2008年07月のブログ

トシゴロ

先日、森山直太朗さんのライヴがあった為、
ママコが上京。
すばらしい音楽の夜、
ママコも大フィーバーでした。
学生の頃や、わたしが一人暮らしを始めたころや、
親に心配かけまいという思いから、
ほとんど、恋愛の話はしたことが無かった。
それ以外は思い切り語り合うのに。
なんか、好きな人がいる、とかの会話、しにくかったんだよなぁ。
学生の頃は、ドラマのキスシーンとかでも
しげぽんとママコも見てる・・・
内心、ドギマギでした。
そんな意識しすぎてる自分がいちばん変だわね、今おもうと。
だけどやっと
24歳、今になって
母・ママコと恋愛トークを本音・本気で語り合ったりします。
父・しげぽんは、
ママコから、わたしの恋愛観や思想を聞かされているようです。
もうわたしは過去のようなドギマギ感は、今はちがういい形に変わっていると思う。
何かあると、わたしはまず、ママコに相談をするほどになった。
ママコはわたしから何か聞いたりすると、
それを夕飯時やドライブ中とかに、しげぽんにもちょこっと話したりして、
聞いたしげぽんが、「それはこうやなー。」などとポツンと何気なく言った発言に
へぇ~とおもう意外なヒントが詰まっていることが多いらしく、
それを、またわたしに、
お父さんがこんなふうに言ってたよ~と、メールや電話で告げてくれ、
投げかけたわたしに、さらなるパワーが込められ、返ってくるのだ。
今までは、親に何かを言っても、
変な意味でとられたりして、余計面倒くさいことになるかな・・とか
勝手に思って、黙ってきた部分も多かったけど
腹割って話してみれば、
なんて心強い、¨人生の先輩¨なんだろう・・・と心底、
今あらためて両親を誇りにおもう。
わたしが何かを言っても、
全く動じず、意見を押し付けたりせず、否定的な目線では見ず、
かといって
味方だけして、甘い言葉を投げかけてくれることは、ない。
人と人
として、
フラットに向き合ってくれる。
そして
何とも、シンプルで奥深い言葉を言ってくれること!
わたしもあんな
ゆるぎない、ひたむきな、大人になりたい。
しげぽん、ママコに、
日々、尊敬とだいすきが増します。

いただきものの仲間たちがいっぱい。
ママコがうふふと並べてました。
トシゴロ目線さ。

2008年07月31日

メダマ

あ、昨晩は浴衣を着たのですが
写真を撮らなかったーっ。
収めればよかったわーん。
昨晩きたものは、朝顔柄。
おゆきさんのお家に眠っていた浴衣で、しぼりの浴衣と一緒にでてきたものです。
やはり現代のものとちがって、柄の雰囲気がすこし古いかんじもしますが、
すこしラメ感が入った糸の帯をあわせて着てみたら、これまたいいかんじ。
クラシカルな雰囲気もでつつ、なんとも清涼感たっぷり。

どんな雰囲気か、柄だけでも・・・お見せしたいとおもいます。
濃紺ベースがいいかんじ。
昼間は
ぱぱっと簡単に、お家ランチでした。
メダマのせ、キムチ炒飯。

ごま油で
ネギ・キムチ・ご飯を炒め、
塩・胡椒と、焼肉のタレで味付け。
アスパラを軽く炒めて、昆布茶で味付けしたものを添えてみました。
そして、メダマ焼きを、どどどどんと。

2008年07月30日

オムごはん

あ、
つるりん↑じゃないや。

わたしは自分でつくるオムライスを、けっこうあいしている。
あいしてると思う、極めつけは、ごはんの味付け。
塩・胡椒・ケチャップと、
隠し味に、ほんのりウスターソースと、ほんのりガーリックパウダーを入れて炒める。
わたしは、たまごの上にケチャップをかけないので、
たまごに味付けをする。
たまご・牛乳・塩・胡椒・ほんのり顆粒コンソメを入れて、バターでふんわり焼く。

あいしてるこの味。
オムごはん
ぺロリと平らげる。
あ、意外とつるりん↑かも。
りんごのお皿は、我が家の食卓に頻繁に登場する。
昨年、友人・さっこにバースデイプレゼントにもらったもの。
そう、
先日、会ったんだよね。
すごくうれしかった。

咲子と明子。
彼女がいる空間は、ぱぁぁっとお花が咲くような華やかさが漂う。
咲子咲くーっ

2008年07月28日

つるりん↑

近頃、わたしのなかで
¨つるりん¨ブーム、キテます。
イントネーションは、つるりん[:下向き:]ではなく、つるりん[:上向き:]というかんじ。
あ、念のため。
麺の、¨つるりん[:上向き:]¨です。
さてさて昨日のお家ランチは、冷やし中華(ごまだれ)
ね、つるりん[:上向き:]でしょっ

焼きそばとかでもそうだけれど
冷やし中華も、
基本の具材はあっても
冷蔵庫にあるものを好きにいろいろ入れられるから、
毎回ちがった顔になって、イイなとおもうのだ。
今回のつるりん冷やし中華(ごまだれ)は
きゅうり・水菜・くらげ・なす(薄くスライスして軽く焼きました)・ソーセージ
この具材たち、
なんとも、冷蔵庫のあったもので即興!な可憐さがあるでしょ。
麺と胡麻だれは市販のものですが
胡麻だれにもうちょっとパンチが欲しいなぁとも思ったのでした。
芝麻醤か、練り胡麻を入れてコクを出せばいいのかも。
また次回チャレンジだなー
今回は、ありあわせの具材の可憐さに、
ピリッと引き締まるラー油を後から数滴たらして、トゲ感もだしたのでした。
(どんな表現や。)
そして本日の、モーニングつるりん麺は
ほんのりスタミナ系。

納豆なめこおろし素麺です。
素麺を、気持ち固めに茹で上げておく。
おおきめのお皿に
素麺・大根おろし・納豆・瓶のなめたけ・きざみねぎ
の順番に、こんもり重ねてゆく。そして食す直前に、麺つゆを。
朝から消化に良し、即効でモリモリ元気。
あっさりだけど、意外とスタミナ野郎な一品・逸品です。
あしたも、あさっても、
つるりん[:上向き:]?

2008年07月27日

ミラバケッソ着ボイス

なーんと、

クラレのミラバケッソのホームページ「プレゼント」のところで
車内販売員の着ボイスがダウンロードできる!というのです。
おどろきましたー
人生、なにが起こるかわからないものです。
あしたも、たのしみよ。

2008年07月26日

あっぱれ

伊勢のたび、
今回のメインは花火大会と、川へ鮎とりアンド川原でバーベキューだったのでした。
鮎とりは、父・しげぽんの夏の趣味・・というか楽しみのひとつなので
昔から川へ行き、しげぽんが鮎をとって来てくれては、
その場で焼いて食べさせてもらっていました。
今回はわたしは何年かぶりに、岡家の夏のイベント(笑)に参加したので
とてもとても、はりきりました。
焼けないように、ばっちり日焼け止めぬりぬり~とか、バーベキューの火熾しなど。
あーしあわせ。
伊勢の自然のなか、
しげぽんがいて、ママコがいて、
なんてうれしくなる風景。
これこそメインのイベントだ。

沢蟹とも出逢いました。
カニカニっ

しげぽんが鮎とりに言っているあいだ、
ママコとガールズ(!?)トークが弾んだりして。
うひひひひっ
いずれにしても、
メインイベントの日和は快晴なり。
あたしって、晴れビトなんです。あっぱれ!
(自分で言っていいものかい?)
たいせつなイベントがあるときは是非お声をかけていただきたいものです。
ぴゅーぅんと参加させていただきます。
でも
思うのは、
雨とか晴れとか
予定にあわせて、自分の希望通りか、そうではないか、
その時々で、あるとはおもうけれど
もしも思い通りにならなくても
そのとき訪れた天候が、いちばん今らしくて良いってこと。
あ、言い方をかえれば
雨でも、
晴れでも、
曇りでも、
そこにうまくのって、楽しくすごせる自分がいるかどうかだ。
もし、何か楽しみにしていたイベントがが雨天延期とかになったとしても
それが今いちばん良くて、そうなったってこと。
そして、いずれ
一番いいときに、さらなる楽しみがやってくる。
そのためには
どんなときも微笑んで
今を楽しむのがいちばんいい。
今回はこんな天候に恵まれました。
そして楽しかったです。とてもとても。
今も思い出すだけで、笑みがこぼれます。
それが、日頃がんばるための原動力になる。
何気ないことなんだけど
きっときっと
たいせつなこと。
あーしあわせ
そんな朗らかな精神を
ひとつ軸として、もっていたい。
あっぱれです

2008年07月24日

イセオカ。

ヒーローズのマシオカさんふうに、してみた。イセオカでっす。うっふふ

昨日、伊勢おかげ横丁にて。
OKAgeブログの、¨おかげ¨はココともかけてある。

ココに来ると、なんか血が騒ぐというか
わっくわくするなぁ~
そして無事、帰ってきております。
今回の伊勢レポはこれから徐々に綴ってゆきます。
故郷に感謝、感謝。

2008年07月22日

なんとなんと、

20080719183626.jpg
故郷・伊勢の花火大会にいけることにっ!
ドーンと、あじわってきました。
20080719204936.jpg
あたしは、伊勢がだいすきだ。
20080719194657.jpg

2008年07月19日

メイクルーム


ある日のお仕事、
たいせつな場所
メイクルーム。
ここでも
役はつくられる

2008年07月18日

電撃ッっ


昨日は、電撃ネットワークの南部虎弾さんにお会いすることができました。
電撃っ衝撃っカンゲキっ[:ぴかぴか:]
思わず、電撃!撮り[:カメラ:]!をお願いしました。
わぁうれしい!
おゆきさんにもらったこの絞りの浴衣を纏うと、
いいことがある。縁起物だわ。
感謝

2008年07月11日

カレー


先日、お昼にHENDRIXでポークカレーを食べた。
どんどん汗がふきだしてきて
カレーのスパイスでかく汗ってきもちーいい!
そこで
あっと思い出し、
こんなカレーの食卓の写真を引っ張り出してみた。
2、3年前の夏には、ルーを使わずスパイスだけで
お肉も入れず、野菜を山盛りと
ヨーグルト、ピーナッツバターで味を調えたりして
フライパンでオリジナルのカレーを作っていた。
これがけっこう好評だったのよ。
ひさしぶりに恋しくなったこの味。
さて、いっちょ汗かくかー

2008年07月10日

マメの木

数年前、ユメをみたのだ。
夏、スイカを頬張ってタネを数粒、ベランダの下にプッっと飛ばしてみた。
飛ばした下を見たら、植木鉢がみえてそこに落ちた?かなぁと思った。
その日の夜、ユメをみたのだ。
植木鉢の土の上に落ちたスイカの種が
芽をだしグングンのびて
わたしがいるベランダまで伸びてきた。
上を向いたら、グングングン
遥か、空まで伸びていた。
まぶしくて
てっぺんはどこなのか
どこまで続いて伸びているのか
私にははっきり見えなかったのだけど
・・・・・・・・・
そこまでしか憶えていないけど
そんなユメをみた。
幼少時代、
「ジャックと豆の木」を読んだとき
すごくすごくわくわくした。
壁にぴたっと張り付いて伸びる蔦や、
棒を支えに伸びる朝顔や、
それこそ豆、友人のお庭で育てているのをみた、
のびのび育つえんどう豆やら・・・
葉っぱ、野菜、お花。
のびてゆく植物をみるたびに
ジャックがいる情景を想う。
まぁわたしたちも上へ上へ↑伸びる生き物ですけどねぇ。うふふ
うちのアイビー

そう・・・
これをみると上へ、もだけど、
下へ、根っこもグングングン。
そこが大事なんよね。
ユメでは、
上へ伸びるスイカの木(?)から
ちょっと小玉のスイカをプチッと取って食べてたりもした。
これ、
ユメだけど、夢かも。
たのしそう。

2008年07月09日

愛す

ミキミキにいただいた、
食べたくなる指輪。
溶けないアイス。

あたしゃ、
ラムレーズンと、チョコミントのアイスクリームが好きかなっ。

2008年07月09日

fiat 500


友人の車、fiat500である。
こんな、かわいこさんに乗って
風をきり、街を感じ、人を感じ
びゅーんと走れば
自然と笑みもこぼれる。
あちこちに
スマイルばらまいて

2008年07月08日

おもひで


今日は伊勢では¨護摩さん¨の日だなぁ。あぁなつかし、恋し。
世義寺まで一直線につづく道の両脇に屋台がぎっしり軒を連ねる様は、
毎年7月7日、天の川のように思えた。
昼間、日付をみてファ~っと思い出し、
毎年いっしょに行っていた栄里に、「今日は護摩さんやな!」とmailしてみた。
彼女もちょうど思っていたらしく・・・
それと、ほかに話していたことがあり
栄里からmailでカツを入れられる。
そんなんじゃ、イカン!何をグズグズ悩んでんじゃ!と、叱られる。
ウン、ごもっとも、なんです・・
あの場にいないけど
天の川をカンジル
今年の7月7日
つぎのステップにすすみたい

2008年07月07日

クリスピー


クリスピー・クリームドーナツが渋谷にもオープン。
いつも大行列で、ディズニーランドみたいなんだよなぁ
サクッと買って、パクッと食べて
ハラゴシラエしてハッピーになりたかったのだけど・・
時間が無かったので本日は断念。残念
あぁーたべたいっ
  

こちら、NYで行ったクリスピークリーム。オリジナルグレーズドを激写 [:ウィンク:]
食して、即効ハッピーになれたなぁ  うふふ
お店の入り口にある丸いホットライトが点灯すると、
オリジナル・グレーズド ドーナツができたて!のしるし。
うわぁーたべたいっ

2008年07月06日

マスカラ

マスカラにはけっこううるさいわたしです。
・持つ、柄(え)の部分から、ブラシの部分までの長さ
・ブラシのカーブ具合、硬さ、サイズ
・液の濃度、
・繊維入りのものだったら、繊維と液とブラシのバランス
・・・などなど。
こんなふうに細かいんです、わたしこだわりがあるの。
メイクするの好きなので、興味があるんですね。
一時期、興味があってまつ毛のエクステをしていたことがあります。
まつ毛エクステは、オイルに弱い特性があるらしく、
マスカラは使うなら水性のもの、クレンジングもオイルはNGということで
マスカラはこすらずぬるま湯で落ちるものを使うことにしました。
それまでは、
ウォータープルーフのマスカラを使っていたので
専用のアイメイク落としも愛用していました。
だけど一度、お湯でスムーズに落ちるというマスカラを使ってみると、こりゃラクチン。
シャワーでパぁーっと一気に落ちるし、
アイメイク落としで何度も目をこすることもないので
デリケートな目元にも、まつ毛にもいい気がする。
ただ、ウォータープルーフのマスカラと違って、
まつ毛につけたときの、しっかり感がひと味ちがう。
なんか繊細すぎる気がするのです。
目力アップというより、まつ毛の繊細さアピールみたいなかんじ。
ヒジキ(だいすき)みたいにモラモラにならないのは良いのですが、
つけた満足感が、自分の方向性とはチガウ気がして・・・
ちょうどそのとき
一番気に入っていたウォータープルーフのマスカラが廃盤![:泣き顔:]になってしまい
この先どうしようと、ショックを受けていたときだったので
じゃぁこの際
お湯で落ちるマスカラでお気に入りを見つけてみよう!と開拓しはじめました。
繊細さも必要、だけど
目力アップ!の適度な存在感も必要。
最初に話した、自分好みの基準をなるべくクリアしてそうなものを見つけては、
いろいろと試しております。
これでブラシがもっと華奢だったらなー。
こりゃ柄の長さが短すぎるー。
これ、お湯で落ちないやん!ダメやん!
とか、ヒトリ突っ込みしながら、開拓の旅は今も続いています。
お仕事で、メイクさんにオススメを教えていただいたりもします。
ちなみに、これ
マスカラですから、
ブラシ部分ですからっ、
虫では無いですから [:わーい:]


色は黒よりも、ブラウンかネイビーが好み。
売っているものは、真っ直ぐのブラシだけど
フチの部分で、ブラシをクイッと曲げてから使います。
ビューラーのようにカチャッと、目のカーブに合うような形が塗りやすい気がするから。
こりゃいずれ、
これなら満足いきマス!
皆で愛用、目力アップですカラ!
そんなマスカラを開発するしかないかなっ  でへんっ。
オススメ、こだわり、
こうありたい、
目力について
なにかあれば教えてください。

2008年07月03日

さいきん
自宅でご飯をつくる機会がほとんど無い。
いそがしいから、作れないとか
面倒だから、作りたくないとか、そんなことでは無い。
こんなに
悩んだり、
うつむきがちになったりするとは
まさか
思っていなかった。
24歳とは
そういう年齢なのか?
年齢のせいにするわけではないのだけど
やっと
まわりのセカイが
フラットに見わたせるようになってきた?
だけどそこに
いかに自分が追いついていないか。
こうなっている以上、現実を受け止めるしかないのだけど
余計に不安になってしまう。
不安、という言葉がやっと
しっくり、くるのだ。あぁ。
学生時代の友人と
最近、頻繁にメールでやりとりをしている。
現在、大阪在住の友人から
「嫌な事件が多発しとるけど、寂しいかな何時なにが起こるかわからへん。
お互い気をつけよな、そしてがんばっていこうな。」
と言われたのがきっかけで、
その返事プラス、いまの自分の心のモヤモヤを打ち明けてみた。
すると翌日、友人から返信があり
ハッとした。
自分が、つい先日会った友人に相談されて、言った内容と
ほぼ同じことが綴ってあったのだ。
久しぶりの、しかもたった数回のメールでのやりとりのなかで
同じような意識だということがわかり、わたしは熱をかんじた。
その友人とは、
学生時代、
獅子座流星群がみれるという夜に、
共通の小学校に行き、いちばん空にちかいだろう遊具にふたりでのぼり、
寝転がりながら、初めて友人と熱い想いを語り合った。
それまで、
よく遊ぶし、毎日会っては仲良くしている仲だったけど
真剣に将来の目標など、話したりすることは一度も無かった。
真夜中に小学校に行き、夜空と向き合う、という
特別なシチュエーション、だというのもあったとは思う。
自然と、初めて、お互いのそれぞれの思いを淡々とぶつけあった。
つぅ~っとナミダも流れてきて驚いた。
遥か下の、運動場の地面にポタリ、何粒も・・しみ込んでいたんだろう。
散々語り散らしたあと、わたしは
この遊具にどうやって登ることができたんだろう、
降りれない・・・どうしよう、怖い。
という、今おもえばいかにも!な、ネタのような出来事もあった。
実は、高所そんなに得意ではないんです。
友人はスムーズにするする降りていて、
また登ってきてくれては、ここに足をかけて・・・と、降り方を何度も教えてくれた。
せっかく熱を帯びながら語ったことも
さいごにそんな時間を重ねてしまったから、
最後の最後には、ちょっと冷めたり、もあったんだけど。とほほ。
学生時代特有の、すいも甘いもいろんなことがあって、
わたしはその友人と一緒に
同じ日の同じ電車で
途中まで、お互いのユメへの戦場へと旅立った。
それからそれから
わたしたちは現在24歳。
離れた地で、自分自身と格闘している日々。
環境の変化で
進化や退化はあったとしても
根っこに流れるもの、
ぶれたくない軸は、
お互いそんなに変わっていないのだと
そこに熱いものをかんじた。
今日は、お昼ご飯に
ひやむぎをゆでて
納豆とおろし、なめたけをトッピングして
めんつゆをかけていただいた。
さっぱりつるりんが食べたい、
そして作りたくなった。
こういう心の余裕も
わたしには必要だ

友人・栄里とのショット。
もうあのころにはもどらない
学生時代の貴重なショット。
「あの頃ほんまにたのしかった!
そんなことを言うときがいつかくるとは思っとったけど」
こんな栄里からのメール、
熱をかんじる。
今のわたしに、必要な熱だ。
熱っぽいくらい、がむしゃらに
さらなる自分自身に、立ち向かいたい。

栄里の部屋に、変身道具を持ち寄って
ドラァッグクイーン風味に変装して
楽しんでいた、こともあった。笑!
7月7日の、近所のお祭りにふたりしてこの格好でくり出した為、
しげぽんが驚いていて、ギョッとした目で見られたな。
ねぇ
がんばるから
へこたれてないで、自分に立ち向かうから
だから
熱い目で、見守ってて
これからも
懲りずに
熱意は
ココに

2008年07月03日