2009年10月のブログ

でました

お湯でかんたんに落とせる、
フィルムタイプのマスカラの火付け役といえば、
デジャヴュのファイバーウィッグマスカラ。
わたしも黒・茶・ネイビーと、何本も。
かなりお世話になっております。
パッケージが新しくなったり・・・のリニューアルは
今までにありましたが、
ついに、ついに
あたらしいの、でました。
女史、必見、必読。

左がラッシュノックアウト
右がファイバーウィッグ エクストラロング
もちろん両方、フィルムタイプで、にじまないのにお湯でスルン、です。
マスカラ愛好家としましては、この新登場はうれしいかぎり。かなり期待!
わたしなりの使い心地を、ご紹介させていただきたくおもいます。
(あくまでも私見です!)
わたしの使い方、
①ビューラー②アイライン③マスカラ
④すかさずスクリューブラシもしくはマスカラコームでなじませる
・・・このメイク方法で使った場合の感想です。
まずは写真左のラッシュノックアウトから。
ボリューム・・・ぱっちりお人形風味 
存在感・・・くっきり、黒目も綺麗に引き立てる。
カール長持ち・・・形状記憶◎
繊細さ・・・絶妙に攻めてくる、しかし可憐さアリ。
ブラシ・・・硬さ◎
ロング・・・濃厚な液がぽってり絡み、長くみえる
柄(え)の長さ・・・短いのでリップグロス的な感覚で持ち運びしやすい
  
まずネーミングから、期待度大。
なんてたって、ノックアウト!ですから。
そう、こちらは今までのデジャヴュのファイバーウィッグを愛用されていた方には
少々、衝撃的かもしれません。
濃厚な液がぽってり、こってり、しっかり濃ゆ~くまつげに絡みつきます。
今まで、わたしとしましてはファイバーウィッグの印象は、
意外と繊細でナチュラルな使い心地、というかんじだったので
これは容器のカタチも色も新しいことからしても、
まったく新しい方向性なんだなぁとおもいました。
繊維ナシで、その分、速乾性のある濃厚な液がたっぷり。
ブラシは硬めでしっかりしているので、グッと持ち上げながら塗ることができる。
カールしたまつげがキープできる。
見た目以上に細かい部分も逃さず、下まつげにも塗りやすく、くっきり。
しかし、
持つ部分からブラシまでの長さが短いため、
今までのファイバーウィッグに慣れていた方には、かなり短く
最初は塗りにくく感じるかも、しれません。
こちらも名作マスカラのメイベリンの、
ボリュームエクスプレスの容器や柄(え)の長さのイメージにすこし近いかも。
続きまして
写真右のファイバーウィッグエクストラロング
ボリューム・・・ふさふさ、軽快。
存在感・・・自分の影にうつる、まつげの存在も◎
カール長持ち・・・記憶◎
繊細さ・・・液がさらさらしているので、そよ風のようなやさしさアリ。
ブラシ・・・カーブ◎ フィット◎
ロング・・・重ね塗り次第で、あっさりからびゅ~んまで。
柄(え)の長さ・・・ベスト◎
よくぞやってくれました!
このブラシのカーブは涙モノ。
ブラシのカーブは、塗るときに、
まつげにカチャっとフィットさせるための重要なポイントなんです。
ついついフィットするブラシに慣れているわたしは、
今までは真っ直ぐのブラシを、容器のフチの部分で自分でクイッと曲げて
こんなふうに↓ じぶんでオリジナルのカーブを作ってから使用していました。
(従来のファイバーウィッグマスカラを勝手にわたし専用に改良)

そんなわたしとしましては
この新改良の絶妙なカーブのブラシはとってもうれしい!!!!
あ、ブラシばかり褒めさせていただいておりますが、
「エクストラロング」にパワーアップしただけあって、
繊維のまつげへの絡みつき方が、強力になってます。
デジャヴュの特徴のひとつ、
繊維たっぷりなのに繊細、という利点はそのままに、
ブラシのまつげへのフィット感と相乗効果で、まつげ増殖ふさふさ度アップ。
ファイバーウィッグファンの心を鷲づかみ。
このタイプのちがった二作品、またまた大ヒット間違いなしでしょう。
新登場に感謝。
やさしいココチで、きれいになりたいから
使い心地のいい、愛のあるコスメが大好き。

2009年10月29日

続おいもさん


おいもさんの話題がでたので
この勢いで、ハンバーガーも載せちゃおう。
パン好きなわたくしとしましては
サンドイッチ、ハンバーガーにもくびったけ。
うっとりするくらい、
すき、です。
こちらは
はじめて行ったお店、「EAT」です。
せっかくなのでサルサも追加でオーダーしてみました。
わたしはスタンダードなハンバーガーは
マスタードだけでいただきます。
お肉の旨みやパンのほのかな甘み、野菜の新鮮さを
ギュット感じることができます。
ここのポテトは、存在感のあるおいもさんでした。

バンズを思い切ってグッとつぶして、豪快にかぶりつく。
んん、んんん
おいひーい。

2009年10月27日

おいもさん

こんな写真、罪、
ですね

あぁーだいすきだいすきだいすきだ。

なんてったって、ポテト!

ビバ、ポテト!

ステキなお姉さまに誘っていただき
この日は、ドンチッチョへ。
音楽の話もハズム、ロックな食卓でした。

メインの鶏のお料理がでてくるときに
「おいもさん、ある?」とお姉さまが言って
おいもさんって、ローストしたおジャガとかマッシュポテトとかかなぁー
なんて思っていたら。

きゃ!!!感激

フライドポテトがどーんと。

あら、こちらの、
おいもさんでしたか(ハート)

食べすぎはキケンだけれど

大好物なんですよねぇぇぇぇぇ。

食後にはデザートを皆でシェア。
こちらも美味しかった!
グラノーラみたいにざくっとした味と食感もあった
¨セミフレッド¨

美味しい嬉しい食卓に、感謝。

しかし
たんまり味わっておいて、写真こんだけ?
というかんじですが・・・・・。
さいごのほうでしかカメラを出さなかったのです。

さまざまなお料理の美味しさは、実際にみなさまの目と舌で、是非に。

帰りに特別な一枚も。
漫画家の梅澤春人先生と、シェフの石川さんと。

この日も素敵な皆々様、有難うございました。

念のため・・・・・・。

たんまりご馳走(おいもさん含む)をいただいたこの日の行き帰りは、

自転車で!!!!

遠い道のりを、健康第一交通安全、
キコキコ漕いで。

えらいでしょ、なーんて、
我ながら。

梅澤先生の漫画たち。

こちらは「BOY」と「カウンタック」

読むと、トテモ元気がでるのです!!!!

2009年10月27日

祝う

ホンジツは、ママコとしげぽんの結婚キネンビです。
35年、ズット一緒。
わんだふぉー!
今日のトーキョーは雨模様で
だいぶひんやり、ひやっこい。
くしゅん、なんてくしゃみも出たりして。ぷるぷるる。
晴れ渡った星空満天の夜空もそりゃもちろん素敵なんだけれど
こぉんな雨なしずかな夜も、かなり良い雰囲気があります。
20091025181804.jpg
お祝いの気持ちと感謝の念をこめてこめて、
タイプのちがうワイン2本と
リーデルのワイングラス「O」シリーズをペアで贈りました。
「O」は、グラスの脚の部分を無くしてあって、
背の高さがないぶん、収納もしやすいし、洗いやすい。
これって斬新よね、すごく好き。
でも、せっかくなので
091025_171743.jpg
飲み干したあとに
文字がグラスの中の底に、うっすら浮かぶのは
「35th Anniversary」
そしてその下にひとりずつの名前を、
ShigeponとMamakoと彫刻してもらいました。
¨しげぽん¨も、¨Shigepon¨と書くとお洒落ね、
と、ママコからメールが。
あはは
ワインは、ブルゴーニュのものとボルドータイプのもの、
1本ずつにしました。
これからはこのグラスでも
ふたりで楽しんでもらえるように、
月1本、いろんなワインをみつけて贈りたいな、とおもいました。
それは高いの安いの、とかが基準じゃなくて、
ママコとしげぽんの好きな味わいの方向性を、
これからいっしょに見つけてゆきたい。
そしてわたしも楽しみたい。
そうおもった、35年目のお祝いの気持ちです。
ねぇママコ、
飲んだワイン名と年と、味の感想をひとこと、
そんなワインのノートをつくって綴っていってくれたら
うれしいなぁ。

2009年10月25日

オリオン


昼間の日差し、やけに暖かい・・・とちょいと不思議な心地にもなるけれど
やはり空を見上げると、秋、だ。
秋、なのだ。
そして、11月も間近なのだ。
六本木ヒルズの展望台(しかも屋上!!のスカイデッキ)に登ってみました。
東京タワーの背の高さと
おんなじ目線にいるって心地。
すんごい夜景です。
きらきらのぶん、みんなの生活があふれているんだって実感する心地。
もあ~っと、ストレスが溜まった日は、ちょいっと空を、天を、仰ぐのも、オススメ。
スッとします。

東京タワーと、戯れてみたり。
しまいには、のせて遊んでみたり。

2009年10月23日

誕生

¨ 戦友¨でもある友人が、今日の早朝、
あらたな命をこの世に誕生させた。
約10ヶ月間じぶんのなかで育んだ我が子を、踏ん張って生み落としてやっと会えて逢えて
まだまだ興奮さめやらぬその5時間後に、
パパママとほやほやの子のスリーショットと共に、熱い言葉の詰まったメールが届いた。
ハッピーばーすでぃ!あ~なんてとびきりのしあわせ。
おめでとうとありがとうと、いっぱいいっぱい伝えたいこと、聞きたいことや話したいことがある。
だからこれからも、どうぞよろしくね、
こころからおもった
アナタをおもった、アナタを
わたしのチチハハのことも
おもった、おもった
すべてを

そしてそんな神秘的な毎日のなか
昨日は救命病棟24時の打ち上げがありました。
ご一緒させていただいた板尾さんにお会いするその前に
ドウシテモと思い、板尾さんご出演の映画「空気人形」をあじわって、
ワタシは打ち上げに臨んだのでした。
昨日もスバラシイ一日でした。
出会えてよかったです
ひとつ
ひとつ
よろこびも
かなしみも
いかりも
どんなことも味わえるこの世にいれてうれしい。
今日、友人が赤ちゃんを無事誕生させて、とてもうれしいこと、
またべつの友人から、
友人のお父さんの体調が思わしくないということを今日聞いてショックだったこと、
どっちだって
くらべられないほど
たいせつなこと
おもってみれば
起こること、出会うこと
すべてが神秘的な毎日
だけれど、
アナタの、
あなたの、
くるしみとかなしみは
どうかすこしでも僅かなほうがいい。
思いが届きますように。
おめでとうと、ありがとう。
いつも、いつも、

2009年10月19日

また新たな日々が。
20091019073658.jpg
またここから
歩みはじめるのだ
今週もハリキッテいきましょう

2009年10月19日

すてきだったので。

おもわず。

ネイルもとってもステキな女性がいたので
撮らせていただきました。うしししし。
ちょっとボルドー風味なポリッシュ。

本人曰く、「手がぽっちゃりしてるのが悩み・・・・
だから爪の形を細長く縦長に整えて、ほっそりみえるように濃いめの色を・・・。」だそう。
こんなに堂々と赤を纏える女性って、超魅力的。
彼女のネイルをみると、すこし長めの爪に赤でも、
全くしくこくもならずステキですねぇ。
あぁいいなぁ
こーんな美容の秋、美味しいかも。
そして、人の、¨¨もだいすき。
誰もがむかしは、
紅葉みたいな赤ん坊のミニミニな手だったのにね。
ほうら、今はこんな、
その人それぞれのカタチ、味わい深い。

2009年10月17日

きれいな なみだ

今朝の食卓
陽だまりとともに

めずらしく白米と、梅干と
ネギをきざんでお茶漬けを。
わたしは永谷園の¨お茶漬け海苔¨が大好き。
あの、みどりの粉ってわかりますか?
緑色の顆粒状の素と、細長いあられがたまりません。
あの、みどりの粉が美味しいから、
お茶漬けだけでなく
おにぎりの素として、ご飯に混ぜてにぎっても美味しいんですよね。うふふ。
しかも朝のお茶漬けって、なんかけだる~い雰囲気が漂って、それも好き、なんです。
イメージとしては
だるだるっとした大きめパジャマを纏って、まだ着替える前で、
昨晩、こんなこと考えながら眠ったなぁ・・・とか、思い出しながら
お茶漬けを、レンゲやスプーンで食べて
そしてまた今からはじまる新たな一日を
ぼんやり意識しながらも、たゆたうかんじ・・・・・・。
朝の貴重な、ほんの数分間。
って。
どんなかんじや。
決して、不幸な朝じゃぁ、ないってこと。
こころがなぜだか落ち着いていられる安定した朝ってことです。
そんな
朝のお茶漬け、を食す風景のイメージ。
きれいな涙をながすように
そんなきれいな、ひとりの風景。

2009年10月16日

白雪姫

救命病棟24時のスペシャルの撮影まですべて終わったので
久しぶりに爪をカラーリング。赤色にしてみました。

マニキュアは、ほんとの真っ赤。パールなども入っていません。
夏もポップな印象で赤を塗るのは大好きだけれど
秋冬シーズンに塗る赤は、また格別。モードな気分にぴったり。
爪の長さが短めなのもしつこくならず、ポイントかな。
ペディキュアは、こちらはパールが入った落ち着いた濃い目のレッド。
めずらしくラインストーンなんてつけて、きらきらゴージャスに。
ブーツの季節だけれど、室内では裸足の時も多いし、
足元が明るくうつくしいと、気分も自然と明るくなるから不思議。
そして赤のいいところは
肌が白く透き通ってみえる気がするところ。
赤の相乗効果で、肌がきれいに際立って、引き締まった美肌にみえるのです。
赤ネイル、休日の気分転換に、ぜひお試しあれ
手の爪が長めの方は、手よりもペディキュアの赤系をオススメします。
ネイルに赤!とは疎遠な方も、まずはペディキュアからいかがでしょうか。
これからのシーズン、
洋服の黒とのコーディネートに抜群の相性です。
冬に吐く、白い息とも、この赤ネイルが絶妙な空気感を生み出す気がするのです。
そういうところまで、ドキン&キュンな大好きな季節。

2009年10月15日

どうしても。

ふぅぅぅ・・・・
とりあえずやり遂げた・・・・・。
ホンジツはとてもたいせつなことがあったので
それに挑むのに、ここ最近いろんな準備をしていたのでした。
いろんな準備とは、
心構えとか、自分自身の念力だとか、
作品へのイメージやら台詞の練習やら基本的なことから
今回はそれにプラス、歌の課題もあったのでした。ひー。
はじまるギリギリまでも、本番も、
諦めたりチカラをぬくことなく駆け抜けたし
やることはやった。
終わってからは、そりゃ
あぁもっと、こーすればよかったかもなぁ・・・・と反省点はいっぱいあるけれど
しかし、ひとまずやり遂げた。
あとは念じよう、もっとうまくいくように。
信じたり念じたりするのも力は抜きたくない。
だってやりたいんだもの、このわたしが。
どうしてもどうしても。

そしてホンジツは
マネージャーのさまから韓国お土産をいただきました。
プチ巾着、かわいすぎる。
写真に撮ったら色が薄く写ってしまったけれど
ターコイズブルー×ショッキングピンク!だいすきな色合いです。
そしてゴールドのマニキュアも。
うれしいなぁうれしいなぁ
大丈夫、
明日からも、また踏ん張れる。
ひとつ、
ふかい
深呼吸・心呼吸をしたら
また歩き出そう。
オノレをシンジルノダ

2009年10月14日

コイ、チクテ。

下北沢にある、チクテカフェ。

友人・よーこねぇに前にチクテカフェの焼き菓子をいただいたときに存在を知って
あ、ここのカフェいってみたいなと思っていた場所です。
先月、9月の話になりますが、
友人がたまたまお財布に入れていたショップカードを取り出して、
こんど下北にいったら、ここに行ってみない?と誘ってくれたのでした。
そのショップカードがまさに、わたしがよーこねぇに戴いたときに
お菓子に添えてあったカードとおんなじで、あ、ここ!と、ビビビ。
もうこうなったら♪いくしかない
うれしくなって、さっそく約束して行ってきました。

黒パンマフィンとラタトゥイユ。
マフィンはバター蜂蜜と、
ハム&チーズをふたりで半分こずつ。
遠慮がちに奥まった入り口に
足を踏み入れれば、
こりゃウフフの、別世界。
いいねぇ!
魔女の宅急便の雰囲気も
どこかある気がしたのは私だけ?

9月の中旬、まだぽかぽか陽だまりを感じた頃。
だいすきな友人と。
あぁ雨が降りそうなお空だなァ
最近ちとバタバタ。
今日も、トテモ大切な一日なので
後悔のないように挑みたいとおもいます。
また後ほど、ゆったりと
綴ります。

2009年10月14日

10月です

10月、ハジマリましたねぇぇ
昨日、1日はうちの母・ママコのお誕生日でした。
わたしは直接は会えなかったので、
電話とささやかな贈り物くらいでしたがお祝いしました。
わたしの友人からもママコにメッセージをいただいたりして
ママコはこの歳でもおめでとうと言われるの、
うれしいやらはずかしいやら・・とか言いながらとってもうれしそうでした。
ありがとうございます。

わたしは最近ピンク色も
とてもきぶん。
どんと主役にもってきたり
アクセントに、羽織ったり、巻いたり
パッと鮮やかに、元気になります。
そして張り切って、ボーダーを着て、
CHANELの映画を二作品あじわってきました。
オドレイトトゥの「ココアヴァンシャネル」と
シャーリーマクレーンの「ココ・シャネル」
オドレイトトゥのCHANELから観たのですが
こちらを先に味わって正解だったかも。
こちらのほうが万人向け、わかりやすい大作風味と感じました。
オドレイトトゥはコケティッシュなかわいさを全面にだした「アメリ」よりも
上品さの中にある、どこかしら日陰の雰囲気やストイックさの魅力満開の、
この役柄がばっちりマッチング、
超、魅力的な女性なのだと、そそられました。
そして、ボーダーをさらりと着たくなること間違いなし。
シャーリーマクレーンのCHANELは
よりクラシックで伝記もの感がたっぷり漂ってました。
晩年のココシャネルを演じるシャーリーマクレーンの存在感ったら。
絶品で、ぞくぞくしました。
かのオードリーヘップバーンが、「ココシャネルを演じることを検討してみて。」と
シャーリーマクレーンに言ったという逸話もすごい。

この二作品は
ところどころ表現が違ったり、クローズアップする部分に差があったりしたので
観比べてみて、おもしろさ倍増!大満足でした。
観た後に、重厚ないい気分になれる。
目にもハートにも保養になります。
しかしわたし、歴史も学ばないとな。19世紀の時代背景がわかっていないと
ちょっともどかしい感じも。
また今後、CHANEL第三弾の公開も控えているし・・・
うーん、楽しみです。またお洒落して出かけようっと。
あ、・・・なんか独断的なレビューになってしまったけれど・・・・
コーフンしすぎました。
とにもかくにも
今月もどうぞよろしくお願いいたしまーすっ
ぜひ笑顔で。

2009年10月02日