2011年05月のブログ

おおそうじ

夕暮れ空!いま!
あー
もう終わっちゃいそうだけれど
すてきよ!
$岡明子オフィシャルブログ「岡明子☆okage★ブログ」Powered by Ameba
雨でおそらも大掃除。

2011年05月24日

カレー番外編(改訂版)

先月「カレー番外編」でご紹介したカレーのレシピ、
水のかわりに
ポートワインとワインを入れて、煮込む、というもの、
わたしは白ワインで作っていたのだけれど、
友人に教えてもらった正解は赤ワインだったのでした。
どう勘違いしてしまっていたのだろう・・
実際作ってみて、白でも美味しいけど、
赤ワインで作ったらやはり深みがちがう!
前回のレシピとあわせてどうぞ。
白で、もうお作りになってしまった方も
もしかしていらっしゃるかもですが
またのカレー曜日には、
赤ワインを入れて、ぜひ。
今回もシンプルに。
・玉ねぎ
・鶏肉(かたまりを買ってきて、かなり大きめのぶつ切りにする。
     醤油とポートワインで、もみこんで下ごしらえしておく。)
・マッシュルーム(カットせず、丸いままで。)
・今回のルーはS&BのDINNER CURRY(辛口)を信じて
・ポートワイン
・赤ワイン
・にんにく(一かけを包丁でつぶす)
・しょうが(千切り、もしくはみじん切り)
・ローリエ
・塩、胡椒
・醤油
・トマトケチャップ、隠し味程度。
・無塩バター、ひとかけ。
・ピーナッツバター(あれば)
・カレー粉(あれば)
フライパンで、にんにく一かけを炒める
香りがでてきたら、しょうが投入。
玉ねぎを炒める。塩、胡椒を少々。
下ごしらえしておいた鶏肉を入れて炒める。
(ここでは鶏肉に完全に火が通らなくてOK)
あればカレー粉を入れて、かるく下味をつけておく。
マッシュルームを入れてかるく炒める。
炒めたものを鍋にうつす。
ローリエを数枚入れ、ポートワインをとぽとぽ注ぐ。
ぐつぐつ野菜からも水分がでてきたら
赤ワインをどどどと入れる。
一気に紫色に染まりますが、不安にならなくて大丈夫。
ポートワインよりも
赤ワインが水のかわりなので、赤ワインを多く入れます。
弱火でさらにぐつぐつ煮込んで、
醤油、トマトケチャップ、ピーナッツバターを隠し味に。
カレールーを砕いて入れる。
弱火、もしくは火をとめて蓋をして
ルーがとけるまで置いておく。
ルーが全体的にとろけたら
焦げ付かないよう弱火でことことこと。
火を止める直前に無塩バターをひとかけ。こくがでます。
赤ワインでつくったカレーで感じた事は、
カレー臭(笑)が部屋中に充満しない!ということ。
もちろんカレーの香りは漂うのだけれど、
上品に、ほのかに香り立つかんじ。
スパイスがうまく赤ワインで包まれて、重厚感が増すのでしょうか。
そして、冷めたら何度も弱火で火をいれて、寝かせながら戴くことをおすすめします。
作り立てよりも、時間をおくほど、
逸品、絶品度アップです。
今回、鶏肉をかなり大きめにして入れたのも正解。
煮込んでほろほろになって大きさも気にならず、むしろかたまりがうれしくなる。
おとなのカレー、と言おうか、
これはイイっ。
福神漬けとらっきょうもわすれずに。
$岡明子オフィシャルブログ「岡明子☆okage★ブログ」Powered by Ameba

2011年05月22日

home

さいきん
うたを唄いたくて
たまらない。
だけどいま鳴いたら
いろいろ感情がこみあげてきて
ぽろぽろっとなる、きがする。
ま、それでもいいけどね。
$岡明子オフィシャルブログ「岡明子☆okage★ブログ」Powered by Ameba
実家、岡家の庭で、
存在感あふれていたもの。
父しげぽんが育てている薔薇が咲いた。
薔薇は母ママコが大好きで。
ちょこっとだけ伊勢に行って、心・深呼吸して
帰ってきた。
しげぽんとママコをさらに愛しくなったひととき。
もっともっと
たいせつにしたいと誓う。

2011年05月17日

みつめるさきは

一寸先のこと
そりゃわからないんだけど
だけど
予感、ってあるよな。
いいよかん
ばかりで埋めつくされなくとも
よかんにも
きづいて、行動したいのだ。
$岡明子オフィシャルブログ「岡明子☆okage★ブログ」Powered by Ameba

2011年05月13日

颯爽

おおきなおおきな
りぼんのバレッタ。
ひと目惚れしたので、友人にもこの黒を買ってプレゼント。
りぼんの生地の中に針金が入ってて、
りぼんの形をぺったんにもふっくらにもできる。
$岡明子オフィシャルブログ「岡明子☆okage★ブログ」Powered by Ameba
わたしはネイビー。
髪を切った。
いつのまにやら腰上くらいまで伸ばしてて、
ロン毛の域だったのだけれど
なんだかとてもすっきり軽くしたくって。
MJにすぐに相談したら
OKをもらえたので
みわさん、という女性におねがいして切っていただいた。
和服を着るお仕事も多いので、
アップには必ずできるように長さはのこして。
だんもヘンに入れず、重めのAラインをめざして。
あーーーーーーーーーーーーーーーー
しゅっ きり
した★☆
25センチほど
切ったよう。
はらはらぱらぱらと
地面に切り落ちてゆく髪たちを見て
きっと3年ほどくらいの月日を走馬灯のようにざぁーっと浮かべ
感慨深く
密かにおもった。
おちては地にしみこんでゆく
涙のようでもあった。

2011年05月12日

あ、いたい

ここ最近、すこしずつ
あえる、ようになってきた。
逢える、ってことは約束をする、こと。
あいたいから約束をする。
ばったり偶然会ったなら、そりゃ、逢うもんよ、
どうしてるかな?げんきかな?って思ってたんだもの。
そりゃ引き付けあっちゃう。
たがいに機会をつくりあう。時間をつむぎあう。
あいたい
銀座の駅でふと出口案内をみるのに立ち止まったらばったり、の友人
時間をあわせてくれて、こんど一時間限定で会う約束をしている友人
中目黒のカップル
高田馬場にお店をオープンさせたばかりの友人
父しげぽんと母ママコには会いにいこうと思っている
祖母おゆきさんは久しぶりにトーキョーにあそびにくるから逢える
兄男とこんど夕飯をたべる
もうすぐお腹のベビちゃんとご対面予定、きっとまーんまるお腹姿の友人
いつもたのしみにしている夕暮れ空
眠る前におもう、あしたのあたし
ひさしぶりのてんとう虫
$岡明子オフィシャルブログ「岡明子☆okage★ブログ」Powered by Ameba
あらたな出逢いなら、ここちいい出会いを。
今日もたいせつにいきようと珈琲をのみながらつくづくおもう。

2011年05月07日