2011年08月のブログ

シュワでサク

自称、粉部(こなぶ、こなもんラヴァー)の私です。

とある日のこなもんは、たこ焼き。
Yちゃんがあそびに来てくれたので、
イヴェント性があったほうがたのしいよねっってことで、
くるくるくる。

今回は初挑戦のレシピで、炭酸水をつかってみました。
天ぷらの衣に、炭酸水を入れるとさっくり仕上がる、
というどこかで聞いたフレーズがあたまの片隅にあったので、
たこ焼きもさっくりできればいいなと思って挑戦。

家にあったお好み焼き粉
炭酸水(けっこうたっぷり入れて、生地をゆるめにつくる)

たこ(わたしはよく蛸の代わりに蒟蒻でもやります。)
ネギ
キャベツ
天かす
紅ショウガ

ソース
けずりたての削り節

竹串でくるくるくる

水と炭酸水と、両方を同時に食べ比べたわけではないので
水の代わりに炭酸水にしたらどれくらい、
さくさくふわふわかって、言いにくいけれど
でも、いつも以上に、さくさくふわとろ感、ありました。

その後、気になって調べてみたら、
炭酸をいれることで生地に隙間ができて
たしかに、さくさく感がうまれるらしい、ですね。

たこ焼きは
ごはん、でもあるけれど
おやつというかスナック感覚もつよいので
これくらいさくさく軽い食べ心地も、貴重かもしれません。

炭酸ってことは、
ビール片手にたのしみながら、
ビールをジャッと生地にいれても同じ事になるのかな、
なんてふと考えてみたりして。
ゆかいなキッチンドランカー、うふふふふ。

お料理って、これだから愉しい。

2011年08月30日

Diorの新色

親がキゼツしそうな(苦笑)
ネイビーカラーのポリッシュ。

いまだけ、期間限定で、ね。

2011年08月29日

おとうさん

お仕事で、はじめてお会いした方に、

「おかげぶろぐをみました、お父さん、なにさんでしたっけ?
んーほら、ほら・・、」

と言われ

(え、しげぽん、ってことかな)

「しげぽん、ですか?」
とこたえたら

「そう!しげぽん!」といわれました。

このおもしろさ(うれしさ)、つたわるでしょうか・・・

それも、有り難い
ことですね。

夏恒例の岡家のイヴェント、BBQのとき。
ひさしぶりのわたしの参加をよろこんでくれて
お肉屋でフンパツして、美味しい松坂牛を用意してくれました。

2011年08月29日

牛すじ

まわりからみて、わたしは頻繁にお料理をしている、
という印象がつよいらしい。

我が家でごはんをいっしょに食べるとき、ぱぱっとつくったお弁当、
お料理トーク、そんな何気ないことのひとつひとつが、
お料理の印象をもつよくしているらしい。
確かにお料理は好きなほうだとおもう。
どれだけ疲れていても、作るのは苦にならないし。

だけど、つくる、つくるといっても、
たべたい!じゃあ美味しくつくりたい!
とおもうから作るのであって、
食欲と制作意欲があるから成り立つことであるとおもう。
そしていくら自分自身が悶々としていても、
ほんの僅かの時間でもお料理に没頭すれば、
そのときだけは無心になれる。
自称、寝ているときまで眉間に皺を寄せているであろう、
わたしにとっては、
お料理は息抜き、リラックス、でもあるのかもしれない。
あとは、母ママコのお料理好きが、
わたしにも少なからず染み込んでいるのかも。
それも感謝しているひとつ。

わたしは18歳で上京して、はじめての一人暮らしをしていくなかで、
ぐんとお料理に目覚めていったわけだけれど、
そのときに実家で食べたあじを思い出して、
あれって何がはいっていたの?何で味付けしてたっけ?などと
電話で頻繁にレシピの細部までママコに尋ねるようになり、
自分でも作るようになったといえる。

おふくろのあじ、とはよく言うけれど、
わたしがおもう岡家のおふくろのあじは、
ほんのり風変わりかもしれない。

おふくろのあじが恋しくなって、
自分でもつくってみるものといえば、牛すじのカレー。

カレーといえば、
ビーフだったりポークだったりチキンだったりベジタブルだったり
ソレが、我が家では牛すじの日があって、
あのなんともいえない牛すじのとろりん感が
カレーをねっとりこっくりの極上の域に連れてってくれる、
んですから。
美味しい。
ママコとスーパーに行き、お肉コーナーで
「きれいなすじがあるわ。」とママコの口からこぼれると、
それはカレーか、おでんか、
牛すじと大根を煮て、手作り甘味噌をつけてたべるか、
そのみっつのメニューが浮かんで、
どれになるかなーと心はずませたりして。
一人暮らしをしだしてから、今や9年ほど。
わたしもついにはスーパーのお肉コーナーで、
すじをこまめにチェックするほどと相成りました。
そしてわたしもカレーをつくる。
牛すじカレー。わたし作。
カレーにおじゃがを入れるのはあまり好みではないのだけれど
制作時、あまりにも空腹だった為、
おじゃがもたまには入れてみようか、とおもって今回は投入。
玉ねぎはたっぷりが好きなので、大きめをふたつ。
あとはきれいに処理した牛すじ。
2011年08月29日

ハンバーグと

たまるたまるたまるる

かんがえつづけているしごとの悩みやじぶんへの呆れが
今日、ちと、溢れだしそうになっている。

それをこらえるように
ハンバーグをこねた。
食べ頃よりすこし日が経ってしまった梨を、すりおろして入れてみた。

ソースはドミグラスとざっくりトマトのソース。
付け合わせはマッシュルーム。

どれほど悶々としてようが
料理には意外と冷静だ。

2011年08月28日

Oh! 雨

どしゃ降り、ぴかぴかびかびか雷。

靴もビショヌレじゃー。

2011年08月26日

リリィ

百合を買いました。
白×グリーンとは、こころが洗われる心地になります。
ちょいとばかし気持ちがごそごそしていたので
ちょーお花を飾りたい!と思いまして、はやめに終わったしごと帰りに
どこのお花屋に寄るか思いを馳せ、満を持して立ち寄ったのでした。
おすすめ商品?だったのか1000円。お姉さんが蕾ばかりが集まったものを選んでくれました。
けっこうずっしりくる重みに、花が咲き乱れたらさぞかし豪華だろうなあと想像しながら家路を急いだのです。
蕾がふっくらしだしたら開花するのははやいもの。香りも花粉も勢い余ってこぼれそうなほど鮮やかに開花します。今朝はもうこんなに豪華に迎えてくれました。おかげで愛でながら戴く朝食もとても美味し。
2011年08月24日

びいる


雨が、秋を呼んだのかしら。

ぐぐっとひんやり。
しかし明日はまた暑いとか。
暑い日はビールが余計に美味しくって。
ぐびぐびいきたいところです。
あ、今日はまだまだ。
もっと今日をいきてから。
2011年08月22日

にこにゃん

スタバで、お姉さんが描いてくれたニコニコとニャン。
朝からいらいらしたことがあったけど、
ふふっ、とほっこり。
どんまい、じぶん。

2011年08月17日

すごく、きれいですね、

みえる?

こんがり色。

2011年08月13日

ここ、おかげぶろぐに関しても、

どお—-しても
やりたいことがあるのです。
その準備の為にも、いちどこちらに移転いたします。
なんかいいでしょ、しんぷるで。
わたしっぽいとわたしはおもう。
お喋りするように、語らうように
ときには、唱えるように願うように
ことばを紡いでいく。
わたし’ズ EYEの写真もおたのしみに。
やりたいことを、
素直に丁寧に、挑戦してみる。
仲良くしていただけますか
“おかげぶろぐ”
よろしくお願い致します。
☆AKKO
2011年08月13日

純白びじん

父しげぽんが
手塩にかけている月下美人。
岡家の夏の風物詩である。
$岡明子☆okage★ブログ
先日わたしが伊勢に着いた日の夜、
わたしを迎えて?咲いてくれたのだ。
ひさしぶりに愛でることができてうれしかった。
ふっくらした蕾がまだいくつかついていたので8月中にどんどん花開くだろうな。
かおりもまた麗しい。

2011年08月07日

空ひとつ

伊勢の岡家からトーキョーの自宅に帰り、
ひきつづき
暑い熱い夏い、
夏をずんずんと走っております。
今日の陽射しもじりじりりとすごい強烈ね、
きけんなかおりがぷんぷん。
洗濯物を干すのにベランダにおそるおそる出ただけで
まる焦げな感覚をあじわいました。
しかし
わたしゃ伊勢でのエキスを存分に含んでいる為、
そりゃあもうぴっちぴちち。
今日もげんきにいきますよ
伊勢レポもまだまだたくさん綴らなきゃ。
$岡明子☆okage★ブログ
あさごはんは
ちゃちゃっと作った味噌ピザ
ごま油+豚挽肉+赤味噌+ネギ+てん菜糖+味醂+日本酒で
肉味噌をつくって
チーズをのせてオーヴントースターでこんがり。
トマトがあればのせたかったな。
ピザクラストは、すぐに作れるように
冷凍庫に何枚かいつもストックしてあります。(ザピ大好き)
よるは来客があるので
ベランダのゴーヤとバジルとパセリを摘んで
徐々に準備もはじめます。
$岡明子☆okage★ブログ
すてきな日曜日を!

2011年08月07日

PRAY

是枝監督のトークショーにつづいて

進富座

ふたたび

いって参りました。

わたしが、伊勢で生まれて

学生時代もすごして、

夢しか持たないまま

18で上京して

伊勢は

実家だけれど

一気に
故郷、という存在になった。

上京して

わたしは夢と格闘している間に

そのあいだに、

伊勢の映画館も

いままでわたしが伊勢で学生時代には知り得なかった事情も

いろいろきっとあったのだろう

ほんとうに

すてきに出現した。

それはなによりも

進富座

という

わたしにとって

進富座という

映画館、なのだ。

館長、水野さんに

本日も鑑賞後にお会いして

故郷を踏みしめていることをさらに実感

岡明子☆okage★ブログ

なんかひとり感極まっているような

ぶぶんも拭いきれず、ちょいとアッツく綴ってしまったけれど

今日も伊勢でパワーをもらい

うれしかったのです。

進富座のスクリーンに

わたしも映されたい。

そのまえにやることは

とてつもなくたくさんあるのだ。

わたしはまだあきらめられない。

2011年08月03日

夏の一皿

東京生活で撮りためた写真を

実家に持ってきて、父しげぽんと母ママコに

これはだれだれさんとどこどこで撮ったやつでね、

これはこんなお料理を作ったときでね、

などど説明を加えながら、披露している。

そのなかで、ママコが食卓の一皿をみて

美味しそう、これ食べたいわ、と言ったので

しげぽん管轄の岡家の庭のバジルを採ってもらい、

ふたりに、わたしが一品つくってみた。

岡明子☆okage★ブログ-2011_08_02_12_26_42.jpg

素麺を、パスタのカッペリーニのように見立て

バジルと

トマトをきざんで

岡明子☆okage★ブログ-2011_08_02_12_31_34.jpg

¨冷製 素麺カッペリーニ¨

・そうめん

・トマト

・バジル

・オリーブオイル

・塩

・めんつゆ

素麺をゆでる。(表示の湯で時間より短めにゆでる)

ボウルのなかに

きざんだトマト、バジル、

オリーブオイル、塩少々、めんつゆを入れてあえておく。

ゆであがった素麺を、冷水できゅっとしめる。

水気を取り除き、ボウルに素麺をいれ混ぜ合わせる。

お皿に盛って、

オリーブオイルをまわしかけて完成。

岡明子☆okage★ブログ-2011_08_02_12_46_49.jpg

バジルは今まで手でちぎることが多かったのですが

先日、麻布十番のピアットスズキで、とびきりシンプルなポモドーロを食べたときに

上に乗っかっていたバジルの切り方が

縦にすーっと太めの千切りにしてあって、とてもスタイリッシュ!で

今までの私の料理ではなかったバジルの姿なので、私もチャレンジ。

しげぽんもママコも喜んでくれたので何より。

くいしんぼうの

久しぶりのお料理ぶろぐでした。

またあしたニコニコ

2011年08月02日

おかげぶろぐ

第十四回「外宮さん ゆかたで千人お参り

無事、本年もげんきに大勢の伊勢の皆さまとお参りし、

明るいひとときを過ごすことができました。

千人お参り、ですが、

本年は心地よいお天気にも恵まれ、

千人、どころじゃぁなかったのでは。

伊勢の皆さまの活気あふれる笑顔と、

色とりどりのゆかた姿の皆さまに

とてつもないやさしさと勇気をいただき、

愛情に救われたひとときでした。

本日の模様は、

今後の外宮にぎわい会議のHPでも

披露されるとおもいますし、

わたしもできるかぎりの表現で、

お伝えしたいと思います。

伊勢の皆さま

どうもありがとうございます。

そして

準備から後片付けまで、

みえない部分でも汗水流して動いてくださった方々にも

こころからのお礼を申し上げます。

岡明子☆okage★ブログ

わたしはもうすこーしだけ、

ゆったり岡家と、だいすきな伊勢を満喫します。

またトーキョーで

踏ん張るためのパワーを、いただきます。

2011年08月01日

おあいしましょう。

伊勢にいると

ここぞとばかり

ぶろぐを綴ることができる!

というかんじですね

せっせと

実家の、ふるいパソコンをぽちぽちいじって

綴っております。

いよいよホンジツの「ゆかたで千人お参り」に向けて

ヘアセットもばっちり。

学生時代からお世話になっている

マレンキーカットストアのJunkoさんにお願いしました。

こころもあたまもスバラシイパワーが宿りましたよ。

岡明子☆okage★ブログ-2011_08_01_12_26_55.jpg

岡明子☆okage★ブログ-2011_08_01_12_46_36.jpg

かんざしもつけていただいて、ムードアップ。

あとはゆかたを着て挑みます。タノシミ。

2011年08月01日