AO

いつからこんなに贅沢な身体になってしまったのか

いろんな悦びや美しいものを浴びてしまって

哀しさや侘しさと出くわすと

独りうずくまってしまいたくなるのだ

生きるほどに、日に日にうたれ強くはなっているはずなのに

どこかの片隅で おかしいほどに ひっそりと

それでも時は容赦なく動いているから

どこかで うずくまっているひまなんぞ 無いのだけれど

自分をしんじるしかないんだな

進むも 止めるも 踏ん張るも