
何がおきたのだろう。こんな予定ではなかった。
びしっと、いってきます!のイメージだった。のに・・・
その懸命な?想いが、発熱まで巻き起こしたのだろうか、
前日もあんなに元気だったのに、いまだにそれは謎でたまらない。
一難ありながらも、出発の時刻は迫ってきた。
たまたまだったのかな?仕事がお休みだった父・しげぽんが駅まで送ってくれる。
こういう場合、もちろんひとりで旅立っていくものなんだと思うが、
高校を2日前の3月1日に卒業したばかりのわたしに、
数週間だけ母・ママコが一緒に上京してくれることになっていた。
住居は、少し前から決めたりして準備をしていたが、
一人暮らしをはじめるためのいろんな手続きが必要だ。
そんな諸々をママコが教えてくれる。
なので、実際はひとりではなく、ふたりで出発、なのであった。
そして、近所に住む同級生の親友も、同じ日の同じ電車で出発したい!と言ってくれ、
彼女は大阪へ旅立つため、ちょっとの間だったが途中まで一緒に電車に乗り込んだ。
さんにんで出発、である。
その、出発時刻の数分前、
友人たちが、いそがしい合間を縫って駅まで見送りに駆けつけてくれて感激した。
うれしくてうれしくてうれしくって
火照る顔の感覚がなくなるほど、
ひそかに、びんびん発熱している私、ずっとわらっていた。
いってきます
ありがとう
これからもどうぞよろしくね
数時間後、新幹線のなかでなみだがでた。
熱はどんどん上がっているような感覚。ついに咳きこみはじめた。
友人が手渡してくれたイチゴ大福をほおばった。てがみをよんだ。音楽をきいた。
鮮明におぼえてる。
明子、上京。
ちからがみなぎっている!自分の想いとは裏腹に、力尽きた私は、
念願の我が家に到着から数日間、ママコに看病されながら安静にずっと横たわっていた。
後に、大家さんに最寄の病院をきいて、診てもらったところ、
肺炎になる寸前でした、あぶなかったですね、などと言われ、
ここまで風邪が悪化したのなんて、はじめて。よりによってこんな時に・・・
ママコもあきれていた。
が、私がやっとこさ復帰したと思ったら、ママコがダウン。私がうつしました・・・
なにやってんだ、もうっ。
そんなこんなの、とんだスタート。
あれもこれもすべて教訓となり
おかげでそれ以来、私は風邪をほぼひかない。
げんきです。
7年目の今、私はここに足跡をのこす。
兄男夫妻の結婚記念日でもあり、
友人のお誕生日でもあり、
すてきな日だ。

お土産にいただいたチョコレートが美味しくって、沁みる。
いろんなことが起きる毎日。
わたしにとって今日も、とくべつな日。
明日へ繋ぐ。
みなさまのおかげです
 

2008年03月03日

3月

いいことがあればいいなとおもう今年の3月、はじまり。
というか
自分自身で、いいことを自覚していきたい。
いっこ、いっこ。
きのうまでの今年の2月は、いまだから言ってみたいんだけれど
あぁ 大変だったぁ・・・
いや、「大変」トカ、さらっと言ってしまいたくないくらいに。
なんでこうなるの! なんでナンデ何で
自問自答・・・
いや、自分に問いかけるんだけど、答えがみつけられない、解決できない。
自分で自分に翻弄されとるやん、混乱に陥っとるやん。
なんやこれは。
いま、今年の3月をむかえた。
カレンダーめくってみた。
何かが変わるか、変えられるか。
クレイジーな自分よ、ちょっと冷静になれよー。
ふーふーふー 冷ませよー。
いいこと、あるやん。
こうやってココに綴っている今、いいっておもうやん。
言葉をはきだし、つむごうとしている今、いいやんか。
ふーふーふー 醒ませよー。
そういえば2月、観劇もいくつかありました。
月末には、劇団ハイリンドの「もやしの唄」をあじわう。
ハイリンド公演は初めてお邪魔しましたが、これで一気にファンに。
いっこいっこの風景、空気、薫り、ことば、感情・・・
丹精こめて大切に丁寧に作り上げられている気がして、
あらゆることにただならぬタマシイをかんじたのだ。
役者さんの繊細さも優美だった。
次回公演が待ちきれないー

終演後、劇団ハイリンドの多根周作さんと、
サポートにいらしていた、女優の山本亜季さんとご一緒に撮っていただきました。[:カメラ:]
超、いいことあるやん。
へへへん
3月もどうぞよろしくおねがいします。

2008年03月01日